ひご のぞみ

比護 望弁護士

明日の望法律事務所

栄駅

愛知県名古屋市中区錦3-11-25 アーク栄錦ニュービジネスビル719
対応体制
  • 法テラス利用可
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • メール相談可
注意補足

メールによる予約可

【栄駅徒歩5分】【初回面談無料】「何かあったらまた相談したい」と思って頂ける弁護士を目指しています。借金問題/離婚問題/交通事故/相続問題/不動産問題など、幅広く対応可能。【当日/夜間/休日対応可能】法律トラブルでお悩みの方は、お気軽にご相談下さい。

どんな弁護士ですか?

◆ メッセージ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
全てのご相談、ご依頼は、当事務所のオーナーである私・弁護士比護望 自身が直接、対応、担当します。
ですから、大規模事務所の場合のように、どの弁護士が担当になるか分からない、というご心配は、一切ありません。
ご相談、ご依頼には、もしも自分の身内の事だったらという親身な思いで対応させて頂き「何かあったらまた相談したい」、「自分の知人や友人にも安心して紹介できる」と思って頂ける弁護士を目指しています。
安心してご相談ください。


◆ 学歴
━━━━━━━━━━━━━━━━━
1977年3月 名古屋市立 菊里高校 卒業
1983年3月 名古屋大学 法学部 卒業
1993年3月 司法研修所 卒業


◆ 職歴
━━━━━━━━━━━━━━━━━
1983年4月 名古屋市職員 採用
1993年4月 弁護士登録 中村法律事務所
2012年4月 あいち明日の望・比護法律事務所 開業


◆ メディア掲載
━━━━━━━━━━━━━━━━━
2010年8月 NHKの「おはよう日本」で弁護士ドットコムに関する私への取材インタビューが放映されました。
2010年9月 NHKの「追跡AtoZ」で弁護士ドットコムに関する私への取材インタビューが放映されました。
2010年12月 共同通信社の取材を受け、弁護士ドットコムに関する私のコメントがその後、配信された新聞に掲載されました。
2012年6月 テレビ朝日の電話取材を受けて、報道番組で放映
2012年7月 FMラジオ「夕焼けシャトル」のコーナーに電話で生出演


◆ 人となり
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・好きな言葉:誠実
・好きな映画:となりのトトロ
・好きなペット:犬

どんな事務所ですか?

◆ アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇電車でお越しの方
◯地下鉄「栄駅」1番出口から徒歩5分
1番出口をそのまま直進し、最初の角を左に曲がり、直進すれば(交差する道路を3回越えれば)、道路(本重町通)の右側(北側)にビルがあります。
交差道路の3回目の角に「リカーマウンテン」があるのでそのすぐ先です。

◇住所
愛知県名古屋市中区錦3-11-25 アーク栄錦ニュービジネスビル719

事務所の特徴

  • 完全個室で相談

こんな相談ならお任せください

◆ 借金・債務整理
━━━━━━━━━━━━━━━━━
サラ金、クレジットによる借金、債務でお困りの方は、ご依頼があれば、直ちに債権者宛に通知を出して、皆様が直接、請求を受けないようにします。
そして、「自己破産」、「個人再生」、「債務整理」など、皆様の状況に最も適した方法で対処いたします。
「自己破産」は免責決定を得て、債務の返済をしなくて済むようにする方法です。(但し、一定額以上の財産がある場合などには、一部の返済が必要になる場合があります。)
「個人再生」は、大まかに言って負債額の5分の1の金額(但し、最低額は100万円であり、それ以上の資産があれば、その資産額が最低額となります。)を原則3年間(但し、収入などの事情によっては5年間まで延長可)で返済する手続きです。住宅ローンを組んでいる場合でも、住宅ローンをカットせずに支払えば、マイホームを手放さなくても済みます。
「債務整理」は、裁判所の手続きを利用することなく、通例、利息制限法で引き直した残元金を、返済可能な財源の範囲内で分割払いする合意を各債権者との間で取り交わす手続きです。
借入期間の長い人は、利息制限法により計算しなおすと、払い過ぎになっていることがありますので、過払金を取り返すことができ、その結果、自己破産をしなくても済むことがあります。
弁護士費用は、分割払いで結構です。過払金が回収できたら、そこから充てること(後払い)もできます。
ですから、今、お手元に弁護士費用に充てられるお金がない方でも、ご依頼を受けることは可能ですので、今すぐご相談ください。


◆ 離婚・男女問題
━━━━━━━━━━━━━━━━━
離婚にあたっては、離婚に至るまでの生活費(婚姻費用)の負担、子供の親権者、養育費、面会交流、財産分与、年金分割、慰謝料の問題、手続の選択(協議離婚、調停離婚、裁判離婚)、協議離婚の場合の金銭給付確保のための公正証書作成、裁判離婚に備えた証拠の収集、評価など多岐にわたる重要な事項への対応が必要になりますので、早めのご相談をお勧め致します。


◆ 交通事故
━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成5年に弁護士登録し、公益財団法人日弁連交通事故相談センターの嘱託弁護士を長年継続し、交通事故の被害者の損害賠償示談交渉、後遺障害等級認定の異議申立、損害賠償請求訴訟に携わっております。
弁護士費用特約のご利用も大歓迎です(損害の軽微な事案、後遺障害に該当しない事案、後遺障害14級の事案でも積極的に対応致します)。


◆ 相続・遺言
━━━━━━━━━━━━━━━━━
遺産分割では、遺産の存否、有効性の調査検討、特別受益の反映(生前贈与等を受けていた相続人がある場合の相続分の調整)、寄与分の反映(療養看護に特別の寄与をした相続人や遺産の増加・減少防止に特別の寄与をした相続人がある場合の相続分の調整)、生前又は死後に無断で引き出された預貯金等の不当利得返還請求、遺言や生前贈与がある場合に遺留分(最低限、確保されるべき相続分で例えば配偶者、子の場合、本来の法定相続分の2分の1)を侵害された相続人の遺留分減殺請求権の行使(減殺すべき遺贈等を知ってから1年以内に行使の意思表示が必要)などの多岐にわたる事項を考慮しなければならないことがありますので、早い段階で弁護士の相談を受けることをお勧めします。


◆ 不動産・住まい
━━━━━━━━━━━━━━━━━
賃料滞納のある賃貸物件の明渡、老朽化した借家の明渡、残置物放置の借家の明渡など不動産賃貸に関わる紛争に積極的に対応致します。
訴訟前の通告、訴訟はもちろん建物明渡の強制執行の実務、コストをふまえたすぐに役立つ現実的な対応、解決策をご提案致します。
電話でお問い合わせ
052-228-7735
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。