かわぐち まさき

川口 真輝弁護士

弁護士法人Authense法律事務所 新宿オフィス

新宿西口駅

東京都新宿区西新宿1-3-17 新宿第1アオイビル8階

対応体制

  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • ビデオ面談可

注意補足

【メール24時間受付】休日や夜間のご相談もご希望に応じて承ります。まずは一度お問い合わせください。

離婚・男女問題

取扱事例1

  • 不倫・浮気

交際相手の妻から500万円の慰謝料請求

ご依頼者様はお相手の男性と交際を始めてから半年ほど経った頃、既婚者であることを知りました。
しかし、妻とは離婚すると言われ、そのまま交際を続けていました。
ところが、二人の関係がお相手の妻にバレてしまい、お相手は家を出てご依頼者様と同棲を始めました。

同棲を始めてから1年ほど経ち、お相手は妻に対して離婚調停を申し立てましたが、離婚は成立せず。
しばらく別居するとの合意にとどまり調停は終了。

ご依頼者様はその後も同棲を続けていましたが、妻から500万円もの慰謝料請求の訴状が届きました。
私はさまざまな点を主張し、慰謝料の減額を求めました。
最終的に慰謝料は、当初の請求額から300万円以上減額されることで和解が成立しました。

取扱事例2

  • 調停

離婚調停申し立てへの対応

ご依頼者様は、妊娠がわかった頃から夫との性格の不一致に悩むようになりました。
出産後、子育てに奮闘していたご依頼者様でした。慣れない土地に嫁いだこともあり、精神疾患を患ってしまいました。
そんなご依頼者様に夫は、容赦なく離婚調停を申し立て、子どもの親権についても主張しました。

まず、私はご依頼者様の意向を踏まえ、夫との和解の道を探りました。
一方で、ご依頼者様が親権を取るのにふさわしいかを示すために、子どもに対してどれだけ愛情を持って育ててきたかを主張しました。
また、子どもの監護計画を立てるなどして、ご依頼者様が親権を取得できるよう取り組みました。

調停では調停委員を通じて話し合いを重ねるごとにお互い冷静になっていき、二人の気持ちに少しずつ変化が表れていきました。
調停の結果、お二人は幼い子どものためにも夫婦生活を続けることを選択し和解が成立しました。
電話でお問い合わせ
050-7586-7482
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。