いがらし りょうへい

五十嵐 良平弁護士

日本橋川法律事務所

九段下駅

東京都千代田区九段北1-2-6-904

対応体制

  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • メール相談可
  • ビデオ面談可

注意補足

休日・夜間の面談をご希望の際には、事前にご相談ください。

企業法務

【九段下駅1分】【ベンチャー企業経営の経験有】個人事業主やスタートアップ企業経営者の方大歓迎。起業経験を活かし現場感を持って対応します。契約書のレビューからM&Aまで何でもご相談ください。【初回面談無料】【土日祝日・夜間面談可能】

五十嵐 良平弁護士の企業法務分野での強み

◆スタートアップや個人事業主の方を積極サポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本橋川法律事務所は、「依頼者の皆様に親身に寄り添い、その負担を共に背負い、全ての依頼者の皆様に良質なリーガルサービスを提供すること」を理念とする法律事務所です。
私はこれまで、多くの企業法務案件を経験してきました。

特にスタートアップの経営者の方との関わりが多く、「創業期にどのような法的手続が必要かわからない」「会社がグロースするに連れて、何が必要になるのだろうか」といったご相談に数多く応じてきました。

そして、個人事業主の方からのご依頼も頻繁に承っております。
ここ数年、会社員の方が副業を始めたり、スキルを活かしてフリーランスに転向したりといったケースが増えました。
こうした方は事業に関する知見はあるのですが、法的な課題をどのように解決すべきかについてはわからないことも多いです。
そんな時でも、弁護士としてあらゆる問題をスピーディにサポートします。


◆30社以上の経験をもとにどんな業界も対応します
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「契約書を作成したが問題がないか確認してほしい」
「株主間の契約書のレビューをお願いしたい」
「M&Aを検討しており法的見地からアドバイスが必要」
「ストックオプションについて悩みがある」

企業運営には常に、法的課題が発生します。
契約書一つとっても、必要な文言が入っていなかったせいで、思わぬ損失を生み出してしまうものです。
自社で作成した書類に本当に不備がないか、一度は弁護士からのレビューを受けることをおすすめします。

私は過去に30社以上で、こうしたご相談を承りました。
特定の業界だけでなく幅広い企業とのお付き合いがあるため、どんな分野の方もお気軽にご相談ください。

中でもとりわけ得意なのは、IT系企業やVR企業です。
IT企業については、自分自身で機械学習を利用してプログラムに文章を書かせるサービスを提供する会社を立ち上げたことがあり、深い知見があります。
VR企業は、サイバー空間やVR空間においてどのような権利が発生し得るのか、そしてこれらの空間の利用に際して、法的にどのような点に気を付けることが必要なのかなどを詳しくアドバイスします。


◆起業経験を活かし現場感のあるアドバイスをします
━━━━━━━━━━━━━━━━━
私は大学院生の頃スタートアップ企業でインターンし、その後、ベンチャー企業を立ち上げました。
そのため、創業期の経営者が何に悩んでいるか、どのような法的な壁にぶつかるかを肌感覚で理解しています。

だからこそ「法人登記をするうえで、便宜上自宅を本店所在地とすることはできるが、引越しをする度に登記をするとなると3万円以上の費用が発生するから避けた方が良い」など、現実に即したアドバイスができます。
他にも、「初めは一人でスタートしたが、事業が大きくなり人を雇うにあたって、どういった雇用契約書を作ればいいかわからない」「社会保険への加入義務が生じることはわかるが、具体的にどうすればいいかわからない」といった、法律に関する悩みを抱えることがあるでしょう。

こうした悩みに、自分自身の経験を持ってアドバイスできるのは、他の弁護士にはない強みだと思っています。


◆クライアント様の希望に即した解決策を提示します
━━━━━━━━━━━━━━━━━
過去に、VRに関する事業についてご相談を受けたことがありました。
そこで伺ったご依頼内容は、「まだ成熟しきっていないVR業界において、今後どのような法的問題が発生しうるのか、具体的に教えてほしい」というものです。

そこで私は、サイバー空間やVR空間においてどのような権利が発生し得るのか、またこれらの空間の利用に際して、法的にどのような点に気を付けることが必要なのかといった情報をまとめました。

このようにご依頼内容に幅があっても、クライアント様が何を求めていて、どんなことをご提供すれば良いのか、柔軟に考えて応えさせていただきます。


◆事務所の相談体制
━━━━━━━━━━━━━━━━━
顧問契約は、法人様5万円~、個人事業主様1万円~承っております。
連絡方法はお電話、対面、オンライン、LINE、Slackなど、お客様のご希望に合わせて対応します。

現在、当事務所は私一人で運営しています。
だからこそ、あなたの身近な存在として、何でもお気軽に相談してください。私自身が直接対応させていただきます。
「こんな初歩的なことを聞いてもいいのだろうか」
「悩みが漠然としているからどう相談していいかわからない」
そんな方も過去にたくさんいらっしゃいましたが、こちらからヒアリングし、法的見地からどのような支援ができるかご提案します。
少しでも気になることがあれば、ぜひご連絡ください。

