うえの じんぺい

上野 仁平弁護士

高野隆法律事務所

秋葉原駅

東京都千代田区神田佐久間町2-7 第6東ビル901

対応体制

  • 分割払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • メール相談可
  • ビデオ面談可

注意補足

【定休日なし】土日祝は9:30~19:00まで対応可能です。お困りでしたらすぐご相談ください。

相続・遺言

【正しい金額で相続を】相続や遺言についてトラブルが起こると、家族同士で争わなければなりません。長期化してしまいやすい問題なので、第三者である弁護士が間に入ることで、冷静にあなたの意見を代弁し、話し合いをスムーズに進め、早期解決を目指します。

上野 仁平弁護士の相続・遺言分野での強み

◆第三者が介入し冷静な話し合い・解決へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「亡くなった方の資産が使い込まれていた」
「知らない間に遺産分割されてしまった」
「遺留分減殺請求をして、本来もらうべき遺産の権利を主張したい」など
このようなお悩みやトラブルはありませんか?

まずは問題のヒアリング後、スムーズに解決に至りやすい案件であれば、協議での解決を目指します。
協議での解決は、コストが低いところや早期解決できるところにメリットがあります。
多くの場合は話し合いがうまくいかず調停になりますが、調停はコストがかかるというデメリットがあります。
相続トラブルはとくに長期化することが多い分野です。
まずは現在の状況や事情をしっかり伺いながら、今後の解決までの道筋をご説明させていただきます。


◆調停時に弁護士をつけるメリット
━━━━━━━━━━━━━━━━━
①親族間の揉め事は感情的になりやすいので、第三者を入ることで冷静に話ができる

②調停手続は弁護士に任せて、精神的負担を軽減

③必要な資料を探して、法律に則った相続手続を進められる

④調停の手続や、調停員を説得するための法律に基づいた文書の作成を依頼できる

もともと家族仲が不仲であると、相続トラブルは起きやすいものです。
コミュニケーションがうまく取れず、相続の話し合いが進まないというケースはとても多い事例です。
そのような際は、弁護士が介入し法的ルールに沿って、お互いの主張を整理することで早期解決へと導きやすくなります。
感情をぶつけ合っても、揉め事は解決しません。
お早めにご相談ください。


◆不動産にまつわる相続
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・誰が家を相続するのか、決着がつかない
・不動産価値の金額について、主張がぶつかっている
・住宅を引き継ぐ人と同じ金額で遺産分割することに納得できない

相続で揉めることが多いのが、土地や住宅についての話し合いです。
お金のように等分して分けることができないため、問題が長期化する傾向にあります。
たとえば、不動産の価値については、固定資産評価額で計算したり、不動産業者と連携して資産価値を出したりして、家屋や土地の金額をすりあわせることで解決を目指します。
今後、どなたが住みたいと思っているのか?
誰も住みたくないのか?
それぞれの当事者の主張を整理しながら、ご依頼者様にとって最善の解決方法を導いてまいります。


◆司法書士と連携
━━━━━━━━━━━━━━━━━
私は司法書士と連携して進めることができます。
不動産の名義変更(相続登記)の手続について、司法書士を改めて探す必要はありません。
ワンストップで依頼することができますので、効率的な問題解決が可能です。


◆無効にならない遺言書を作成しましょう
━━━━━━━━━━━━━━━━━
遺言書には、「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」の2種類があるのをご存知でしょうか。
弁護士の確認がない自筆証書遺言の場合、守らなくはならない書式の漏れが発生してしまい、遺言書としての効力を失ってしまう可能性があります。

<遺言書が無効となる場合>
・遺言書に日付が入っていない
・二重線を引いただけで書き損じを訂正している
・パソコンなどで作成して、印刷しただけで直筆署名がない
・財産の内容が明らかになっていない
・他人の意思の介在が疑われる

