こんどう りょう

近藤 亮弁護士

近藤綜合法律事務所

東銀座駅

東京都中央区銀座5-14-8 銀座ワカホビル4階

対応体制

  • 分割払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • メール相談可
  • ビデオ面談可

注意補足

【初回相談無料】休日・夜間面談については事前予約が必須。 お電話に出られないことがありますが、その場合は折り返しご連絡いたします。

労働・雇用

【使用者側経験多数】不当解雇、未払残業代の請求、パワハラ・セクハラ事件の解決、非正規雇用の労働条件、就業規則などの社内規定の整備、労働基準監督署対応を得意としております【労働組合法務】労働組合法務にも対応しています

近藤 亮弁護士の労働・雇用分野での強み

オーダーメイドの予防法務をご提案いたします。
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃このようなご相談に対応しています
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「就業規則や賃金規定などの社内規定を整備したい」
「従業員を新たに雇用する際の労働条件・雇用契約書についてアドバイスがほしい」
「従業員から残業代請求・不当解雇で労働審判または訴訟を起こされた」
「退職する従業員が、従業員や顧客を引き抜いて競業事業をはじめようとしている」
「正規雇用・非正規雇用の労働条件格差について相談したい」
「パワハラをした社員・職務怠慢な社員などへの対応がわからない」
「労働組合の運営・使用者との交渉について労働組合法の観点からアドバイスしてほしい」
「労働組合の組合員が抱える労働問題について相談したい」
「労働基準監督署からあっせんの申請に関する書類が届いた」
「従業員から労災の損害賠償を請求された」
「現在の労務体制が労働基準法などに違反しないかアドバイスがほしい」

当事務所は企業さまや労働組合さまから、労務に関するご相談を多数解決してまいりました。
労務問題への対応や予防法務など、事案にあった最適な解決策をご提案させていただきます。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃私の強み・心がけていること
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】企業法務・団体法務に強い弁護士/迅速な対応が可能
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私は弁護士になって以来、さまざまな業種・業界の企業法務を担当してまいりました。
平常時は、従業員との間のトラブル対応、就業規則等の各種規定の見直し、雇用契約書・労働条件通知書のチェック、非正規雇用の労働条件格差、労働基準監督署に対する対応、従業員の配転出向命令などのご相談を受けております。
「未払い残業代や不当解雇で社員から訴えられた」
「パワハラで従業員同士のトラブルが発生した」
といった有事の際も、日頃から企業法務と深く関わっているため、迅速な対応が可能です。

【2】労働組合法務にも注力/多角的な提案を!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
同じ会社の労働者が集まってつくる組合「労働組合」。
主に職場環境や待遇などの改善を行っていますが、近年はその労働組合の支援にも注力しています。
労働組合側の法務については、多種多様な労働関係法規だけでなく、多くの弁護士に馴染みがない労働組合法という法律が関係します。
日々の組合運営や団体交渉などでは労働組合法や、それを巡る労働委員会の決定や裁判所の裁判例・判例に関連する法的問題が意外に存在しております。
また、組合員から労働問題について多数相談されることも多いと思われ、これには労働基準法や労働契約法といった法律や過去の裁判例・判例に関する知識が不可欠です。
私は、使用者側が持つ視点のみならず、複数の労働組合の業務を担当していますので、これらの労働組合が直面する法的課題に多角的な視点でアドバイスさせていただきます。

【3】労務トラブルはお任せください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
企業が労務トラブルに直面した際、対応を誤ると思わぬ損害を被ることもあります。
なかでも、一番多い例が不当解雇や残業代請求です。
仮に表沙汰になれば、企業イメージダウンに直結しますので、交渉段階からの対応が肝になります。
特に日本の労働法は労働者側の権利を保護する内容になっているため、慎重な対応が必須ですので、ぜひお早めにご相談ください。

【4】オーダーメイドの予防法務をご提案
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
労働問題において、トラブルを未然に防ぐ対策はとても大事なこと。
なかでも、就業規則などの社内規定や雇用契約書・労働条件通知書のリーガルチェックは最重要といっても過言ではありません。
その反面、Webで展開されているテンプレートを使って済ませている企業が多いのもまた事実です。
本来であれば、企業ごとに最適なリーガルチェックを行い、法的トラブルを未然に防ぐことが必要となります。
当事務所はご依頼いただいた企業の事業内容に合わせて、オーダーメイドの予防法務を作成することが可能です。
その他にも、企業側に向けたハラスメント防止研修の講師も受け付けております。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃顧問契約で労務トラブルを万全に防ぐ!
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
企業が、従業員を雇用する限り、労働トラブルの可能性は日常的に存在します。
また、労働組合は、その活動として常に労務問題を取り扱うので、組合員に対する的確なアドバイスをするには継続的に相談できる弁護士が必要不可欠です
問題が発生した際、スポットでご相談いただくことはもちろん可能ですが、日常的に相談したい場合は、顧問契約を締結することをお勧めします。
顧問契約のメリットは、事業内容を事前に熟知できるので、迅速かつ的確な対応ができること。
訴訟などの紛争になった場合は費用面も割引きで対応させていただきますので、スポット依頼とくらべて費用面も安価に済みます。

月々の顧問料については会社・労働組合の規模や従業員数によって異なります。
まずはお気軽にご相談ください。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃解決事例の一部紹介
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】労働者から提起された未払残業代請求で、労働時間に関係する記録などから労働時間該当性を争い、労働者側の請求金額を大幅に減額させた事例

