ありもり ふみあき

有森 文昭弁護士

有森FA法律事務所

赤坂駅

東京都港区赤坂2-21-4 天翔オフィス赤坂ANNEX313

対応体制

  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • ビデオ面談可

注意補足

東京近郊に限りますが、ご相談者様方への出張相談もお受けしております(別途出張代が発生します。)。 また、ご相談料は、ご相談分野毎に異なります。 お気軽にお問合せください。

労働・雇用

【赤坂駅・溜池山王駅徒歩5分】【企業側】「問題のある従業員を解雇したい」などに対応できます。会社への影響なども考慮し、最善の解決策を目指します【従業員側】残業代の請求、不当解雇などご相談ください。「セクハラ」「パワハラ」についても対応。

有森 文昭弁護士の労働・雇用分野での強み

◆【企業側】【従業員側】からのご相談に対応できます
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【企業側】
「不正を働いた従業員を懲戒したい」
「問題のあるスタッフを解雇したい」
「従業員解雇にはどんな手続きが必要なのかわからない」
「人事労務の円滑化のため、就業規則等の規程を整備したい」


【従業員側】
「不当に解雇されてしまった」
「残業代が支払われない」
「労災が認められない」

インターネットの発達により、現代社会は使用者と従業員を取り巻く環境が急激に変化しました。
スマホで簡単に情報が手に入るので、従業員側も「法令に違反しているのではないか」「正当な権利を受けられていない」と考え、トラブルに発展するケースが増えています。

有森FA法律事務所は、企業側と従業員側の双方について、労働問題やトラブルのご相談が対応可能です。
特に、企業側の対応実績は多数あり、就業規則を含む様々な規程作りのご相談などにも対応できます。
経験に基づく幅広い解決策を提示できるのが強みです。


◆【企業側】解雇無効の訴えを穏便に解決した事例
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【相談前の状況】
中小企業の社長から相談を受けました。
社長が従業員と「喧嘩し解雇」したところ、従業員から「解雇は無効」との主張がありました。

【解決方法】
今回の事例では、会社に就業規則がありませんでした。
私は「喧嘩の原因」について労働者側の立場も踏まえて粘り強く交渉しました。労働者側の立場を踏まえた理由は、一方的に会社の主張だけを伝えても労働者からの反発があるだけであり、交渉がうまくいかないことが予想されたためです。
結果、依頼者の企業側は、従業員に退職金を払わずに、穏便に解決することができました。
何度も会社と打ち合わせし「会社にとって最良の結果」を実現できたケースです。


◆【従業員側】解雇を回避し人事異動で着地させた事例
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【相談前の状況】
能力不足を理由に解雇をされた従業員から相談を受けました。
労働契約法16条によると、不当な解雇は無効になりますので、解雇が不当といえるかどうかが問題でした。

【解決方法】
能力不足を理由にした従業員の解雇は、以下のポイントが重要になります。

・能力不足に関する具体的な事情が説明できるか
・解雇に至る具体的な経緯が説明できるか
・従業員への指導があったか。内容は説明できるか
・「就業規則」や「雇用契約書」があるか

解雇の理由が不当だと考えられたので、納得できるまで会社側と話し合いをしました。
その間、依頼者と密にコミュニケーションをし、会社側との話し合いの方針を調整していきました。
最終的に、会社側に解雇を撤回させ、人事異動に対応する形で解決しました。


◆セクハラ・パワハラ被害が認められた場合は?
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「セクハラの被害が人事部によせられ、対応に困っている」
「パワハラ被害の申告があった」
「セクハラ、パワハラ被害が認められた場合、どう対応すればいいかわからない」

セクハラ、パワハラ被害の申告が人事担当者によせられた場合、厚生労働省による「セクハラ防止指針」「パワハラ防止指針」等を踏まえた対応を行う必要があります。


有森FA法律事務所は、セクハラ・パワハラ被害が認められた場合の企業様のサポートを行なっています。
ハラスメントの問題は、最初の行動が肝心です。
休日、夜間も対応可能なのでご相談ください。


◆企業、個人の労働問題をスピーディーに解決
━━━━━━━━━━━━━━━━━
有森FA法律事務所は、企業、個人の労働問題をスピーディーに解決します。

会社で労働問題が発生した場合、悪い評判が拡散してしまうリスクがあります。
放置すると、会社のイメージだけではなく、雇用などさまざまな部分に悪影響が出てしまうでしょう。

・労働問題が会社にどんな影響を与えるのか
・どんな評判が立ってしまうのか
・どういう流れで解決をすれば会社にとって良いのか

を経験と知識をベースにアドバイスします。

他方、従業員は弱い立場にあり、労働問題があった場合、従業員ひとりでは戦うことができません。

有森FA法律事務所は、企業の労働問題、個人の労働問題をそれぞれ解決しているので、双方の経験を活かしたアドバイスとサポートが可能です。
労働問題・トラブルの予防策セクハラ・パワハラ問題にお困りの方はお気軽にご相談ください。

労働・雇用分野での相談内容

問題・争点の種類

  • セクハラ・パワハラ
  • 不当な労働条件
  • 不当解雇・雇い止め・更新拒否
  • 内定取消
  • 労災
  • 長時間労働・過労死
  • マタハラ・産休・育休
  • 不当な退職勧奨
  • 事故の使用者責任
  • 労働・雇用契約違反
  • 安全配慮義務違反
  • 退職理由(自己都合・会社都合)
  • 業務上過失・損害賠償

相談・依頼したい内容

  • 未払い残業代請求
  • 労災の損害賠償請求
  • 未払い給与請求
  • 労災保険申請
  • 内部告発保護
  • 退職代行
  • 未払い退職金請求
  • 不当解雇の慰謝料請求

あなたの特徴

  • 公務員
  • アルバイト・パート
  • 派遣社員
  • 正社員・契約社員
  • 業務委託契約
  • 経営者・会社側
  • 個人事業主・フリーランス

どんな事務所ですか?

◆事務所の特徴
━━━━━━━━━━━━━━━━━
有森FA法律事務所は、代表弁護士の有森文昭が都内法律事務所での勤務を経て開設した事務所です。
中小企業からの依頼が多く「輸入トラブル」「税関対応」「労働問題」を中心に企業法務に注力しています。
専門性をベースにビジネス感覚も備えた良質なリーガルサービスを提供できるよう、日々学びを深めています。


◆理念
━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
有森FA法律事務所は、依頼者の最良のパートナーを目指しています。

「会社のビジネスを有森FA法律事務所とともに進めていきたい」という信頼を寄せられる法律事務所でありたいと思い、日々努力を怠りません。


◆ホームページ
━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
・事務所ホームページ
https://aog-partners.com/

・インターネットトラブル特化サイト
https://aog-partners.com/nettrouble/


◆アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京メトロ千代田線「赤坂」駅 徒歩5分
東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅 徒歩5分

【住所】
東京都港区赤坂2-21-4 天翔オフィス赤坂ANNEX 313号室

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • 近隣駐車場あり
  • 子連れ相談可
電話でお問い合わせ
050-7586-4302
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。