遺言書の作成には細かいルールがあり、記載ミスがあると残された親族間で揉めごとになるリスクが高まります。
揉め事が起きにくい内容であなたの意思をしっかり残すためにも、弁護士を介した遺言書作成をおすすめしましています。
お気軽にご相談ください。


◆こんなご相談ならお任せください
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「親の遺産を親族に使い込まれてしまっていた」
「想定していたよりも相続額が少なかった」
「不動産の相続について、話し合いが長期化している」
「無効とならない遺言書を作りたい」
「遺留分侵害額請求をしたい」

※そのほかのご相談も対応いたします。
お気軽にご相談ください。

相続・遺言分野での相談内容

問題・争点の種類

  • 遺言
  • 遺産分割
  • 相続放棄・限定承認
  • 成年後見(生前の財産管理)
  • 遺留分の請求・放棄
  • 特別寄与料制度
  • 生前贈与の問題
  • 兄弟・親族間トラブル
  • 配偶者居住権
  • 認知症・意思疎通不能

相談・依頼したい内容(全般・その他)

  • 遺留分侵害額請求
  • 後見人
  • 相続人の調査・確定
  • 相続財産の調査・鑑定
  • 故人の銀行口座の凍結・解除
  • 相続や放棄の手続き
  • 家族信託
  • 相続の揉め事の対応・代理交渉
  • 相続税等を考慮した問題解決・アドバイス

相談・依頼したい内容(遺産分割)

  • 協議
  • 調停
  • 遺産分割協議書の作成
  • 遺産分割調停の申立・代理

相談・依頼したい内容(遺言)

  • 遺言の書き直し・やり直し
  • 遺言の真偽鑑定・遺言無効
  • 自筆証書遺言の作成
  • 公正証書遺言の作成
  • 遺言執行者の選任

遺産の種類

  • 不動産・土地の相続
  • 会社の相続・事業承継
  • 借金・負債の相続
  • 株式・売掛金等の債権の相続
  • 著作権・特許権の相続

どんな事務所ですか?

◆事務所の取扱い事件
━━━━━━━━━━━━━━━━━
①あらゆる種類の刑事事件に対応します。
裁判員裁判をはじめ、高度な事件、複雑困難な事件を歓迎します。

②使用者・労働者いずれのご相談・ご依頼もお受けします。
労働審判、労働委員会、民事訴訟などの手続の他、団体交渉の代理・付添いなどの交渉案件にも対応します。

③離婚、財産分与、慰謝料請求、子供の親権、面会交流、相続などあらゆるタイプの家族間紛争案件をお受けします。
日本人同士のほか、外国籍の方のご相談・ご依頼にも対応します。

④企業や団体の法律顧問として、日常的な法律相談、契約書のチェック、法令調査や各種意見書の作成などを行っています。


◆ご相談の流れ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
1:電話・メールでご相談の連絡
電話、またはメールよりご相談の連絡をしてください。

2:予約日時・面談についての確認
ご相談いただいた内容を確認し、状況や今後の希望についてお伺いしたうえで、面談させていただきます。
対面でお話しすることもできますし、ご時世的に外出を控えているということもあると思います。
その場合はビデオ面談でお話を聞かせていただくことも可能です。

3:ご来所・ご相談
受付にて予約していただいている旨をお伝え下さい。
また、事前の連絡にて、当日必要な書類についてお伝えいたしますので、ご持参ください。


◆アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京メトロ日比谷線「秋葉原駅」4番出口 徒歩1分
JR線「秋葉原駅」昭和通り口 徒歩3分

当事務所は秋葉原駅より徒歩1分と好アクセスなうえ、下記の警察署が近くにありますので、刑事事件において素早く弁護活動ができます。

○万世橋警察署
○上野警察署
○神田警察署
○中央警察署
○蔵前警察署
○本富士警察署
○神田警察署

このほか、一都六県からのご相談に対応可能ですので、遠方からでもお気軽にお問い合わせください。

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
  • 近隣駐車場あり
  • 子連れ相談可
電話でお問い合わせ
050-7586-5465
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。