きし ひでゆき

岸 秀行弁護士

大阪鶴見法律事務所

横堤駅

大阪府大阪市鶴見区横堤1-11-48 セイキ横堤ビル202

対応体制

  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • メール相談可
  • ビデオ面談可

注意補足

※休日夜間の面談は事前予約が必要。

「交通事故の被害者のほとんどが“損”をしている」医師との連携で適切な賠償額を実現します

大阪鶴見法律事務所の岸秀行(きし ひでゆき)弁護士。
主に交通事故の被害者側からの相談に対して豊富な対応実績があり、信頼のおける病院とも連携して被害者の救済に尽力しています。
岸先生に、弁護士としての実績や強み、相談者に伝えたいメッセージなどを伺いました。

01 弁護士としての実績

交通事故をはじめ相続や労働問題、企業法務に対応。社会人経験を活かして市民の悩みに寄り添います


――岸先生はこれまでにどんなご相談をお受けしてきましたか?

主に交通事故に関するご相談を多く受けてまいりました。
その他、相続や労働問題、企業法務の対応実績もございます。


――岸先生の弁護士としての強みはどのようなところでしょうか?

交通事故案件について、豊富な診断実績をもつ病院と連携しているため、被害者にとってベストな対応が可能です。
また、私自身弁護士になる前は社会人としての経験が長かったため、一般的な感覚があり、相談者の心情に寄り添えるということも強みかもしれません。

02 交通事故事件について

交通事故を熟知した医師の適切な診断で、被害者の利益を最大限に主張します


――交通事故で「病院と提携している」というお話について、詳しく教えてください。

交通事故事件における大きな課題として、病院が適切な検査や診断を行なっていないため、多くのケースで被害者がしっかりとした賠償を得られていないという現状があります。
問題意識をもち、交通事故の検査や診断に注力している病院とタッグを組むことで、被害者の救済を目指しています。


――同じような事故でも、病院の検査の仕方や診断結果によって、被害者が受け取れる賠償額が変わってくるということですか?

そうです。診断結果によって後遺障害の等級が変わってきます。
例えば後遺障害が非該当と判断された場合、後遺障害慰謝料は支払われませんが、後遺障害ありと認定された場合、等級によっては数千万円という額が支払われます。


――交通事故で診断がそれほど重要であるにも関わらず、なぜ多くの病院は適切な診断を行わないのでしょうか?

医師の立場では、日々の仕事に追われるなか、診断よりも「目の前にいる患者をどのように治療するか」ということに重きを置いて考えがちです。
特に勤務医の先生にとって、交通事故の診断は保険会社の対応も発生するため、手間がかかり、煩わしい業務なのかもしれません。
また、ほとんどの医師は、事故が発生してから賠償までの法的処理の流れを理解していないため、症状名をつけるのも遅くなり、後遺障害が低い等級で認定されてしまうのです。
私が連携している病院では、交通事故事件を熟知した医師が診断しますので、被害者の救済に最大限に寄与できるよう、迅速かつ適切な対応が可能です。

03 弁護士になったきっかけ

叔父の影響で法曹の道へ。事件後も相談者に寄り添う弁護士でありたい


――岸先生が弁護士を志したきっかけを教えてください。

大学を卒業後、社会人として働くなか、たまたま整形外科の先生と知り合うことがあり、その方のお話で「交通事故では医師の適切でない診断により被害者がしっかりとした賠償額を得られていない」という状況を知ることができました。
そこで、私も法学部を卒業した身として、改めて法律を学んで弁護士になることで、医師と連携して被害者を救えるのではないかと考えたのです。


――仕事のやりがいを感じるのはどんなときですか?

無事に納得のいく適正な解決に導けたときです。
交通事故では治療から裁判まで、被害者と長期的な関係になることも少なくありません。
共に戦いながら、その方の表情が少しずつ良くなっていくのを見るのは弁護士として大きなやりがいです。


――相談を受けるときに意識していることはありますか?

法律の知識が少ない人が大半ですので、専門用語などを使わず、とにかくわかりやすい言葉で伝えることを心がけています。
また、自分自身社会人としての経験が長く、弱い立場に立たされている人の気持ちもよくわかるので、そうした感情にも配慮し、極力法律相談のハードルが下がるように話し方や態度も意識しています。

04 悩みをもつ人に伝えたいメッセージ

交通事故のことなら、私にお任せください。


――少し話が外れますが、ご趣味はありますか?

レーシングカートが趣味です。
休みの日はサーキットで競技に参加することもあります。
スピード感を味わえて、頭も心もリフレッシュできます。

――それでは最後に、悩みをもつ方に向けてメッセージをお願いします。

交通事故で被害者が適切な賠償額を得られることはごくわずか。
多くの場合、正しい診断結果により、より多くの賠償額を主張する余地があります。
自分が交通事故に遭ってしまった場合や、知人が事故に遭ってしまった場合はぜひ一度私にご相談ください。
信頼できる病院と連携して最善の解決を実現いたします。
電話でお問い合わせ
050-7586-7068
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。