しらと ぶんや

白土 文也弁護士

白土文也法律事務所

調布駅

東京都調布市布田5-24-1 アビタシオンヨシノ201

対応体制

  • 分割払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • ビデオ面談可

注意補足

初回30分まで無料(借金の相談は60分無料)。それ以降は個人の方の場合、30分毎に5,500円(税込)、法人・事業主の場合、30分毎に11,000円(税込)です。

相続・遺言

相続は最も注力している分野です。遺産分割・遺留分・相続放棄・遺産整理業務・遺言書・家族信託・事業承継等に対応しております。【初回相談30分無料】【弁護士3名所属】【オンライン相談対応】

白土 文也弁護士の相続・遺言分野での強み

◆こんなご相談に対応できます
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「法的に有効な遺言書を作成したい」
「相続が発生したと同時に紛争も発生して困っている」
「認知症対策をしたい」

自身が亡くなった後、家族が相続でトラブルになってしまわないためにも、生前対策をしたいけれど、何をすればいいかわからない。
認知症になってしまったときに備えたい。
そういった方に、法的に有効な遺言書作成をはじめとした生前対策のサポートを提供します。
また、現在、相続で揉めている方の紛争の解決にも取り組みます。
弁護士に依頼することで、相続における精神的ストレスを減らすことが可能です。

【当事務所の強み】
当事務所は、相続分野に最も注力しており、全体の受任件数の3分の1程度は、相続案件です。
そのため、相続案件について、ほぼ毎日、法律相談、検討、書面作成、調停・裁判、勉強会・セミナーなどを行っており、知識経験を蓄積しております。
また、相続案件を多数取り扱う複数の司法書士事務所の顧問弁護士でもあり、より専門性の高いアドバイスをすることで、ノウハウを蓄積しております。


◆交渉力で複雑に絡みあった問題を解決
━━━━━━━━━━━━━━━━━
相続人4人が3陣営に分かれて対立しており、紛争が複雑に絡みあっていました。
主張も二転三転し、2人の弁護士との交渉が必要という、かなり難しい状態でした。
私は相手方の弁護士と粘り強く交渉していきました。
相続の発生した不動産の敷地にはアパートも建っており、アパートの賃料収入を相続人の1人が独り占めしていたため、賃料回収の交渉も行いました。

最終的に不動産を売却して遺産分割することになったものの、この不動産の売却も一筋縄ではいかない状態でした。
隣地に越境、水道管が複雑など、簡単に売却できない不動産だったからです。
権利関係が複雑な物件の取扱にも詳しい不動産業者と連携しながら、売却を成立させました。
多数の問題があり相手方も多い事例でしたが、依頼者の方にはご満足いただけました。


◆預金の相続など「身近な」ご相談にも対応
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇預金の相続において銀行と交渉した事例
「相続人の全員の署名捺印のある遺産分割協議書がなければ、預金の相続手続ができない」と銀行側に拒否されてしまいました。
被相続人の遺言により、相続人の1人の相続分はゼロとなっていたのですが、ご相談者は銀行の回答を踏まえて、遺産分割調停をしようとしていました。
しかし、お話を伺っていくうちに、交渉すべきは相続分のない相続人ではなく、銀行であると判断しました。
銀行に弁護士としての法的見解を示すことで、預金の相続手続きを実現し、不動産の相続手続きにも移ることができました。

◇遺産分割協議に応じない相続人がいた事例
相続人が3人いましたが、このうちの1人が遺産分割協議に応じてくれず、依頼者の方は被相続人の預金で生活していく必要があったため、大変お困りでした。
迅速に事態を解決する必要があったため、すぐに調停を申し立て、2回目の期日で法定相続分通りの遺産分割を成立することができました。


