かの まい

鹿野 舞弁護士

弁護士法人エース 立川事務所

東京都立川市曙町1-25-12 オリンピック曙町ビル403
対応体制
  • カード利用可
  • 初回面談無料
  • 電話相談可
  • ビデオ面談可
注意補足

お電話でのご相談も受け付けております。

悩みに耳を傾けて寄り添って動き、弱い人の味方の弁護士に

柔らかく話しやすい雰囲気を持ち、笑顔が素敵な弁護士法人エースに所属する弁護士である鹿野舞先生。
そんな先生にこれまでのご経歴や弁護士という仕事に対する想い、今後の展望などについてお伺いました。

01 弁護士を志した理由

『弱い人の味方になりたい』

――鹿野先生が弁護士を目指された経緯はどういったものだったのでしょうか?

最初になろうと思ったのは、小学生の時に担任の先生に「向いている」と言われたことがキッカケですね。目立ちたがり屋で、よく喋っていたのでそう思われたのだと思います。そこからは自分でも不思議ですが、一切ぶれることなく弁護士に憧れ続け、目指していきました。それでも中学・高校・大学は勉強ばかりしていたわけではなく、学生生活を謳歌もしていました。しかし私は、勉強モードになるとしっかり集中して勉強することができたのです。大学卒業後に入った法科大学院では完全に勉強モードになり、とても辛くて大変でもありましたが勉強に集中した日々を過ごし、そのおかげもあって司法試験に合格して弁護士になることができました。

法科大学院時代は今思い返してもとても大変で息をするのも辛かったようにも思えましたが、私の人生にとってとても大切な時間にもなりました。勉強して身についたことはもちろん、そこで出会えた仲間や教授の存在があったからです。仲間や教授とは今でも繋がりがあって連絡したり会ったりしますし、仕事に活きたりもします。きっと今後もそうだと思います。

そして司法試験合格後に検事や裁判官への道もありましたが、小学生の頃から目指していた弁護士になろうという思いがぶれることはありませんでしたね。検事や裁判官も必要な存在ではありますが、私は弱い人の味方になれる存在になりたかったのです。そのためには弁護士が一番良いと思っていましたし、今でも弁護士は弱い人の味方になれる存在だと思っています。

02 弁護士としての活動

『法律の範囲を超えて、依頼者のために』

――小学生の頃から憧れ続けた存在になれるというのは、凄いことですね。それでは実際に弁護士になられてからは、どういった案件を扱われてきたのですか?

最初に入った事務所が交通事故の被害者側をメインに扱う事務所でしたので、それを多く扱ってきました。交通事故の被害者側をメインにしていたのは、事故後のやり取りにおいても被害者側が不利な立場になってしまうことが多いからです。何故なら加害者側の多くは保険に加入していて保険会社が代理に立つのですが、被害者側より保険会社側の方が知識もあり、多くの経験も積んでいます。そんな保険会社から理不尽な要求をされて被害者側が何もわからないまま受け入れてしまうのを防いで対抗するためにも被害者側に立ちたいというのが事務所の方針で、私も共感していました。交通事故と一括りにいっても様々な状況があって必要な対応も違い、とても勉強にもなりました。それまでの経験を活かし、事務所の仲間たちと交通事故に関する著書を作成したこともありましたね。

そして今の事務所に所属してからは、企業法務・離婚などの男女問題・相続など幅広く扱っていますね。最近増えてきているのだと、インターネット上での名誉棄損に関する案件も取り扱っています。

その中で相続に関して、もっと総合的に依頼者の方の役に立てるようになるために終活アドバイザーの資格を取ったりもしました。これは弁護士の方で持っている人はそんなに多くないですが、相続の案件では終活に悩む人にも多く直面します。そういう人を助け、相続の案件でも活かしたいという想いからでした。実際に相続の案件では弁護士単独でなく税理士さんやファイナンシャルプランナーさんなどと協力することも多いのですが、そういう人たちを上手く繋げる時にもこの資格や、得た知識などが役立っていると思います。


――弱い人の味方になりたいという思いを、弁護士になられてからしっかり実現されているようにも思えますね。それではこれまで扱われてきた案件の中で、印象に残っている案件はありますか?

