いしばし ちあき

石橋 千明弁護士

銀座エール法律事務所

東銀座駅

東京都中央区銀座8-14-12 銀座第一ビル7階

対応体制

  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • メール相談可

注意補足

【メール24時間受付】ご依頼いただく場合、相談料は頂戴しません。※休日と夜間面談は事前予約が必要です。

相続・遺言

【東銀座駅徒歩6分】後悔が残らない相続にするために。遺産分割/遺留分/使い込み/相続放棄など相続を細かい争点までトータルサポート。次世代にわだかまりを残さない遺言書作成もお手伝いします。お気軽にご相談ください。

石橋 千明弁護士の相続・遺言分野での強み

◆遺産分割の調査から交渉までお任せください
━━━━━━━━━━━━━━━━━
相続トラブルは、被相続人と相続人の関係性、それぞれが抱いている想いも違うため、主張が食い違ったしまった際の溝を埋めるのが難しい問題です。
私は相続人の皆さんがそれぞれ何を求めていて、何を求めていないのかを明確にし、依頼者様の譲れない部分と照らし条件の落とし所をつけて解決へ導きます。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:
相続問題を弁護士に依頼するメリット
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:
・財産調査と相続人調査を依頼できる
・手続きのための書面作成を任せられる
・相続人と直接やり取りしなくて済むので精神的負担が軽くなる

私の父親も相続問題で辛い思いをしていたため、依頼者様の気持ちが痛いほど分かります。
相続でお悩みの方は、当事務所にご相談ください。


◆遺産分割調停で不利にならないために
━━━━━━━━━━━━━━━━━
遺産分割調停は、第三者である調停委員が介入し、調停委員が意見をまとめて結論を出す場のことです。
調停委員は法律の専門家ではないため、必ずしもあなたの話を親身に聞くとは限らず、誰かの利益に偏った結論を出すこともあります。
私にお任せください。
依頼者が受けるべき権利を主張することができます。
遺留分や寄与分などの主張も、できる限り希望に添えるように対応いたします。


◆相続放棄・限定承認は3ヶ月以内に!3か月経過後もご相談を!
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【相続放棄の特徴】
◯負の遺産も正の遺産も相続できない
◯限定承認より手続きが簡単
◯単独で申し立て可能だが、他の相続人に相続順位が移転してしまう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【限定承認の特徴】
◯残したい財産だけをもらえるのがメリット
◯手続きが複雑
◯相続人全員共同で申述する必要あり
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

限定承認は、被相続人の財産の内で残したい財産の額だけ借金を返済し、余った財産を相続する手続きです。
どうしても相続財産のなかに必要な物がある場合に向きます。

相続放棄、限定承認、ともに相続を知ってから3ヶ月以内に手続きをするという期限があります。
ただし、3か月期間経過後であっても相続放棄できる場合があり、相続放棄が認められた実績もありますので、あきらめずにご相談ください。
ご自身にどの手続が向いているか、どのように進めていくかなど初回相談でお話いたします。


◆使い込みが発覚したらすぐにご相談を
━━━━━━━━━━━━━━━━━
使い込みの立証のためには、預貯金通帳や取引履歴、介護認定資料、病院のカルテなどが有効です。
医療関係資料は、一定期間で廃棄されるため、早めの対応が必要です。

使い込みは相続開始から5年、使い込みから10年が時効です。
お早めにご相談ください。

<使い込みを疑われた方へ>
正当な理由なく使い込みをした場合は、返還しなければなりません。
被相続人の利益のために使った場合は、証拠を用意し、納得してもらえるよう合理的な説明が求められます。
弁護士が対処法についてお話いたしますので、気軽にご相談ください。


◆争点になりやすい不動産相続
━━━━━━━━━━━━━━━━━
収益物件や土地などの不動産は、実物財産で物理的に分けることができないので、揉めやすい傾向です。
ご依頼いただければ、それぞれの相続人の意向を汲み取り、納得のいく手続きをご提案いたします。


◆トラブル防止のための遺言書作成
━━━━━━━━━━━━━━━━━
遺言書があることで、相続人は被相続人の意向を汲んで揉めることなく相続ができます。
しかし、下記のような場合には遺言書が無効になることもあります。

◯相続人が最低限受け取れる財産である遺留分を無視していた場合
◯自筆証書の場合、すべて自分が書いていなかった場合
◯第三者からの強要があった場合 など

遺言書作成にあたっては、法的に有効な遺言を作成することが大前提です。
弁護士に依頼することで、依頼者様の意向を汲み取りながら、不備のない遺言書作成をすることができます。

相続・遺言分野での相談内容

問題・争点の種類

  • 遺言
  • 遺産分割
  • 相続放棄・限定承認
  • 成年後見(生前の財産管理)
  • 遺留分の請求・放棄
  • 特別寄与料制度
  • 生前贈与の問題
  • 兄弟・親族間トラブル
  • 配偶者居住権
  • 認知症・意思疎通不能

相談・依頼したい内容(全般・その他)

  • 遺留分侵害額請求
  • 後見人
  • 相続人の調査・確定
  • 相続財産の調査・鑑定
  • 故人の銀行口座の凍結・解除
  • 相続や放棄の手続き
  • 家族信託
  • 相続の揉め事の対応・代理交渉
  • 相続税等を考慮した問題解決・アドバイス

相談・依頼したい内容(遺産分割)

  • 協議
  • 調停
  • 遺産分割協議書の作成
  • 遺産分割調停の申立・代理

相談・依頼したい内容(遺言)

  • 遺言の書き直し・やり直し
  • 遺言の真偽鑑定・遺言無効
  • 自筆証書遺言の作成
  • 公正証書遺言の作成
  • 遺言執行者の選任

遺産の種類

  • 不動産・土地の相続
  • 会社の相続・事業承継
  • 借金・負債の相続
  • 株式・売掛金等の債権の相続
  • 著作権・特許権の相続

どんな事務所ですか?

◆守られにくい個人の権利を守ります
━━━━━━━━━━━━━━━━━
使用者側と従業員では力の差があるように、さまざまな社会関係のなかで守られにくい立場の方がいらっしゃいます。
そのような不利な立場に置かれた方の権利が侵害されないよう、全力で粘り強くサポートすることが弁護士の使命だと思います。


◆相手の主張を聞くことも大切です
━━━━━━━━━━━━━━━━━
法律トラブルは、相手方と自身との間で主張が食い違ったり、解決する上での条件について折り合わなかったりすることが大半です。
主張が食い違っているのにもかかわらず、問題を穏便に解決するには相手の納得が得られることが大切なのです。
しかし、妥協してばかりではこちらの受け取るべき権利がおざなりになります。
いかにこちらの主張を通しつつ、相手を納得させるのかが肝心です。
私はこの肝心な部分を常に考えながら弁護活動を行っております。


◆アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇電車でお越しの方
東京メトロ日比谷線・都営浅草線「東銀座駅」徒歩6分
JR線・銀座線・都営浅草線「新橋駅」徒歩8分
都営大江戸線・ゆりかもめ「汐留駅」徒歩7分
都営大江戸線「築地市場駅」徒歩6分
丸の内線・銀座線・日比谷線「銀座駅」徒歩10分

◇車でお越しの方
首都高速汐留出口すぐ
駐車場は近隣のコインパーキングをご利用下さい。

◇住所
東京都中央区銀座8-14-12 銀座第一ビル7階

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
  • 近隣駐車場あり
  • 子連れ相談可
電話でお問い合わせ
050-7586-8515
定休日

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。