うえの じんぺい

上野 仁平弁護士

高野隆法律事務所

秋葉原駅

東京都千代田区神田佐久間町2-7 第6東ビル901

対応体制

  • 分割払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • メール相談可
  • ビデオ面談可

注意補足

【定休日なし】土日祝は9:30~19:00まで対応可能です。お困りでしたらすぐご相談ください。

労働・雇用

【秋葉原駅徒歩1分】【交渉に強い】残業代未払い請求/不当解雇・雇い止め/労災事故など、あなたの権利を守るため、迅速・的確に対応!残業代請求には時効があります!実績豊富な私にご相談ください!【セカンドオピニオン可】

上野 仁平弁護士の労働・雇用分野での強み

◆残業代を受け取れるか、初回面談で回答
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「残業代をもらわないまま退職してしまった」
「入社時に残業代は出ないと言われた」
「管理職になり残業代が支払われなくなった」
「残業代を請求したいが、提示できる証拠がない」

このようなお悩みをお持ち方は、ぜひご相談ください。
残業代を受け取れる可能性があるかどうか、面談時にお答えさせていただきます。
まだ諦めないでください。


◆残業代未払い請求の時効は3年
━━━━━━━━━━━━━━━━━
残業代の未払い請求の時効は、3年です。
時効が切れる前に、お早めにご相談ください。
早期に証拠を集め、準備を進めていきましょう。

<請求にあたり準備したいもの>
●雇用契約書
●残業していた事実を証明するもの 
●タイムカード
●車のタコメーター(運送業やドライバーの方)
●業務中のメール送受信履歴
●交通系ICカードの利用履歴
●給与明細書 など

場合によっては、残業時間や残業していた事実を証明することは難しいことがあります。
しかし、だからといって諦める必要はありません。
タイムカードがなかったとしても、業務メールの送信時間やタクシーの領収書などで証明できるケースもあります。
残業していた事実についても、上司からの残業指示や、メールの内容で判断することができることがあります。相談を受けた時点で、有益な証拠収集をアドバイスします。

もし証拠集めができていなかったり、すでに退職してしまっていたりする場合でも一度ご相談ください。
会社に対して開示請求を行い、情報を提示してもらうよう働きかけます。


◆不当解雇は退職届を提出する前にご相談を
━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社の経営不振による整理解雇(リストラ)には、つぎの4つ要素を満たしている必要があります。

●人員削減の必要性がある
●解雇回避の手段を十分に尽くしている
●解雇する人選に合理性がある
●労働者に十分説明したうえで協議・交渉をしている

正当な理由のない不当解雇の場合は、損害賠償の請求や継続雇用を主張することが可能です。
しかし不当に解雇を言い渡されたとしても、退職届を出してしまえば自己都合の扱いとなり「合意のうえ退職した」と見なされてしまいます。
会社は退職届の提出を強制する権利はありませんので、退職届の提出をする前に、弁護士へご相談ください。
あなたの権利を守るため、私が会社と粘り強く交渉いたします。


◆労災事故は交渉によって十分な補償を
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「通勤中にケガをしたが、会社が労災を認めない」
「重傷を負ったが、労災保険の給付が十分ではない」
「後遺障が残ったので、適切な補償を受けたい」

労災事故で重傷を負い労災認定されても、労災保険だけでは十分な補償を受けることはできません。
そこで弁護士が事故状況の調査や、証拠の収集などを進めることによって、慰謝料や損害賠償請求できる可能性があります。
適切な慰謝料の算定や、後遺障害を負った場合の収入補償など、納得のいく解決にむけて尽力いたします。
労災事故で泣き寝入りすることのないよう、ささいなことでも私にご相談ください。

◇労災問題の解決までの流れ
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【1】労災事故発生
警察の捜査が行われた場合、安全配慮義務違反や労働者側の過失相殺の判断基準になるため、事故状況は詳しく伝えましょう。

