なめき たけとし

行木 武利弁護士

弁護士法人日の出

四谷三丁目駅

東京都新宿区四谷3-13-7 三栄ビル4階A
注力分野
対応体制
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • メール相談可
注意補足

現在、新規のご相談は借金・債務整理のみお受けしています。債務整理以外の相談は相談料5,500円(1時間当たり)。

借金・債務整理

取扱事例1

  • 過払い金請求

過払金請求で400万円の借金が0円になり160万円手元に残った事例

依頼者:シングルマザー

離婚をして、子供を1人で育てているシングルマザーからのご依頼でした。生活費や教育費等を借入れにより補てんし、借入れ総額が4社で400万円になっていました。毎月の返済は滞りなくしていましたが、今後のことを考え、月々の返済額を抑えたいとのご希望でした。
当弁護士が借入れ状況を調査し、法定利率で再計算を行ったところ、2社で合計300万円近い過払金が発生しており、他の2社についても合計で70万円程度の減額になることがわかりました。結果、回収した過払金を残った2社の返済に充て、借金が0円になりました。さらに、残額返済後の過払金160万円程度がお手元に残りました。

取扱事例2

  • 任意整理

任意整理をして毎月の支払額を約3万円減額、延滞金及び利息を0円にできた事例

依頼者:30代男性

離職し、再就職までの間の生活費や、再就職後に収入が減少したため、その返済や生活費の補填を借金により行っていた30代の男性からのご依頼でした。依頼時は、決められた返済額を支払うことができず、数ヶ月間に渡り延滞している債権者もありました。
 定期的な収入があることや、任意に返済していきたいとの本人の希望もあり、任意整理の手続きを行いました。債権者4社と根気強く交渉し、月々の返済額を6万5000円にし、延滞金及び利息をカットしての和解になりました。

取扱事例3

  • 個人再生

個人再生により借金を530万円から106万円に減額、毎月の支払額も9万円減額、金利0円にできた事例

収入の減少、勤務先の倒産等の理由で、十数年間、借金により生活費の補てんを繰り返し、気がつけば530万円を超える借金を負ってしまった妻子のいる男性からのご依頼でした。住宅ローンも滞納寸前な状況でした。
当弁護士が住宅資金特別条項を付した個人再生手続を申立て、住宅ローンは、月々返済可能な範囲のリスケジュールを行い、530万円の借金は106万円に大幅減額し、それを分割して支払うことで、安定した生活に戻ることができました。

取扱事例4

  • 自己破産

自己破産により600万円の借金を0円にできた事例

体調不良を契機に、収入が減少し、借金により、生活費や治療費の補填を繰り返し、総額約600万円の借金を抱えている妻子ある男性からのご依頼でした。
奥さんがパート等で家計を手助けしているものの、任意に返済していく余力はなかった為、自己破産手続きを申立て、裁判所の免責決定を経て、600万円の借金の全額が免責されました。

取扱事例5

  • 自己破産

自己破産により940万円の借金を0円にできた事例

依頼者:40代男性

以前勤めていた会社で取引先との接待が必須だったため、飲食代や交際費に充てるため借金をしていました。
子供が大きくなり、学費を借入しようとトータルの借金額を計算したところ、相当な金額を借入していることが分かりパニックに。
何とか支払いを続けていましたが、とうとう首が回らなくなり、弁護士に相談することにしました・破産をすると車や財産すべてをばなさなければいけないと思っていたので破産は考えていませんでしたが、財産の価値によっては持ち続けることができるかもしれないと提案を受け、依頼しました。
結果、車を持ち続けることが出来る可能性が高いことが分かり「同時廃止」で早期解決することができました。

取扱事例6

  • 自己破産

自己破産により2400万円の借金が0円にできた事例

依頼者:50代女性

子供が独り立ちするまで何とかやりとりを続けていましたが、クレジットカードの審査に落ちてしまい、返済を続けていくことが難しくなりました。
不動産を持っていたため、破産するとしても手続きが難解になるのではないかと思い、踏ん切りがなかなかつきませんでしたが、相談することになりました。不動産売却についてもアドバイスいただき安心して依頼することができました。

取扱事例7

  • 法人破産

法人破産で7000万円の借金が0円にできた事例

依頼者:60代男性

売上悪化のため、資金繰りが厳しくなりました。
赤字ではあるものの固定収入が入っていたため何とか営業を続けようと家族から借金をして運営を続けていました。
返済を続けることが難しくなり、このままでは家族も崩壊してしまうと思い破産を決意しました。
私自身も負債を持っていたので同時に破産手続きをお願いし、申立までの間生活収支等細かく指導いただき、破産後の将来設計についても考える良いきっかけとなりました。
無事に事件も解決し、家族と一緒に人生の再スタートをしています。
電話でお問い合わせ
050-7586-9074
定休日

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。