いしかわ しんや

石川 晋也弁護士

FAST法律事務所

神泉駅

東京都渋谷区円山町5-5 渋谷橋本ビル9階

対応体制

  • カード利用可
  • 分割払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • メール相談可
  • ビデオ面談可

注意補足

土日祝相談の方は平日に予約を

離婚・男女問題

取扱事例1

  • ダブル不倫

W不倫、自分の妻にばれずに解決

【依頼者の相談前の状況】
男性がW不倫をしており相手の女性の配偶者から慰謝料を請求されました。
依頼者の方は、自身の妻に不倫の事実が伝わらないように解決することを第一に考えられていました。

【依頼者の相談後の状況】
自身の妻に知られることなく事件を解決することができたので、家庭が壊れることなく生活をしています。

【解決方法、弁護士として果たした役割など】
不貞の慰藉料を請求される場合、自宅に請求の通知が来てしまうことになり、それがきっかけで不貞が家族にわかってしまうことがあります。
そのため受任後即座に相手方に受任の連絡をし、すべての通知を弁護士宛てにいただくようにしました。
また依頼者宛ての郵送物は、職場に弁護士事務所からではなく個人からの郵送物として送ることで対応いたしました。
そのため妻に発覚してしまうことなく和解をすることができました。

取扱事例2

  • 浮気・不倫

不倫の証拠がない段階からアドバイスしてもらえた

【依頼者の相談前の状況】
主人がキスマークをつけて朝方帰って来たり、スーツから女性用の香水の匂いがしたので、不倫を疑っていました。
確定できる証拠がなかったので、相談者様は不安の表情を浮かべられておりましたが、確実に証拠を収集するポイントをお伝えしました。

【依頼者の相談後の状況】
弁護士のアドバイスに従い、主人の身の回りを調査したところ決定的な証拠を発見しました。
また、長期に渡り不倫していたことがわかったので、現在離婚調停を行っています。

【解決方法、弁護士として果たした役割など】
不倫は、証拠収集が最大の難関です。ただ、一定のポイントを抑えることで、決定的な証拠を収集することもできるとされています。
調停や面会交流のご相談もワンストップで受け付けておりますので、お悩みの方は是非ご相談ください。
電話でお問い合わせ
050-7587-0868
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。