かの まい

鹿野 舞弁護士

弁護士法人エース 立川事務所

東京都立川市曙町1-25-12 オリンピック曙町ビル403
対応体制
  • カード利用可
  • 初回面談無料
  • 電話相談可
  • ビデオ面談可
注意補足

お電話でのご相談も受け付けております。

労働・雇用

取扱事例1

  • 残業代請求

残業代で約400万円の回収に成功した事例

依頼者:40代男性

依頼者は,トラック運転手として運送会社に勤めていましたが,残業代がしっかりと払われないことを不満に思い,同僚数人で弁護士法人エースの弁護士に相談に来ました。
担当弁護士は,十分に残業代請求が認められるケースであると説明し,着手金をいただかない完全成功報酬で受任し,会社に受任通知を出し,ドライブレコーダー等から労働時間を算出して残業代を計算して請求しました。
会社は,請求額とは大幅に差のある金額しか支払わないという態度を崩さなかったため,担当弁護士は依頼者と相談の上で裁判を選択しました。
裁判でも会社は同様の対応を繰り返しましたが,裁判所からの勧めもあり,互いに最大限譲歩できるギリギリの線で約400万円の和解が成立しました。裁判を断念した同僚もいる中で,その同僚たちが受け取った金額の2.5倍以上の金額となり,依頼者にも満足していただきました。

取扱事例2

  • 不当解雇・雇い止め・更新拒否

1ヶ月勤務の会社を解雇され,解決金として約100万円を回収した事例

依頼者:30代男性

依頼者は,飲食店に勤務開始後1ヶ月で「もう来なくていい」と言われてしまいました。その経緯もかなり不本意なもので,会社の体制への不満を社長に告げたことが原因であるとしか思えないものでした。
依頼者は,その解雇が不本意なものであったことから弁護士法人エースに相談に来られました。
担当弁護士は,経緯を十分に聞き取った上で,解雇が無効であると判断し,着手金無料の完全成功報酬で受任しました。
また,依頼者が雇用継続よりも金銭的解決を望んでいるということから,会社に対して金銭解決を求める内容証明郵便を発送しました。
その後,何度か会社の方とやりとりをして,受任後2ヶ月しない程度の短期間で約100万円の解決金を支払ってもらうことで示談が成立しました。

取扱事例3

  • 残業代請求

未払残業代の支払いを拒否していた会社に対して,訴訟提起したところ,第一回口頭弁論時に残業代を支払うとして和解した事例

依頼者:40代男性

依頼者は,小さい会社で近いうちに取締役にするからと社長に言われて,残業代なしで早出出勤や残業を毎日のように行なっていました。数年働いたとことで,他の従業員から,社長が依頼者とは違う人を取締役にするつもりであると聞き,社長のいいように使われていると知り,会社を退職しました。自分で会社に対して残業代請求をすると,「お前はうちの会社では取締役候補だったんだから管理職だ。残業代は発生しない。」と一蹴され,弁護士法人エースに相談に来ました。担当弁護士は,依頼者が管理職として残業代が発生しないという会社の主張には根拠がないと考え,改めて残業代請求をしましたが,強硬に支払わないの一点張りでしたので,即,訴訟提起しました。すると,第一回目の裁判期日で,多少のディスカウントはありましたが,ほぼこちらの請求通りの金額を支払うとのことで和解することとなりました。受任して約3ヶ月程度での解決でしたので,依頼者にも満足していただけました。
電話でお問い合わせ
050-7586-2276
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。