たまき まさあき

玉木 正明弁護士

大分共同法律事務所

大分県大分市中島中央1-3-32 筒井ビル2階23
対応体制
  • ◎法テラス利用可能
  • ◎分割払い相談可能
  • ◎後払い相談可能
  • ◎初回相談無料

労働・雇用

取扱事例1

  • 不当解雇・雇い止め・更新拒否

不当解雇され,復職を断念する代わりに,6年分の賃金相当額を解決金として勝ち取った事例

依頼者:55歳女性(配偶者あり,子なし)

週3日月収8.8万円のパートの女性が不当解雇され,復職を求める訴訟を提起した。
その裁判において,会社側の提出した証拠がねつ造されたものであることを,突き止め,徹底的に追及した。
会社側は白旗を揚げ,私の提案である650万円の解決金の支払いを飲んだ。
不当解雇の解決金の相場は,月収の3~6か月であるが,私の場合は,約6年分であるから,かなりの破格である。

なお,この依頼者は,仮処分で112万円を得ているので,得られた経済的利益は総額762万円である。

取扱事例2

  • 内定取消

大分県教員採用取消処分取消請求事件

依頼者:37歳男性

大分県の教員採用では,高得点をとってもダメで,コネがないと採用されないと噂されていた。そんな中,平成19年の採用試験で,採用された男性が,県教委から,点数が操作されていて,本当は合格していなかったとして,平成20年9月に,採用が取り消された。

男性は,自分は不正に関与していないとして,採用取消処分の取消を求めて提訴した。

この事件では,県の行ったパソコンの分析が正確かが争点となった。私が,デジタルフォレンジック専門業者による鑑定で確認すべきと申請して,裁判所が,鑑定を採用した。相手方手持ち証拠のデジタルフォレンジック鑑定は,おそらく,日本初であった。

さらに,法律論でも,私は,県側の主張は,論文の一部を誤解して切り貼りしていることや,地方公務員法の成り立ちがアメリカ法に由来することなどを論証し,男性側が勝訴し,その判断は,高裁・最高裁でも維持された。

なお,同じ争点の事件が,もう1つあり,別の原告は,敗訴した(確定)。

取扱事例3

  • 残業代請求

チェーン店の元店長による残業代請求事件において全面勝訴で残業代としては異例の1000万円を勝ち取ったケース

依頼者:30代男性

ほっともっとの元店長の残業代請求事件は全国的にも話題となりましたが、全面勝訴で残業代としては異例の1000万円を勝ち取りました。
判決は裁判所の判例集にも搭載されています。

取扱事例4

  • 未払い賃金・給与未払い

タクシー乗務員の客待ち待機も,労働時間に当たるとの初判例

依頼者:60代男性(2名)

タクシー乗務員の労働時間は長いし,深夜労働手当もあるので,仮に最低賃金で計算しても,月額15~16万円くらいになるはずである。しかし,タクシー業界は不況で,この給料を払うことができない。そこで,平成12~14年頃から,客待ち待機は,労働時間ではないという扱いをするタクシー会社が増えてきた。

タクシー乗務員の客待ち待機が労働時間に当たるかが,全国6の裁判所で争われ,私がとった判決が,初めて,労働時間に当たると判断し,後に判例にも影響を与えたようだ。

取扱事例5

  • 不当解雇・雇い止め・更新拒否

俺の女をとりやがってと解雇されたが,復職した事件

依頼者:40代男性

40代男性が,社長が恋心を抱いていた20代女性と結婚したところ,解雇された。解雇理由は,色々と言っていたが,本心が,「俺の女をとりやがって」という報復であることは,周囲には明らかであった。
私は,労働審判を申し立てて,解雇無効と判断され,依頼者は,復職した。

さらに,私が,給料規程を見ると,支払われるべき管理職手当1万円が支払われていないことや,残業代の計算方法に誤りがあることにも気付いた。私は,会社の代理人と交渉し,約2週間後に,未払い残業代347万円を支払わせた。

依頼者は,今でもこの会社に勤めている。

電話でお問い合わせ
050-7576-4323
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。