おばた ひろのり

尾畠 弘典弁護士

尾畠・山室法律事務所

天神駅

福岡県福岡市中央区天神3-16-17 イエローベース天神603

対応体制

  • 電話相談可
  • メール相談可
  • ビデオ面談可

注意補足

①「尾畠に相談希望」とお伝えください。②相談は全て有料です。③電話では対応できない場合があります。④法テラス・分割払は利用不可です。⑤料金表を事前確認ください。⑥メール問合せの方が円滑に対応可能です。⑧不在時に折返しを希望しても確実な折返しは約束できません。

離婚・男女問題

【天神駅5分】養育費、不貞の慰謝料、認知など離婚・男女問題では豊富な実績があります。自治体職員として法務系部署に4年余りの勤務経験があるので、ひとり親家庭のケアも熟知しています。【メール/オンライン相談可】

尾畠 弘典弁護士の離婚・男女問題分野での強み

◆離婚に関する多様なお悩みに対応します
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・離婚はしたが養育費で揉めている
・子であることは間違いないが認知してもらえない
・不貞の慰謝料を請求したい/請求された

離婚・男女問題に関するご相談なら気軽にご相談ください。
福岡県内の自治体に法務担当として勤務し、自治体の内側から市民サービスの窓口の対応も見てきておりますので、ひとり親の手続関係にも精通しています。
それぞれの生活状況に合わせた最善の対応をもれなくお示しすることが可能です。


◆離婚問題での私の強み
━━━━━━━━━━━━━━━━━
自治体での勤務経験があるので、離婚問題においても一歩先をいくきめの細かい対応が可能です。
例えば、離婚後の生活で経済的な不安のあるひとり親世帯に対する手当や生活保護の申請方法などは熟知していますので、状況に応じて適切なアドバイスをいたします。
DVでお困りの場合でも適切に対応いたします。
離婚に伴う経済的な不安がある方も抱え込まずにまずはご相談ください。


◆離婚問題を円滑に解決する3つの心構え
━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1)法的に有効な書類を正確に作成する
離婚の相談に来られる方は、夫婦間の合意を書面に書き留めておくことが重要ということはなんとなく認識しているようです。
ところが、法的知識に乏しい夫婦限りで作成した書面には不備が多く、約束違反があった場合、その書面では到底裁判で勝つことができない内容であることも多々あります。
約束違反となった時点では、すでに相手方との関係も悪くなっていることが多く、あなたに有利な内容で合意をやり直したり、書面を作り直す余地もないケースがほとんどです。
ですから、揉めている場合はもちろんのこと、揉めていない場合でも、なるべく早い段階でまず弁護士に相談し、十分に検討した上で書面を作成することが肝要です。

(2)早めに相談する
紛争の解決においては基本的なことですが、離婚も例外ではありません。
離婚後よりも離婚前、調停や裁判の後よりも前がいいことは言うまでもありません。
相談が遅れても解決可能な場合はありますが、通常、早く相談した場合と比べると得られる利益が減る可能性が高まりますし、一度固まった方向性を変えるには大きなエネルギーが必要になります。
相談が遅れることのメリットはほぼないと言っていいでしょう。

(3)円満だからこそ弁護士に相談する
夫婦間の関係次第では、夫婦間だけで離婚を円満に済ませることは可能です。
本当にいい関係のまま別れるのは素晴らしいことだと思います。
ただ、だからこそ、きっちりと書面を交わされると、最後まで「円満」でいられます。
いい関係のまま別れたとしても、その後、どちらかが病気になったり、職を失ったり、再婚したりと何が起こるか分かりません。
離婚時には予測していない事態が起こったとき、離婚時に合意していた条件では収入が不足し、生活に困窮するなどの可能性もあり得ます。
そうしたことも踏まえ、円満でも弁護士に相談の上でキチンとした書面を作成しておくと、後々も問題なく生活できると思います。


◆解決事例
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・養育費回収のための強制執行をストップさせた
・子供を認知させた
・養育費を満額支払わせた
・DVや不貞の慰謝料として数百万円の支払を実現した

