まえざわ たけひこ

前澤 毅彦弁護士

南都総合法律事務所

近鉄奈良駅

奈良県奈良市高天町10-1 株式会社T.T.ビル2階

対応体制

  • 法テラス利用可
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可

注意補足

【法テラス利用可】スピード感をもった対応を心がけています。土日祝・夜間の相談をご希望の場合も一度お問い合わせください。

交通事故

【近鉄奈良駅3分】【相談実績600件以上】【通院フォローから訴訟まで対応】事故直後からのご相談いただければ,適切な治療,賠償を受けるサポートをいたします。保険会社からの賠償金提案のチェックもいたします。いつでもご相談ください。

前澤 毅彦弁護士の交通事故分野での強み

【交通事故はお任せください】
奈良弁護士会に来るまで、東海地方を中心に、交通事故事件に注力する事務所に所属し、交通事故被害者救済に取り組んでまいりました。
その間、交通事故の事件だけで、1年あたり約200件の相談を担当。
そのうち100件以上の事件を正式にご依頼いただき、取り扱ってきました。
十分な経験がございます。

【よくあるご相談】
《保険会社の対応について》
・事故にあったが、今後の手続きの流れが分からない。
・保険会社の担当者の説明に納得がいかないところがある。
・保険会社から示談金の提示があったが適切な金額かわからない。
・過失割合について保険会社の提案が納得できない。

《後遺障害について》
・痛みが残っているのに、保険会社から治療を打ち切るといわれてしまった。
・むちうちの痛みが残ってしまった。
・交通事故によって痛めた患部が、事故前のように動かすことができない。
・交通事故後、高次脳機能障害により、性格等が変わってしまった、記憶力が減退してしまった等の症状がみられる。
・後遺障害の等級申請をしろと言われたが、そのメリット・デメリットがわからない。
・後遺障害の等級の認定結果が妥当かわからない。


◆解決事例1:定期的なサポートで必要な治療を受けていただく
━━━━━━━━━━━━━━━━━
私は【依頼者の治療、回復までのサポート】を大切にしています。
事故直後にご来所いただいた方には、交通事故解決の流れをお伝えし、定期的にお電話等で、治療状況やご不安な点がないかを確認し、通院終了までアドバイスをいたします。
お身体の状態を治療経過とともにお伺いしているため、医師の判断等を踏まえた交渉が可能です。
実際に、保険会社から治療の打切りを打診された際も、治療の必要性を訴える等交渉し、安心して治療を続けていただいております。


◆解決事例2:提示200万円から3000万円に
━━━━━━━━━━━━━━━━━
私は【必ずしも保険会社の判断が正しいとは限らない】と考えています。
高次脳機能障害等、外部的判断が難しく、結論が分かれるお怪我も沢山あります。
実際に、保険会社が、障害に該当しないと判断し、200万円程度の示談を提案してきた件につき、医師、ご家族に面談し、意見書、生活状況の変化等の申告書等を取付けて後遺障害の申請を行い、過失があったにも関わらず、4000万円の賠償金を獲得した経験があります。


◆「弁護士特約」に加入されていない方もご安心ください
━━━━━━━━━━━━━━━━━
弁護士特約とは、保険会社が弁護士費用を負担してくれる制度です。
弁護士費用特約にご加入の方は、これを利用されることで弁護士費用のご負担が軽減されます。
また、特約がない方も、着手金0円/実費負担なしの完全成功報酬制で全面サポートいたします。
気兼ねなく悩みをお話しいただけるよう、相談料は無料です。


◆早めのご相談を
━━━━━━━━━━━━━━━━━
交通事故は、日常生活ではまず負わない痛みを伴います。傷は元通り治るのか、相手方保険会社とどう対応したらいいのか、手続きはどうしたらいいのか……など不安だらけでしょう。
事故に遭ったらまず弁護士にご相談ください。
今後の手続きの流れ、対応方法等、全てご説明いたします。
気兼ねなくお話しいただけるよう「相談無料」としております。
是非ご相談ください。

交通事故分野での相談内容

事故の特徴

  • 死亡事故
  • 人身事故
  • 物損事故
  • 自転車事故
  • バイク事故
  • 自動車事故
  • 単独事故

相談・依頼したい内容

  • 過失割合の交渉
  • 慰謝料請求
  • 損害賠償請求
  • 早期解決に向けた示談
  • 休業損害請求
  • 逸失利益請求
  • 後遺障害認定
  • 後遺障害等級の異議申立
  • 保険会社との交渉
  • 通院頻度・治療費の基準
  • 弁護士費用特約の使い方
  • 業務中事故の使用者責任追求

あなたの特徴

  • 被害者
  • 加害者
  • 子ども
  • 配達員・業務中の従業員

人身被害状況

  • むち打ち被害
  • 骨折被害
  • 後遺症被害

どんな事務所ですか?

◆ 南都総合法律事務所は,ご相談者様の満足を第一に考え対応いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
当事務所は,ご来所いただきやすいよう,穏やかで温かい雰囲気とするよう心がけています。
ご相談者により最も良い解決方法は様々ですので,解決方法を共に考え,実現に向けてお手伝いさせて頂きます。
近鉄奈良駅より徒歩3分でアクセスも良好です。


◆ 創業者田川和幸について
━━━━━━━━━━━━━━━━━
1962年(昭和37年)大阪弁護士会で弁護士登録。
1975年(昭和50年)奈良弁護士会に登録換え。
1988年(昭和63年)度日本弁護士連合会副会長就任。

田川は,日本弁護士会連合会副会長就任当時,制度促進のため,弁護士での裁判官任官を決意しました。
任官に当たり,1993年(平成5年)4月に,大阪弁護士会で弁護士登録していた髙野嘉雄弁護士(1974年(昭和49年)弁護士登録)を招き,事務所名を改め,共同で「南都総合法律事務所」を設立しました。
この事務所名は,奈良地域の別称である「南都」に,他士業との共同も視野にいれ「総合」を付したものです。
髙野も,2006年(平成18年)4月,日本弁護士連合会副会長に就任し,取調べの可視化の実現に尽力しました。


◆ 沿革
━━━━━━━━━━━━━━━━━
田川和幸弁護士が、当事務所の源流となる田川和幸法律事務所を設立
1981年 現所在地である株式会社T.T.ビル(旧千代田生命奈良ビル)に移転
1993年4月 髙野嘉雄弁護士を招き、共同で、南都総合法律事務所を設立
1993年8月 田川が裁判官に任官
1999年3月 田川が裁判官を定年で退官ののち、南都総合法律事務所に復帰
2011年9月 髙野弁護士死去
2012年2月 田川弁護士、南都総合法律事務所退所


◆ アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇電車でお越しの方
近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分

◇住所
奈良県奈良市高天町10-1 株式会社T.T.ビル2階

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • 近隣駐車場あり
  • 子連れ相談可
電話でお問い合わせ
050-7586-0726
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。