おおはし あきお

大橋 昭夫弁護士

弁護士法人鷹匠法律事務所

新静岡駅

静岡県静岡市葵区鷹匠1-5-1 NEUEZEIT(ノイエツァイト)ビル4階

対応体制

  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可

労働・雇用

【弁護士歴48年以上】【新静岡駅徒歩1分】過労死/過労自殺の相談が可能。労働ストレスによる精神障害についての賠償問題が得意です。「アスベスト」「原発」など特殊な案件の解決事例多数。複雑な労働・雇用トラブル相談可能。【セミナー講師の経験あり】

大橋 昭夫弁護士の労働・雇用分野での強み

◆労働災害の交渉を行います
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「通勤・退勤時に交通労災事故を起こしてしまった」
「プレス機での手指の切断してしまい、労災保険の申請手続をサポートしてほしい」
「作業中に地上に落下し、死傷してしまった」

もし職場が労働組合に加入していなかった場合、被害者が事業主と交渉しなければなりません。
中には、事業主が「労災隠し」をしてしまうケースも報告されています。

私たちの鷹匠法律事務所は、

「どのような治療をしたらよいか」
「治療先はどこ選んだらいいか」
「治療中の生活補償はどのようにしたらよいか」

などを親身になってアドバイスします。

労働基準監督署長が適正な労災等級を認定しなかった場合も、不服の申立ての代行をします。

鷹匠法律事務所は40年以上の歴史があり、豊富な経験を持っているスタッフが対応します。
労働災害にお悩みの方は、お気軽にご相談ください。


◆「過労死」「過労自殺」の相談が可能
━━━━━━━━━━━━━━━━━
現代社会では、仕事によるストレスが原因で精神障害を発症したり、自殺をする労働者が増えています。
私たち鷹匠法律事務所は、過労による自殺など労働が原因の精神的なトラブルに関する相談も広く受け付けています。

「親族が過労で死亡したにも関わらず、会社が補償をしようとしない」
「夫に過労死の疑いがあるが、どこに相談すればいいのかわからない」
「会社のストレスが原因で精神障害を発症してしまい、自分で対応ができない」

労働基準監督署は以下の状態だった場合、過労自殺を認めています。

・精神障害により正常な認識ができない
・行為選択能力が失われている
・自殺を思いとどまる精神的な抑制力が効かない

労働者の職場環境の改善を怠り、長時間労働を放置していたことが立証されれば、「安全配慮義務違反」「不法行為」を主張し、損害賠償請求が可能となります。

肉体的ではなく、精神的な問題は目に見えづらく、判断できる法律事務所も限られています。
複雑なトラブルに遭遇したら、1人で悩まずにお気軽にご相談ください。


◆ブラジル人男性の死亡事故の解決事例
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【依頼者様の相談前の状況】
機械に挟まれて圧死したブラジル人男性の子供達からの相談です。
木屑のチップの詰まりを取り除く作業をしていたところ、同僚がスイッチを起動。「フライトコンベア」が作動したために起こった事故でした。
妻に労災保険金が支払われましたが、それ以上の支払いをしてくれず事務所を訪れました。

【解決方法】
まず、弁護士がB社と交渉。
しかし、死亡したブラジル人男性が工場長の地位にあり作業指示が不適切であったことを理由とし、民事損害賠償責任に応じません。
そこで、慰謝料の支払いを求めて損害賠償請求の訴えを起こしました。
裁判官と共に事故現場に行き、現場検証によりブラジル人男性の過失が50パーセントではなく30パーセントであることが認められました。
事故現場で訴訟上の和解が成立し、2000万円と遺族年金と厚生遺族年金の支給が実現しました。


◆挟まれ事故で1億円の和解金を獲得した解決事例
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【依頼者様の相談前の状況】
挟まれ事故により意識を失い,低酸素脳症で遷延性意識障害の状態になってしまった夫の妻からの相談です。
労災の障害等級1級になりましたが、損害賠償請求に応じません。
会社に損害賠償請求を求めるために、相談にいらっしゃいました。

