うちだ ゆうた

内田 悠太弁護士

弁護士法人ラグーン

山口県下関市南部町2-7
対応体制
  • 法テラス利用可
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可

【駐車場あり】【夜間/休日対応可能】ご相談者さまに寄り添ってご対応します。企業法務/相続問題/借金問題など、幅広く対応可能。【地域に根差し他弁護士】何かお困りごとがございましたらお一人で考え込まず、是非一度ご相談下さい。

どんな弁護士ですか?

◆ ごあいさつ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
私は、弁護士法人ラグーンの企業チームリーダーとして、主として契約書・就業規則等のチェック、債権回収、個別の労務トラブル、M&A、景表法等の規制法チェック、労働組合との団体交渉、などの企業に関する仕事を主として取り扱っています。
企業が対応しなければならない法務の領域は広く、中小企業の多くは法務に十分な経営資源を投下できないていないのが実情ではないかと思われます。
法令違反により企業が被る損害はときとして甚大なものになりますが、とはいえ、限られた経営資源の中で利益を上げていかなければならない中小企業がコストセンターである法務に多くの経営資源を投下するべきではありません。
中小企業が収益を上げることに集中できるよう、法務という「守り」の部分を法律専門家として支えるのが顧問弁護士の役割だと考えています。
もし、法的トラブルに巻き込まれ(又は巻き込まれそうになり)、本業に支障をきたすかもしれないというご不安がありましたら、まずはお気軽に当法人までご相談ください。


◆ 座右の銘
━━━━━━━━━━━━━━━━━
By ウィリアム・ジェームズ(心理学者・哲学者)

私は、「苦しいな。辛いな。」と感じて塞ぎ込みそうになったとき、いつもこの言葉を思い出 しています。
自分の頭では理解している「なすべき課題」から逃げようとすることを止め、むしろ、いかに「なすべき課題」を攻略するかという思考に切り替えると、不思議と気持ちが楽になるのと同時に知的好奇心が刺激されて頭の回転も良くなります。
結果として、それで何もかもが上手くいくわけではありませんが、課題に直面して悩み考えて行動した経験は、将来、必ず、自分や自分の家族、依頼者のためにつながると信じています。


◆ 略歴
━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成16年 山口県立下関工業高校卒業
平成20年 北海道情報大学経営ネットワーク 学科卒業
平成23年 久留米大学法科大学院卒業
平成24年 新司法試験合格(66期)
平成25年 弁護士登録 山口県弁護士会所属 (登録番号48612)


◆ セミナー等
━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成26年2月 介護事故と事業者の責任 海峡メッセにて
平成26年9月 遺留分に関する勉強会 弊所本店にて
平成27年8月 マイナンバー制度について 海峡メッセにて
平成27年12月 知らないと損をしてしまう!債権を回収できる会社の作り方 ラグーンセミナールームにて
平成28年2月 うつ病社員が出たときの対処法 ~メンタルヘルスで訴えられないために~ ラグーンセミナールームにて
平成28年6月 個人情報漏洩問題の事例に学ぶ、賠償責任の傾向と対策 ラグーンセミナールームにて
平成28年10月 退職時に発生しやすい4つのトラブルと対処法 西京銀行セミナールームにて
平成28年12月 社会福祉法改正に備えた法人組織の構築方法 西京銀行セミナールームにて
平成29年3月 長時間労働問題等を題材とした実践的弁護士活用法 西京銀行セミナールームにて
平成29年5月 改正個人情報保護法解説 西京銀行セミナールームにて
平成29年9月 解雇~会社が採りうる最後の手段~ 西京銀行セミナールームにて
平成30年3月 有期雇用無期転換ルール 海峡メッセにて
平成30年7月 同一労働同一賃金の原則 ~平成30年6月1日判決から考える実務対応~ 海峡メッセにて
平成30年11月 働き方改革と役員の解任 海峡メッセにて
平成31年3月 民法改正セミナー ~実務的影響の大きい改正点と企業の対応例~ 山口県弁護士会研修委員会にて

以上のほか、顧問先企業様向けの労務・事業関連事故などに関する社内研修講師も行っています。


◆ 資格
━━━━━━━━━━━━━━━━━
法曹資格(弁護士)、企業経営アドバイザー、旧基本情報技術者、旧初級システムアドミニストレーター試験合格


◆ 趣味
━━━━━━━━━━━━━━━━━
ゴルフ、ランニング、映画鑑賞

どんな事務所ですか?

