たなべ ひろゆき

田邊 裕之弁護士

海陽法律事務所

沼袋駅

東京都中野区沼袋3-26-11 藤屋ビル303

対応体制

  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可

注意補足

「ココナラ法律相談を見た」と言っていただければ、労働・離婚・企業法務の【初回相談無料】となります。【夜間・休日・祝日も対応】事前予約により承ります。コロナ対策実施中。

企業法務

取扱事例1

  • 顧問弁護士契約

退職勧奨・解雇通知(使用者側)

◇相談前◇
「他の従業員にパワーハラスメントなど嫌がらせ行為をする者がいるので、辞めさせたいのだけど」という相談を受けました。使用者としてはこれまで何度も他の従業員との関わりについて改善を求めてきたとのことでしたが、もう我慢できないとかなり気持ちが高ぶっているご様子でした。

◇相談後◇
事情をお聞きした上、退職勧奨を行うこととなりました。労働者側と話し合いの結果、退職の条件に折り合いがついたため、会社側から一定の解決金を支払うかたちで従業員が合意退職することになりました。

◇弁護士からのコメント◇
会社が退職勧奨や解雇に踏み切る場合には、会社側に当該従業員に対する不満があることは勿論ですが、従業員側もまた会社に対して強い不満を持っているケースが多いように見受けられます。ケースにもよりますが従業員側の不満についてもしっかりと話を聞き、双方バランスの取れるところで折り合いがつかないか冷静に話し合うことが重要であると感じます。

取扱事例2

  • 顧問弁護士契約

残業代等請求(使用者側)

◇相談前◇
退職にあたり職員との間でトラブルとなってしまい、残業代等を請求されてしまったとのご相談をお受けしました。

◇相談後◇
相手方代理人からの請求金額は約700万円でしたが、交渉の結果、約250万円を支払うかたちでの和解締結となりました。

◇弁護士からのコメント◇
相手方は勤務中において休憩時間を殆ど取得できなかったと主張していましたが、労働者が休憩時間を取得していたことをうかがわせる証拠を収集して交渉で使用しました。また、相手方の提示した残業代計算シートに計算の誤りがあった為、この点も指摘しました。
電話でお問い合わせ
050-7586-2705
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。