【解決方法】
夫を雇用していた会社は、「安全支柱を使わず作業した」「立ち入りを禁止しなかった」ことから夫側に大きな過失があると主張ました。
遷延性意識障害が重度であることから、夫は自宅介護はできず,入院介護が必要でした。
少々の過失があったとしても、会社も安全配慮義務を怠ったとして1億円の和解案を提出。
浜松労働基準監督署が災害調査を公正に行っていたこともあり、和解が成立しました。


◆アスベストなど難しい案件の相談にも対応
━━━━━━━━━━━━━━━━━
鷹匠法律事務所は、40年以上の歴史があり多くの労災事故を解決してきました。
「アスベスト」「原発」などの特殊な案件の取り扱いがあり、幅広い相談に対応できます。

事務所内に社会保険労務士がおり、労災保険の給付申請手続にも精通しています。
事故が起きた時にどう相手の会社が行動するか、熟知しているのもポイントです。

労災事故は早めの相談をおすすめしています。
もっと早く相談してくれれば、より良い解決ができたケースがたくさんあるからです。

もし事故が起こってしまったら、悩む前に弁護士にご相談ください。
法律のプロである弁護士が、交渉を代行します。


◆ 弁護士・大橋昭夫のご紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までご閲覧頂き、ありがとうございます。

私は弁護士になって48年になります(2021年4月現在)。
まず独立する前、約3年働いた事務所では労働災害をはじめとする労働者側の事件を重点的に扱いました。
それ以来、一貫して社会的、経済的に弱い立場に置かれた人たちの側に立ち続けています。

「法律を武器にして、弱い人のために闘うんだ」「それが弁護士の使命だ」という思いからです。
事務所の経営を度外視して、決してお金にはならないような事件も率先して引き受けてきました。
毎月、県内各地で無料の出張法律相談を行っています。
一人で悩む前に、ぜひ一度ご相談ください。

労働・雇用分野での相談内容

問題・争点の種類

  • セクハラ・パワハラ
  • 不当な労働条件
  • 不当解雇・雇い止め・更新拒否
  • 内定取消
  • 労災
  • 長時間労働・過労死
  • マタハラ・産休・育休
  • 不当な退職勧奨

相談・依頼したい内容

  • 未払い残業代請求
  • 労災の損害賠償請求
  • 未払い給与請求
  • 労災保険申請
  • 内部告発保護
  • 退職代行

あなたの特徴

  • 公務員
  • アルバイト・パート
  • 派遣社員
  • 正社員・契約社員
  • 業務委託契約

どんな事務所ですか?

◆事務所の方針
━━━━━━━━━━━━━━━━━
鷹匠法律事務所は50年近くの歴史があります。
設立以来、地元静岡を中心に幅広く法律問題に取り組んできました。
多くのノウハウを蓄積しており、特に「交通事故」「労災」「相続問題」に精通しています。
「誰に相談したらいいかわからない」とお困りの方は、お気軽にご相談ください。


◆事務所の対応体制
━━━━━━━━━━━━━━━━━
鷹匠法律事務所は、弁護士が直接依頼者と面接し、相談をお受けします。
事情を丁寧にヒアリングし、法律の知識を活かして最善の解決策を提案します。
法律の手続きには、さまざまなメリットデメリットがあります。
一緒に相談しながら手続きができるので、ケースに応じた適切な手続きをアドバイスします。

事件にする必要がない場合は、相談だけで終了しても全く問題ありません。
まずは、お気軽にお問い合わせください。


◆アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━
静鉄清水線「新静岡」駅 徒歩1分
JR東海「静岡」駅 徒歩7分

※新静岡セノバ近く1階に無料駐車場あり。
近隣にも有料駐車場があります。
道に迷ったら054-251-1348までお電話ください。

【住所】
静岡市葵区鷹匠1丁目5番1号 NEUEZEIT(ノイエツァイト)2階・4階
電話でお問い合わせ
050-7586-7126
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。