成年後見人を勝手につけられようとしてます。

親に勝手に成年後見人をつけられようとしています。阻止する方法はあるのでしょうか?
「裁判所への申したて」そのものを阻止。もしくは成年後見人がつくのを阻止できるのでしょうか?

すみません、誰が誰に成年後見を就けようとしているのか
どなたかが親に就けようとしているのか
親がご相談者様に就けようとしているのか
読み取ることができませんでした。

ただ、成年後見を利用するべきか否かの判断は裁判所が行います。
申立する権利を有する人間が申し立てている以上は、申立そのものの阻止はできません。
また、医学的な見地等を総合的に判断し裁判所が必要だと判断した以上、就くことを阻止するのも基本的には難しいと思います。

回答ありがとうございます。
区が親に成年後見人をつけようとしてます。
誰を成年後見人にしようとしてるつもりかは教えてくれません。
息子である私が成年後見人にならずに、区が成年後見人になることは可能なのでしょうか?

補足のご説明ありがとうございます。
区長申立ということですね。
その場合には、区が成年後見人になるのではなく
第三者の専門家(司法書士や弁護士等)がなることが多いです。

なお区長申立の場合には「その福祉を図るために特に必要があるとき」といえない限りは
区長が申し立てる要件を充足していないとして争うことができます。

回答ありがとうございます。
「その福祉を図るために特に必要があるとき」が良く分からないのですが、
具体的に、どういう時にokで、どういう時にダメなのでしょうか?
具体例みたいなのが、裁判所か何かのHPに例示してあるのでしょうか?

「区長が申し立てる要件を充足していないとして争うことができます。」ということは、こちらも弁護士を付けて争うと思うのですが、「相続・遺産」問題の弁護士さんに依頼するのでよいのでしょうか?

具体例等がでているわけではありませんが、裁判例はあると思います

どういったご事情で現状に至っているか存じ上げませんが、上記に該当するか否かも含めて後見等を扱う弁護士に相談してみるといいかもしれません。

成年後見人は、判断能力がない場合に付けられます。
あなたが判断能力があれば成年後見人は付けられませんし
あなたに判断能力がないとすれば、あなたが反対しても
成年後見人を付けられることとなります。