上記事例はほんの一例ですが、例えば離婚後、依頼人である元夫に突然裁判所から通知が届き、強制執行で給与を差し押さえられてしまったというご相談がありました。
元妻は、公正証書で取り決めた養育費が支払われていないという理由で強行手段に及んだようです。
しかし、依頼人は公正証書を作成した記憶がないということでした。
公正証書に記載された支払条件が曖昧であることや、突然の給与の差押えにより依頼者の生活が困難になることを主張することなどにより、強制執行を止め、支払う養育費も大幅に減額できました。

これまでの経験から公正証書や裁判所に提出する関連書類については熟知しているので、そうした対応も可能なのです。
離婚には公証役場や裁判所への対応も不可避ですから、私にご依頼いただければ、手続面でも漏れのない対応が可能です。
安心してお任せください。


◆「おかしいな」と思ったらまずは弁護士へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・不貞の慰謝料を請求したいが証拠がない
・DNA鑑定を拒否されたが子供を認知してほしい
・突然音信不通になり養育費を払ってもらえない

離婚や男女問題は相手方の理不尽な対応で、突然生活が困窮するといったケースも珍しくありません。
理不尽な対応というのは、多くの場合、法律的に見れば対処可能であり是正する途があることが多いのです。
ですから、離婚・男女問題でおかしなことがあればまずは弁護士にご相談ください。
私は行政経験があるため、公的なサポートについてももれなくアドバイスが可能です。

離婚・男女問題分野での相談内容

争点・交渉テーマ(男女問題)

  • 不倫・浮気
  • ダブル不倫
  • 婚約破棄
  • 中絶
  • 子の認知
  • 婚外の妊娠問題

離婚原因

  • DV・暴力
  • 性格の不一致
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を渡さない
  • 借金・浪費癖
  • 親族関係
  • 悪意の遺棄
  • 育児放棄
  • 異性関係(不貞等)

あなたの配偶者の状況

  • 行方不明・音信不通

争点・交渉テーマ(離婚問題)

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用(別居中の生活費など)
  • 離婚の慰謝料
  • 離婚すること自体

段階や依頼したい内容

  • 調停
  • 審判
  • 裁判
  • 内容証明・手続き書類の作成
  • 協議・交渉

あなたの特徴

  • 20年以上の婚姻期間
  • 内縁関係
  • LGBT・同性婚
  • 慰謝料請求したい側
  • 慰謝料請求された側
  • 有責配偶者

どんな事務所ですか?

落ち着いた雰囲気の相談スペース
◆好立地に加えITを活用し、全国からの相談に対応
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 当事務所は熱意を持った若手弁護士2名により令和3年1月に設立された共同事務所です。
 様々なお困り事に対し、各自の持ち味を活かしフットワーク軽く対応します。
 相談から解決まで一貫して分かりやすい説明と綿密なコミュニケーションを心がけます。
 気軽に相談できる雰囲気の事務所づくりに努め、親しみやすい事務所を目指します。
 容易にアクセスしていただけるよう福岡市営地下鉄天神駅より徒歩5分、『ノース天神』の向かい側に位置しております。
 また、遠方の方でも気軽に相談できるようにZoom等を活用したオンライン面談やLINEによる相談対応等を行い、心理的距離を感じさせない対応を目指しております。

◆アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━
福岡市営地下鉄「天神」駅5分
〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神3-16-17
イエローベース天神603
尾畠・山室法律事務所

公式ホームページ
https://ohyt-law.jp/


◆お問合せをお考えの方へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【重要】必ず事前にお読みください。

1 お問合せにより、法律相談のお申込みを行うことができます。
  概要をお聞きした上、相談をお受けする場合は、相談の日程調整をさせていただきます。
  来所による相談の場合は来所時にご相談料をお支払いいただきます。
  電話やZoomなど遠隔相談の場合は、事前に相談時間を見積もった上、これに基づいて計算した相談料を予めお振込いただくことになります。
  なお、弊所には複数の弁護士が所属していますので、当職をご希望の場合は必ず「尾畠弁護士への相談を希望する」とお伝えください。