交通事故の案件で、とても苦労した案件がありましたね。その依頼者の方はその交通事故によって、3級の障害認定をもらっていました。この障害認定というのは、賠償金の額を決める際の基準にもなるとても大事な目安です。しかしその方は、事故によって明らかにそれより重い障害を負っているように見えたのです。それで実際の障害に見合った認定をもらって相応しい賠償金ももらおうとしたのですが、それが大変でした。

まず事故があったのはかなり前で、時効も近づいていました。防犯カメラの映像も残っていませんし、今では使われることが多くなったドライブレコーダーの映像なんかもありません。その上被害にあった依頼者の方の記憶も曖昧と、使える資料や記録がかなり少ない状況だったのです。しかしそんな状況でも異議申し立てをして時効を伸ばしたりしつつ、依頼者の方と直前まで一緒にいた友人から有力な証言を得たりして、どうにか障害に見合った1級の認定をもらえ、相手の過失も証明して賠償金の額も上げることができました。

その結果を得るまでは試行錯誤で時間も凄くかかりましたし、とても苦労しました。それでもどうにか結果を勝ち取ることができたという点で印象に残っているのもありますし、私の中では転換点という意味でも印象に残っています。この案件では法的知識だけでなく医療知識も多く必要になって難しい専門用語も覚えたりしたのですが、そういった事件に必要な法以外の専門知識を勉強していくキッカケにもなったと思っています。


――苦労された案件は、その後に活きていたりもするのですね。それでは色々と案件を扱われる中で、やりがいを感じる時はどんな時でしょうか?

弁護士が扱う案件というのは特殊なものを除けば、多くは法律上は結果がある程度見えています。しかしその予想を少し超え、依頼者の方にとって良い結果を出せた時はやりがいを感じますし、嬉しく思いますね。例えば賠償金はこれくらいかなという案件で、それよりも上の額の賠償金を勝ち取れたりした時です。それは依頼者の方にとっても良いことですし、喜んでもらえますしね。

それからもちろん、依頼者の方から嬉しい言葉をいただけた時もやりがいを感じます。「頼んで良かった」、「先生に出会えて良かった」、「また依頼します」という言葉をいただいたり、他の方に紹介してもらえたりした時などは苦労も報われるし、やっていて良かったなと思えて救われますね。


――感謝の言葉というのは、やはり嬉しいですよね。ちなみに少しお仕事の話から離れますが、先生が普段している趣味や日課などはありますか?

3年前くらいからやっている編み物があります。キッカケはテレビを見ていて、編み物をやると落ち着くというのを見たことでしたが、見事にハマってしまいました。空き時間があったらやりますし、テレビなどを見ながらやったりもします。作るのはマフラーにレース編み、コースターなど様々ですね。

それから家にいる時には家事もするようにしていて、料理も好きですね。平日は仕事が忙しくてできなかったりもしますが、土日に大量に作り置きしてそれを平日に食べたりしています。それと最近ヨガを始めました。腰が痛いのを治したいと思って始めましたが、仕事では汗をかかないので汗をかくのも体に良いと思います。健康のためにも、できれば定期的に続けていきたいですね。

他には趣味や日課とは違うかもしれませんが、休みの日に学生時代の友人と過ごすのも良い息抜きになっていますね。私は中高一貫の女子校だったのですが、会うと女子会みたいになります。みんなそれぞれ職業や状況も違って、会うことで良い刺激ももらっています。

03 弁護士として心がけていること

『しっかり共感し、話しやすい雰囲気を』

――弁護士として心がけていることはありますか?