【2】労災保険給付申請
労災保険の給付を受けるためには、労働基準監督署に申請の手続きをする必要があります。

【3】会社への損害賠償請求
労災事故で会社側に安全配慮義務違反があれば、債務不履行を理由とする民事上の損害賠償請求ができます

【4】裁判手続き
会社との交渉がまとまらなければ、裁判で最終的な賠償金額を争うことになります。


◆「使用者側」のご相談も対応可
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「未払い残業代を請求されて対応に困っている」
「問題社員がいるので退職勧奨したい」
「契約書を作成し、未然にトラブルを防ぎたい」

当事務所では、このような使用者側の相談にも対応可能です。
とくに顧問弁護士や法務部をもたない中小企業では、法律的観点から十分なリスクヘッジができず、トラブルにつながる可能性が多くあります。
私は顧問弁護士としての多くの実績があり、顧問先企業の皆様からも厚い信頼を頂いております。
労働に関するお困りごとがある事業者さまは、お気軽にご相談ください。

労働・雇用分野での相談内容

問題・争点の種類

  • セクハラ・パワハラ
  • 不当な労働条件
  • 不当解雇・雇い止め・更新拒否
  • 内定取消
  • 労災
  • 長時間労働・過労死
  • マタハラ・産休・育休
  • 不当な退職勧奨
  • 事故の使用者責任
  • 労働・雇用契約違反
  • 安全配慮義務違反
  • 退職理由(自己都合・会社都合)
  • 業務上過失・損害賠償

相談・依頼したい内容

  • 未払い残業代請求
  • 労災の損害賠償請求
  • 未払い給与請求
  • 労災保険申請
  • 内部告発保護
  • 退職代行
  • 未払い退職金請求
  • 不当解雇の慰謝料請求

あなたの特徴

  • 公務員
  • アルバイト・パート
  • 派遣社員
  • 正社員・契約社員
  • 業務委託契約
  • 経営者・会社側
  • 個人事業主・フリーランス

どんな事務所ですか?

◆事務所の取扱い事件
━━━━━━━━━━━━━━━━━
①あらゆる種類の刑事事件に対応します。
裁判員裁判をはじめ、高度な事件、複雑困難な事件を歓迎します。

②使用者・労働者いずれのご相談・ご依頼もお受けします。
労働審判、労働委員会、民事訴訟などの手続の他、団体交渉の代理・付添いなどの交渉案件にも対応します。

③離婚、財産分与、慰謝料請求、子供の親権、面会交流、相続などあらゆるタイプの家族間紛争案件をお受けします。
日本人同士のほか、外国籍の方のご相談・ご依頼にも対応します。

④企業や団体の法律顧問として、日常的な法律相談、契約書のチェック、法令調査や各種意見書の作成などを行っています。


◆ご相談の流れ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
1:電話・メールでご相談の連絡
電話、またはメールよりご相談の連絡をしてください。

2:予約日時・面談についての確認
ご相談いただいた内容を確認し、状況や今後の希望についてお伺いしたうえで、面談させていただきます。
対面でお話しすることもできますし、ご時世的に外出を控えているということもあると思います。
その場合はビデオ面談でお話を聞かせていただくことも可能です。

3:ご来所・ご相談
受付にて予約していただいている旨をお伝え下さい。
また、事前の連絡にて、当日必要な書類についてお伝えいたしますので、ご持参ください。


◆アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京メトロ日比谷線「秋葉原駅」4番出口 徒歩1分
JR線「秋葉原駅」昭和通り口 徒歩3分

当事務所は秋葉原駅より徒歩1分と好アクセスなうえ、下記の警察署が近くにありますので、刑事事件において素早く弁護活動ができます。

○万世橋警察署
○上野警察署
○神田警察署
○中央警察署
○蔵前警察署
○本富士警察署
○神田警察署

このほか、一都六県からのご相談に対応可能ですので、遠方からでもお気軽にお問い合わせください。

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
  • 近隣駐車場あり
  • 子連れ相談可
電話でお問い合わせ
050-7586-5465
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。