◆生前対策で紛争を予防する
━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご自身の死後に家族が相続で揉めることのないようにと遺言書の作成を希望される依頼者の方は多くいらっしゃいます。
遺言書は法的に有効なものでなければ、意味がないどころか、紛争の種になってしまう可能性もあるのです。
そのような事態を防ぐためにも、弁護士にご依頼の上で、生前対策をしておくこともおすすめします。
また、認知症になってしまった場合のことも考えて、家族信託や任意後見の検討も可能です。


◆メッセージ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「自分の死後、家族が揉めないように遺言書を残しておきたいが、遺言書はどう書けばいいのだろう」とお悩みの方もいらっしゃるでしょう。
弁護士に相談することで、紛争を回避し、かつ、法的に有効な遺言書を作成することができます。
また、高齢化が進むこの社会では、認知症を発症する方が数多くいらっしゃいます。認知症で財産管理が出来ないという問題への対策として、家族信託や任意後見などについてアドバイスさせていただきます。
もちろん、相続発生後に紛争が発生した場合にも、解決に向けて、尽力させていただきます。
当事務所では、税理士や司法書士などの他の士業とも連携して対応可能です。


◆詳しくは当事務所のHPもご覧ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://shirato-law.com/personal/detail/1037

相続・遺言分野での相談内容

問題・争点の種類

  • 遺言
  • 遺産分割
  • 相続放棄・限定承認
  • 成年後見(生前の財産管理)
  • 遺留分の請求・放棄
  • 特別寄与料制度
  • 生前贈与の問題
  • 兄弟・親族間トラブル
  • 配偶者居住権
  • 認知症・意思疎通不能

相談・依頼したい内容(全般・その他)

  • 遺留分侵害額請求
  • 後見人
  • 相続人の調査・確定
  • 相続財産の調査・鑑定
  • 故人の銀行口座の凍結・解除
  • 相続や放棄の手続き
  • 家族信託
  • 相続の揉め事の対応・代理交渉
  • 相続税等を考慮した問題解決・アドバイス

相談・依頼したい内容(遺産分割)

  • 協議
  • 調停
  • 遺産分割協議書の作成
  • 遺産分割調停の申立・代理

相談・依頼したい内容(遺言)

  • 遺言の書き直し・やり直し
  • 遺言の真偽鑑定・遺言無効
  • 自筆証書遺言の作成
  • 公正証書遺言の作成
  • 遺言執行者の選任

遺産の種類

  • 不動産・土地の相続
  • 会社の相続・事業承継
  • 借金・負債の相続
  • 株式・売掛金等の債権の相続
  • 著作権・特許権の相続

どんな事務所ですか?

明るい雰囲気の事務所です。ご安心ください。
◆当事務所の対応体制
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【分かりやすく丁寧な説明】
弁護士に相談しても、わかりづらい言葉で説明され、結局よく分からなかったという話を聞くことがあります。
それでは弁護士に相談した意味がありません。
当事務所では、法律を分かりやすく説明することを心がけています。

【複数弁護士のチームによる解決】
当事務所は、代表弁護士含めて合計3名の弁護士が在籍しています。
ご相談・ご依頼内容を踏まえ、チームを組んで対応いたします。

【ワンストップ:税理士・司法書士などと連携】
税理士・司法書士等の他士業、不動産業者・生命保険業者とのネットワークを持っています。
案件によっては、ご依頼後の早い段階から税理士・司法書士とチームを組んで対応しております。
また、相続税申告、相続登記、不動産の売却が必要なお客様について、税理士・司法書士・不動産業者のご紹介をしております。

【ご自宅から相談・依頼が可能】
オンライン面談を導入しております。
遠方の方・忙しくて事務所に来られない方・お身体の不自由な方も、オンライン面談によりご自宅からご相談・ご依頼が可能です。

◆アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━
京王線「調布駅」 徒歩6分 品川通り沿い

<住所>
〒182-0024
東京都調布市布田5-24-1
アビタシオンヨシノ201

事務所の特徴

  • 近隣駐車場あり
  • 子連れ相談可
電話でお問い合わせ
050-7586-1299
定休日

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。