◆ 事務所理念
━━━━━━━━━━━━━━━━━
『依頼者に幸せになってもらう努力をする。』


◆ 弁護士法人ラグーンという名前に込めた思い!
━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎日、毎日、あわただしく日々が、時間が過ぎて行きます。
法律事務所を来訪されるお客様には、すこしでも、ゆったりとした雰囲気の中で、心地よい気分の中で、相談に臨んで頂けるように、ゆりかごのイメージで「ラグーン」と名付けました。
相談者が弁護士に相談に行こうという決意をされるまでには、ずいぶんと、精神的な不安と物理的な負担があると聞いています。
そもそもどこの弁護士に相談すればいいのか、紹介者もいない、どうやって相談する弁護士をさがしたらよいかという不安、また、さがしたその弁護士は、自分が抱えている問題やトラブルについて専門的な弁護士であるのか、相談の費用はいくらかかるのかという不安、ちゃんと話をきいてくれるのか、相談時間は納得いくまでとってくれるだろうか、などなど、不安は限りがないでしょう。
ウイークデイは仕事が忙しく、土日しか相談に行けないが、土日に相談時間をとってくれる法律事務所はあるだろうか、弁護士に相談に行き、例えば、弁護士に借金の解決の依頼をすると、サラ金業者から勤務先や家族に連絡されるのではないか、嫌がらせを受けるのではないか、などなという不安もあるようです。
相談しても、事件を頼めば費用がかかるが、その費用がない。
結局、頼みたくても、弁護士に門前払いされるのではないか?
このように、心配の種は尽きません。
そのために、悩みに悩んだ末、結局、弁護士の事務所に相談に行くことを断念することも起こるでしょう。
これらの不安を、ラグーンは克服したいという思いです。
これら多くの不安という壁(バリア)をすべて、フリー、フラットにして、相談しやすく、依頼しやすくしたいというのがラグーンの基本的な願いです。
弁護士費用の壁、相談時間の壁(土日、夕方)を取りのぞき、バリアフリーにしたい、そして、相談・依頼を希望される多くの方々の期待に応えたいのです。
相談者が抱えておられる問題解決に寄与して、法的トラブルで苦労されている方本人のみならずそのご家族全員の幸せに貢献したいと、日々心から願っています。


◆ 10の行動指針
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】良き代弁者である
【2】依頼者から信頼される
【3】妥協はしない
【4】自己研鑽に励む
【5】その分野の一番を目指す
【6】主体的である
【7】法律家である前に一人の社会人であることを自覚する
【8】チームプレーに徹底する
【9】法令遵守
【10】一人でも多くの人に事務所や弁護士のことを知ってもらう


◆ 住所
━━━━━━━━━━━━━━━━━
山口県下関市南部町2-7

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • 駐車場あり

こんな相談ならお任せください

◆ 重点取扱分野
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・債務整理(過払金返還請求の交渉・訴訟、任意整理、自己破産、個人再生)
・離婚にかかわる家族問題
・相続にかかわる遺産分割、金銭問題
・遺言作成などの家族問題
・交通事故(示談交渉、民事損害賠償訴訟)
・労働災害の認定及び害賠償問題
・ゴルフなどスポーツ上の事故の損害賠償問題
・刑事事件の相談、弁護
・不動産明け渡しなど不動産問題
・成年後見事件
・介護事業に伴う事業上のトラブル解決
・保育園事業に伴う事業上のトラブル解決
・不動産事業に伴う事業上のトラブル解決


◆ 顧問先業種一覧
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・建設業
・土木業
・不動産
・自動車販売業
・電気機器メーカー
・リース業
・自治体
・ガス関連
・保育業
・メディア
・医療/福祉
・介護
・製造業  
電話でお問い合わせ
083-234-1436
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。