【2】パワーハラスメントとして労働者から損害賠償請求をされたケースで、関係各所からの詳細な聞き取りの上、パワーハラスメント該当性や事実関係を争い、請求を棄却させた事例

【3】労働者から提起された不当解雇の労働審判で、詳細な事実関係を調査の上、様々な証拠から裁判所に正当な解雇であることを主張・立証して、低額の解決金で和解した事例

【4】コンスタントに就業規則の見直しを行っていなかった企業で、労務トラブルやテレワークなどの新しい働き方に対応できるよう就業規則の整備を行った事例

【5】退職する従業員が、他の従業員や顧客を引き抜いて競業事業を始めようとしたため、内容証明の送付等により未然に競業行為を防止した事例

【6】運送業の労働組合からのご相談で、各種手当ての削減や固定残業代の導入に関する就業規則の改定でアドバイスを行い、不利益変更を防止した事例


※上記の詳細は、私の「事例紹介ページ」をご覧ください。

労働・雇用分野での相談内容

問題・争点の種類

  • セクハラ・パワハラ
  • 不当な労働条件
  • 不当解雇・雇い止め・更新拒否
  • 内定取消
  • 労災
  • 長時間労働・過労死
  • マタハラ・産休・育休
  • 不当な退職勧奨
  • 事故の使用者責任
  • 労働・雇用契約違反
  • 安全配慮義務違反
  • 退職理由(自己都合・会社都合)
  • 業務上過失・損害賠償

相談・依頼したい内容

  • 未払い残業代請求
  • 労災の損害賠償請求
  • 未払い給与請求
  • 労災保険申請
  • 内部告発保護
  • 退職代行
  • 未払い退職金請求
  • 不当解雇の慰謝料請求

あなたの特徴

  • 公務員
  • アルバイト・パート
  • 派遣社員
  • 正社員・契約社員
  • 業務委託契約
  • 経営者・会社側
  • 個人事業主・フリーランス

どんな事務所ですか?

「東銀座駅」6番出口から徒歩1分。アクセスも良好!
◆事務所の方針
━━━━━━━━━━━━━━━━━
当事務所は、企業法務・労働組合や一般社団法人などの団体法務から一般民事事件まで幅広く取り扱っております。
企業法務や団体法務を行うにあたっては、最終的にクライアント営むビジネスがどうなるかや、クライアントが持っていきたい解決の方向性に思いを致すことが重要であると考えています。
簡単な例を挙げると、お得意さまである取引先と紛争が生じた際に、クライアントが穏便に済ませたいと考えているにもかかわらず、紛争を先鋭化させてしまうおそれのある方向で進めるのは、ビジネスとしては不正解ですし、クライアントの満足度も低いでしょう。
私はこうした視点から、クライアントが望む方向性に持っていけるための理由付けを考えながらアドバイスをするようにしています。
そのためには、問題の背景事情や業界の事情をよく理解すること、解決に向けてクライアントとコミュニケーションを密に取ることを大切にしています。

また、一般民事事件を取り扱う際も、クライアントの視点を重視するように心掛けています。
一般民事事件は、クライアントの持つ気持ち・考えに寄り添わなければ、クライアントが満足する解決には持っていけません。
そのために、クライアントとは電話やメールなどのやり取りを重ねるなど、密なコミュニケーションをするように心がけています。

クライアントに適切なアドバイスをするためには、高い専門性とリサーチ力が必要不可欠です。
特に企業法務・団体法務は、多種多様な法律だけでなく、裁判例、ガイドラインや通達などを調べないと適切な回答を導き出せないことがほとんどです。
私自身、これまで培った専門性により磨きを掛けつつ、依頼者の抱える問題をより良い形で解決出来るよう、研鑽を重ねていく所存です。


◆事務所の対応体制
━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼初回相談無料
初回の法律相談については30分無料でお伺いしております。
まずはお気軽にご相談ください。
費用については明瞭であることを心がけています。
ご契約の前にお見積りをお出しできますので、安心してお尋ねください。

▼柔軟な相談体制
当事務所は、弁護士の予定が空いている限り、夜間や土日祝日でもご相談やご来所を承っています。
平日はお仕事が忙しい方や夜間でないと時間が作れない方でも、当事務所は歓迎します。
電話・メール・オンライン面談もご対応いたしますので、お気軽にお問い合せください。

▼アクセス良好な立地
当事務所は東銀座駅から徒歩1分、銀座駅から徒歩5分の立地です。
東京都内は勿論のこと、他県からもアクセスがしやすい場所に事務所があります。
夜間の相談も承っておりますので、仕事帰りにお立ち寄りいただくことも可能です。


◆アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京メトロ日比谷線/都営地下鉄大江戸線「東銀座駅」6番出口 徒歩1分
東京メトロ銀座線/日比谷線/丸の内線「銀座駅」A5出口 徒歩5分
東京メトロ日比谷線「築地駅」 徒歩8分
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」 徒歩9分
JR・東京メトロ有楽町線「有楽町駅」 徒歩10分

<住所>
〒104-0061
東京都 中央区銀座5-14-8
銀座ワカホビル4階

事務所の特徴

  • バリアフリー
  • 近隣駐車場あり
  • 子連れ相談可
電話でお問い合わせ
050-7586-7445
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。