あんぼ まさひろ

安保 雅博弁護士

安保雅博法律事務所

西11丁目駅

北海道札幌市中央区大通西8丁目 桂和大通ビル30-6階

対応体制

  • 法テラス利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可

注意補足

※休日夜間相談は有料。平日初回相談は無料

離婚・男女問題

【弁護士歴10年以上】【お子様連れ相談可】わかりやすい説明、話しやすい雰囲気を大事にしています。財産分与・養育費・婚姻費用・慰謝料などの回収のご相談もお受けしています。【平日初回相談無料】

安保 雅博弁護士の離婚・男女問題分野での強み

◆過去の主な案件について
━━━━━━━━━━━━━━━━━
離婚協議(交渉)、調停から訴訟(最高裁への上告事件も含む)に至るまで一通りの事件処理経験があります。
婚姻費用・養育費、面会交流、親権者の指定、財産分与(ローン付き不動産など処理困難案件も含む)、慰謝料、不倫関係の問題など、離婚に付随する事件の処理経験も多くあります。


◆当事務所のスタンス
━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1)依頼者ご本人やお子様の心身の安定を第一に考え、解決までの時間や費用の負担などを踏まえて解決方法を提案します。
また、依頼者にとって有利な証拠を探し、相手方や裁判所を説得することに努めます。

(2)未払いの婚姻費用・養育費の回収は、債務名義(公正証書や調停調書、判決など)がある場合には、着手金無料の完全成功報酬制(回収額の10%)を採っております。

(3)DV加害者と思われる方からのご相談やご依頼は受け付けておりません。


◆離婚問題を有利に解決するためのポイント
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【離婚】
離婚をしたいと思っても相手が応じてくれなければ離婚はできません。
強制的に離婚ができるのは、訴訟で「離婚原因」が認められて勝訴した場合のみです。
訴訟の前には離婚調停をしなければなりませんので、争いがある事案では判決に至るまで何年もかかってしまうことが珍しくありません。
そのため、“どのように進めれば(話を向ければ)、相手が任意に離婚に応じてくれるのか”を戦略的に考える必要があります。
その際には相手の性格や相手が何を重視しているのかなどを見定めることが重要となります。

やむなく訴訟になってしまった場合には、「離婚原因」を“証拠”で示す必要があります。
この「離婚原因」というのは、離婚の動機という意味ではなく、裁判所が離婚を命じることができる要件を意味します。
例えば、不貞行為がある場合や夫婦関係が破綻している場合です。
「うちはもう破綻していますから」とおっしゃる方は多いのですが、証拠がないと、裁判所は「破綻している」と認めてはくれません。
浮気や暴力、暴言といった出来事がある場合には、録音や撮影などをして、少しでも証拠を残しておくのが望ましいといえます。


【慰謝料】
慰謝料は、不倫、暴力、暴言、生活費を全く入れないなど、夫婦の一方の責任で離婚した場合に発生します。
離婚により当然に慰謝料が発生するわけではありません。

・本件だといくら取れますか?
・ネットで調べたら、相場は●万円と書いてありましたけど…
などのご質問を受けることが多いです。

裁判所の統計上、200万円から300万円が多いとされていますが、慰謝料は裁判官が個別具体的な事案の内容や証拠に基づいて判断されますので、相場はあってないようなものといえます。

【財産分与】
財産分与は、結婚から別居までの間に夫婦で築き上げた財産(共有財産)を分ける手続です。
財産には、不動産、動産(貴金属など)、自動車、預貯金、保険(解約返戻金)、株式、退職金など様々ありますが、そもそもそのような財産があるのか?、あるとして、それが財産分与の対象になるのか?、なるとして、それはいくらと評価するのか?などが問題になります。
相手の持っている口座や証券などの財産の情報(証拠)を収集しておくことが大事です。

【親権】
離婚をする場合には父母のどちらかを親権者として決めなければなりません。
親権者をどちらにするかについて夫婦で話し合いがつかない場合には、お子様の幸せ・健全な成長にとってどちらの方が良いのかという視点で裁判所が判断します。

