たかしま ゆういちろう

高島 雄一郎弁護士

登大路総合法律事務所

近鉄奈良駅

奈良県奈良市登大路町5 修徳ビル1階

対応体制

  • 法テラス利用可
  • 分割払い利用可
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • ビデオ面談可

注意補足

土日祝・夜間も対応可能(要事前予約)急なご依頼にもできる限り対応いたします。法テラスの利用で同一相談3回まで無料。【昼休み無料電話相談を実施(月水金のみ)】【オンライン相談可】【全国出張対応】

相続・遺言

取扱事例1

  • 遺産分割

遺産分割関連の案件

依頼者:50代男性

【相談前】
依頼者さまの居宅が亡くなった被相続人の名義のままになっており、被相続人に先妻の子、後妻の子が複数いたため、名義変更をするためにはどうしたらいいのかというご相談をいただきました。

【相談後】
まずは私のほうで相続人が誰であるのか、相続財産は何があるのか、相続財産(特に不動産)の価値はどのくらいであるのかを調査しました。
その上で、他の相続人に対して連絡をし、居宅の名義変更手続き等に協力をしてもらえるよう交渉をしました。
その結果、依頼者さまの金銭負担が少なく済む形で、名義変更手続き等に応じてもらうことが出来ました。

【弁護士からのコメント】
相続人の調査、相続財産の価格の算出、他の相続人との交渉は、専門技術的な判断が重要になってくるでしょう。

取扱事例2

  • 相続放棄

相続放棄の案件

依頼者:20代女性

【相談前】
依頼者さまのお父様とお母様は昔に離婚をし、依頼者さまはお母様とともに長年暮らしていたところ、最近になって連絡を取っていなかったお父様が亡くなられたことと、亡くなる前に多額の借金をしていたことを知り、どうしたらいいのかというご相談をいただきました。

【相談後】
両親が離婚をしていても、親子の関係が切れるわけではないので、やはり依頼者さまはお父様の相続人となります。
しかし、適切な期間内であれば、相続放棄をすることで、借金などを相続せずに済む場合があります。
依頼者さまも、早急に相続放棄をすることで、借金の返済を求められずに済むことが出来ました。

【弁護士からのコメント】
相続放棄は期間制限がありますので、お早めの相談をお勧め致します。
電話でお問い合わせ
050-7587-0154
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。