2 初回のお電話では、そのまま法律相談をしたり、お困りごとに対して具体的なアドバイスをその電話口で受けることはできません。「今すぐこの電話で相談したい」というご要望については、例外なく、一切お応えできません。お急ぎの方は他の弁護士にご相談ください。

3 下記の【相談できない事例】に該当する場合は、相談できません。お問合せいただいたとしても、一切対応できませんのでご了承ください。
  お問合せ前に必ず、ご自信のお聞きになりたいことが【相談できない事例】に該当しないかをご確認ください。

4 お問合せの前に料金表を必ずご確認ください。

5 メールによるお問合せの方がスムーズに対応することができますので、メールによるお問合せをお勧めいたします。

6 電話での初回お問合せの際、弁護士が不在の場合に折返しの連絡を希望された場合であっても、確実な折返しは一切約束できません。
  「◯時ころに折り返して欲しい」、「明日◯時から◯時の間に折り返して欲しい」などの希望に対して、電話口で対応した者が「その旨弁護士に伝えておきます。」などとお伝えすることがあったとしても、確実な折り返しは一切約束できません。電話口で対応した者が、弁護士からの確実な折り返しをお約束することはありません。
  お急ぎの場合は他の弁護士にお問合せください。

7 法テラスは利用できません。法テラス利用による依頼を前提としたご相談は一切お受けできません。

8 法律相談を目的としない営業電話には一切対応しません。


◆【相談できない事例】
━━━━━━━━━━━━━━━━━

1 無料で相談したい(例外はありません。全ての相談は有料となります。遠隔の場合は、ご相談申込をいただいた後、相談に要する時間を見積もった上、事前に相談料のご送金をいただいた後の対応となります。)

2 法テラスを利用したい(法テラスは利用不可です。例外はありません。法テラスの利用でのご依頼を前提としたご相談は一切できません。例えば生活保護受給中であるなど、法テラスを利用する以外には弁護士費用の工面が困難である方からのご相談は、恐縮ながら一切お受けすることができません。)

3 ①交通違反の反則金や違反点数、交通違反の行政処分の有無や軽重の予想をしたい、②交通違反の行政処分を回避したい、③交通違反の反則金や違反点数に関する行政処分に対する不服申立て、取消訴訟をしたいという相談

4 確定した罰金、懲役等の刑事罰への対応(再審等)の相談

5 年金・生活保護等の減額、返還請求等の回避、不服審査、取消訴訟等

6 医療・介護等に関する賠償請求等の相談(専門外です。)

7 警察署・拘置所・刑務所等に逮捕・勾留・収監等されたこと自体又はこれらの手続に関連付随する事柄に対して賠償等を求めたいという相談(専門外です。)

8 精神病院等への措置入院・医療保護入院、シェルター、児童相談所等での保護その他福祉・公益的な観点からなされる身体の拘束・留置等をされたこと自体又はこれらの手続に関連付随する事柄に対して賠償等を求めたいという相談(専門外です。)

9 福祉、税金、離婚、相続等の制度、不服申立てや訴訟等の制度に関する一般的な事項や、特定の法律の解釈に関する質問・相談

10 相手方に「謝罪させたい」「納得がいくまで説明させたい」など、法的根拠がないことの要求をしたいという相談
 
11 「初回の電話口で今すぐそのまま相談したい」「今から相手方と話合い・協議等をしに行くが、どのように対応したらよいか」、「明日裁判があるが、どのような書面を提出すればよいか、法廷でどのような対応をすれば良いか」など、緊急性が高い反面、有効適切なアドバイスができない相談

12 「弁護士に依頼するつもりはないが、今自分で行っている交渉や裁判に対して今後どのように対応すればよいかについて、悩み事がある都度、断続的に相談したい」という相談

13 その他、①性質上法律相談になじまない、②法律相談による解決可能性がない又は③ご依頼可能性がないと判断される質問・相談

14 法律相談を目的としない営業電話には一切対応しません。

事務所の特徴

  • 近隣駐車場あり
  • 子連れ相談可
電話でお問い合わせ
050-7587-2603
定休日

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。