企業法務分野での相談内容

相談・依頼したい内容

  • 契約作成・リーガルチェック
  • 雇用契約・就業規則
  • 知的財産・特許
  • 事業承継・M&A
  • 顧問弁護士契約
  • 不祥事対応・内部統制
  • 正当な解雇・退職勧奨
  • 株主総会対応(取締役の解任・選任など)

業界・業種

  • エンタテイメント業界
  • IT業界
  • 人材・HR業界
  • 運送・物流業界
  • メーカー・製造業
  • 金融業界
  • 病院・医療業界
  • 環境・エネルギー業界
  • FC・フランチャイズ
  • 不動産・建設業界
  • 教育業界

あなたの特徴

  • フリーランス・個人事業主
  • スタートアップ・新規事業
  • 海外法人・国際法

どんな事務所ですか?

◆事務所の方針
━━━━━━━━━━━━━━━━━
当弁護士事務所は、依頼者の皆様に親身に寄り添い、その負担を共に背負い、全ての依頼者の皆様に良質なリーガルサービスを提供します。


◆ スタートアップ経営者・個人事業主に寄り添います
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
企業法務に関わるあらゆる法的支援を行います。
下記の内容は、法人だけでなく、個人事業主の方にも対応しております。

・ベンチャー支援
ベンチャー企業、スタートアップに対して、経営判断に役立ち、ビジネスを推し進めるために適したアドバイスを機動的に提供いたします。

・webサービス運営支援
利用規約やプライバシーポリシーの作成等、法的な観点からwebサービスの運営に必要な支援を提供いたします。
VR(バーチャル・リアリティ)に関するご相談など、先端的なものにも対応可能です。

・コーポレート
様々な業種・規模の企業に対して、株主総会、取締役会その他の会議体の運営や、役員報酬、ストックオプションなどに関するアドバイスを提供いたします。

・M&A
買収案件、売却案件のいずれについても、M&Aを成功に導くため、的確かつ迅速なサービスを提供いたします。比較的規模の小さい案件であれば、DDの対応も可能です。

・契約法務
様々な取引契約について、適切なリスク管理及びスムーズな合意形成のために、実践的なアドバイスを提供いたします。和文のほか、英文の契約書にも対応いたします。

・個人情報
企業活動に伴い取り扱う個人情報等について、その性質やニーズを踏まえて、各社の状況に即したアドバイスを提供いたします。

・競争法
独占禁止法や下請法等につき、近時の実務の動向を踏まえ、各社のビジネスの実態に即した実践的なアドバイスを提供いたします。

・労働法
労働基準法、労働契約法、労働者派遣法等の法規制の遵守のためのアドバイスに加え、訴訟・紛争事案への対応も含め、リーガルサービスを提供いたします。

・紛争対応
上記のほか、企業活動に関わる紛争につき、代理人として、交渉及び裁判に対応し、クライアントの利益を守ります。


◆ インターネットのトラブルを迅速に解決します
━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネット上の誹謗中傷や名誉毀損などにおいて、記事の削除や発信者情報の開示、損害賠償請求に必要な裁判手続等に対応いたします。

私は昔からインターネットに親しんだだけではなく、Web系起業の経営経験もあります。
インターネットならではの文脈や文化なども把握しているため、問題の把握から解決までスピーディに完結します。

・虚偽の情報を掲示板に書かれて被害を被っている
・特定の個人や団体、法人の名誉を損なう書き込みをしてしまった
・自身の運営するプラットフォームでトラブルが起きている

こうした問題を抱えたら、できるだけ迅速にご連絡ください。


◆ 労働側と企業側の両者の経験を活かし問題を解消
━━━━━━━━━━━━━━━━━
労働に関する法律といえば「労働法」という言葉を想起する人も多いかもしれませんが、実は労働法という名前の法律はありません。
労働や雇用についての法律はたくさんあり、それをまとめて労働法と呼んでいるのです。
労働や雇用におけるシーンで、これら一つひとつの法律をつぶさに確認し、自分や自社を守ることは容易ではありません。
知識と経験豊富な弁護士に相談するのが、問題解決における一番の近道です。

雇用関係の解消、安全配慮義務違反その他の訴訟・紛争事案では、労働者側の代理人として、企業側の実務も踏まえて対応します。


◆事務所の対応体制
━━━━━━━━━━━━━━━━━
メール、電話およびオンライン面談のいずれであっても迅速に対応いたしますので、ご都合のよろしい方法にてご相談ください。
ご希望があれば、SlackやLINEなども対応可能です。
また、コロナ対策を期した上で、対面でのご相談も受け付けております。
初回のご相談は無料です。
30分程度を目安に、どんなことでもお聞かせください。


◆アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京メトロ「九段下」駅 徒歩1分

アクセスの良い場所に事務所を構えています

<住所>
東京都千代田区九段北一丁目2-6

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • 近隣駐車場あり
  • 子連れ相談可
電話でお問い合わせ
050-7587-1034
定休日

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。