弁護士は話しづらいとか堅そうというイメージを一般の方は持っていると思いますが、そういうイメージを払拭できるように気を付けています。最初の相談は1時間無料でやっていますし、例え依頼に繋がらない相談だとしても話しやすい雰囲気を作り、感情的な話にもしっかり共感するようにしています。そうすることで信頼をしてもらえることにも繋がりますね。

それと話しやすい雰囲気や共感は、情報を聞き出すという点でもとても重要ですね。そうすることで話している方は饒舌になってくれますし、たくさん話してくれる話の中に重大な情報が隠れていることもあるのです。それは依頼者の方自身が重大と気付けていないことも多く、そういう情報を聞き出すためにも依頼者の方に心を開いてもらってたくさん話していただくのが大切なのです。


――それではご自身の弁護士としての強みはどこだと思いますか?

私は女性ですので、男性に比べると柔らかい雰囲気は出しやすいですし、とっつきやすさはあると思います。特に女性の依頼者の方だと同性じゃないと話しづらい内容の話もありますので、そういう時には女性であるということが強みにもなっていると思います。それに男性に対しても、弁護士というのは圧倒的に男性が多い社会ですので男性とやり取りすることも多く、男性の依頼者の方にも上手く対応できているのではないかと思います。心がけていることとも繋がりますが、親しみやすさを出して話しやすい雰囲気を作ることも常に意識していますし、強みにもなっているのではないかと思います。

もう一つ、私は学生時代からオンオフの切り替えが上手くできる方だったので、オンになった時には集中力を発揮して1つの依頼に取り組むことができます。法科大学院での辛い2年間での勉強で根性も養いましたし、途中で投げ出すようなこともありません。

弁護士の男社会では女性であることで苦労もしましたし、法科大学院の時代も辛い時代でしたが、今となっては逆に私の強みに繋がっているなと思いますね。

04 目指す方向性

『初心を忘れず、それぞれの事情をしっかりくみ取る』

――今後目指す方向性や、積極的に取り組んでいきたいことなどはありますか?

弁護士としての経験を重ねるほど、先が見えてしまいがちにもなります。ですがそれでも弁護士になった時の初心は忘れないようにし、人によって状況は違うので、常にそれぞれの事情をしっかりくみ取れるような弁護士でありたいですね。弱い人の味方になりたいという想いも、この先も持ち続けたいです。

案件に関して特にこだわりはありませんが、時代に応じて増えてくる新しい案件にも対応していきたいですし、それに必要な新しい知識も勉強していきたいですね。今だと名誉棄損などに関連して必要な、インターネットの調査や情報開示についても勉強中です。これは私が大学院で勉強していた時にはまだ事例がほとんどありませんでしたので、まさに新たに勉強しているという感じですね。それにインターネットの調査や情報開示は、相手方が海外のサーバーを経由したりしていると英文の文章を読まないといけないこともありますし、大変です。今では多くの人が利用しているSNSなんかだと、対決する相手自体が曖昧なこともあります。

それに実は名誉棄損というのは法的にもまだ曖昧な部分があり、プライバシーの侵害や公共の利益などの問題も絡んでいて複雑で難しい問題です。まだ基準となる判例も出ていなかったりして先が見えなくもありますが、その分色々と新しいことを主張しやすい分野でもあります。先が見えない中でも依頼者の方のために、より良い結果が出せるようにしていきたいですね。

それと最近では、ゲス不倫などが話題になったせいかテレビの中の話を現実でも持ち出そうとする人も増えましたね。しかし有名人と一般人では事情が違いますし、有名人にはダメージを与えられた証拠も一般人には使えない場合もありますし、モラハラなんかは一般人だと証明するのがかなり困難でもあります。例えば盗聴とか違法な手段で手に入れた証拠は裁判では使えませんし、逆にそんな手段を使ったことを責められてしまうこともあります。そういう風にテレビの中の状況と現実がごっちゃになってしまっている人も多いので、最新のエンタメやニュースなどは常に気にしてチェックし続けるようにはしたいですね。そして実際にそんな方が依頼に来られた時は、現実で有効な手段を教えたり、提携している探偵の方を紹介したりしてお役に立ちたいと思います。
電話でお問い合わせ
050-7586-2276
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。