【養育費・婚姻費用】
夫婦には、互いに生活を保持させなければならない義務がありますので、収入に応じて相手に生活費を払う義務があります。
これが婚姻費用です。
別居のタイミングで支払を求め、他方が支払わない場合には、調停や審判で婚姻費用の支払(分担)を求めることになります。


◆弁護士へ依頼するメリット
━━━━━━━━━━━━━━━━━
●面倒な手続きを一任できる
●配偶者と顔を合わせずに手続きが進められる

離婚に関するやりとりを当人同士で行おうとすると、感情的になりやすくなかなか進まない場合があります。
弁護士に依頼することで冷静な判断ができるようになることもあると思います。
また、仕事や育児をしながら離婚に関する手続することは精神的な負担にもなりますので、そういった負担を少しでも減らしながら再出発の準備ができるようサポートさせていただきます。

ご説明・ご提案をさせていただく際は、できるだけわかりやすくお伝えするよう心がけております。
ホワイトボードを使用しながら、ご相談者が不安にならないようひとつずつ丁寧にお話いたします。

離婚・男女問題分野での相談内容

争点・交渉テーマ(離婚問題)

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用(別居中の生活費など)
  • 離婚の慰謝料
  • 離婚すること自体
  • 面会交流

争点・交渉テーマ(男女問題)

  • 浮気・不倫
  • ダブル不倫
  • 婚約破棄
  • 中絶
  • 子の認知
  • 婚外の妊娠問題

離婚原因

  • 異性関係(不貞等)
  • DV・暴力
  • 性格の不一致
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を渡さない
  • 借金・浪費癖
  • 親族関係
  • 悪意の遺棄
  • 育児放棄

段階や依頼したい内容

  • 協議・交渉
  • 調停
  • 審判
  • 裁判
  • 内容証明・手続き書類の作成

あなたの特徴

  • 慰謝料請求したい側
  • 慰謝料請求された側
  • 有責配偶者
  • 20年以上の婚姻期間
  • 内縁関係
  • LGBT・同性婚

あなたの配偶者の状況

  • 行方不明・音信不通

どんな事務所ですか?

◆「とにかく、わかりやすく」
━━━━━━━━━━━━━━━━━
当事務所のコンセプトは「とにかく、わかりやすく」です。

依頼者様のお悩みを法律に当てはめ、どのような解決方法が考えられるのか、お客様の強みと弱みは何か、弱点をカバーするにはどうすればよいのか、想定される手続には費用が一体いくらかかるのか…。
これまでに培った知識と経験を基に、ホワイトボードなどを使いながら、わかりやすくご説明いたします。

ご相談の結果、法的な解決が困難な場合や、費用倒れに終わってしまいそうな場合も無いわけではありませんが、そういった説明を受けること自体にも意義があると思いますので、お悩みがあれば、まずは初回無料相談をご利用いただければと思います。

アドバイスをさせていただく内容には自信をもっておりますが、大切なお悩みですから、他の弁護士のセカンドオピニオンを受けて比較していただくこともお勧めしております。
弁護士には「守秘義務」がございます。
ご相談内容はもちろんのこと、ご相談にいらしたこと自体も外部に伝わることはありませんので、ご安心ください。


◆安心のサポート体制
━━━━━━━━━━━━━━━━━
●後払い利用可
●初回面談無料
●休日面談可
●夜間相談可
●バリアフリー
●子連れ相談可


◆ご相談の流れ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1)ご予約
お電話、またはメールにてご予約
(2)ご相談
事務所で面談
(3)費用の見積もり
当事務所の弁護士費用基準はHPに掲載
(4)ご依頼・契約
ご依頼いただく場合には委任契約書の作成


◆アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇地下鉄東西線 西11丁目駅 4番出口から徒歩約3分(大通駅1番出口からは徒歩5分)

◇近隣有料駐車場あり

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
  • 近隣駐車場あり
  • 子連れ相談可
電話でお問い合わせ
050-7586-2781
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。