ほり だいすけ

堀 大祐弁護士

弁護士法人松本・永野法律事務所 長崎事務所

長崎県長崎市万才町10-3 サンガーデン万才町302号
対応体制
  • 法テラス利用可
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可

全事務所横断のデータベースを駆使。素早い情報共有でスピード決着へ

依頼者満足度94%超ーー。福岡・長崎両県を中心に九州地方に根を張り、60年の長い歴史を誇る松本・永野法律事務所。依頼者が寄せる高い評価が、この事務所の実力を物語っています。
5つある拠点のうち、長崎事務所の所長を務めているのが堀大祐弁護士です。
その道約40年のベテラン弁護士とのコンビで、住民が抱える様々な問題解決に走り回る日々に迫りました。

01 松本・永野法律事務所とは

満足度94%、地域密着の長崎事務所


ーー長崎事務所の所長を務められています。

私たちは福岡に4拠点、長崎に1拠点、計5つの事務所で九州エリアを広域にカバーしています。

1960年の創業から今年で60年、年間の新規相談件数は1300件を超えます(2019年度実績) 。
福岡の事務所では個人案件に加え、顧問弁護士としての活動実績も豊富ですが、ここ長崎事務所に関しては個人の方々の救済が大半を占めます。まさに、地域密着の事務所です。

離婚・男女問題、借金問題、交通事故など、地域のみなさまにとって身近な悩みについてご相談いただくことが多いですね。


ーー地域の方々にずっと支えられてきたのですね。

弁護士は私を含めて2人。もう1人は、弁護士歴が40年近くに及ぶ大ベテランです。長崎一筋、まさに地域のために尽くしてきた人です。
弁護士を始めるまでは検事をしていたので、長崎事務所では刑事事件の依頼も非常に多いのが特徴です。

基本的には長崎の案件は2人で対応しつつ、内容に応じて福岡の各拠点とも連携するようにしています。
例えば、交通事故では整形外科などの医学分野に精通したメンバーがいるので、そうした高い専門性が必要な場合などは他拠点と協力しながら、よりよい解決方法を探していくのです。

ここで、長崎を含む私たちの事務所への信頼を示す数字を1つ紹介させてください。
それは94.2%。依頼者の方々にアンケートを実施したところ、事件の解決・結果に「大変満足」「満足」と回答いただいた割合です(2019年、総数120件)。


ーー満足度が90%を超えているのですね。

高い専門性や交渉力など理由はいろいろあると思いますが、私は各拠点の連携、特に情報共有のスピードも大きいと考えています。

この事務所にはそもそも弁護士歴の長い経験豊富な人たちが多くいるのですが、それに比べるとまだ経験の浅い弁護士も、みっちり力をつけられる環境が整っているのです。

先輩から直接指導やアドバイスを受けることはもちろん、過去の実績をすべての事務所横断で共有できるデータベースシステムがあるので、そこから瞬時に正確な知識や情報を得られるようになっているのです。
ほかにも、私も参加する支店長会議を毎月開催するなど、綿密に情報共有やコミュニケーションを図っています。

こうしたことも、90%を超える依頼者の高い評価につながっているのでしょう。ただ、これで満足してはいけません。
目指すは、依頼者満足度100%です。アンケート結果についてはホームページで一部を公開しているので、気になる方はぜひ覗いてみてください。

02 弁護士としての仕事ぶり

ネットの誹謗中傷、発信者を特定。決め手はスピード


ーーこれまでどんな案件を担当してきたのか、具体的に教えていただけますか?

では、ここ数年で急速に社会問題化しているネットの誹謗中傷について紹介させてください。

依頼者は20代。ネットの掲示板に氏名や職場が特定されかねない、プライバシー情報や名誉権を侵害するような書き込みをされていると相談にいらっしゃいました。そして、書き込みをした人物の特定と損害賠償請求を希望されていたのです。

そこで私がまず行ったのは、発信者情報開示請求です。ここで大事なのは、とにかく迅速に動くこと。IPアドレスなどの発信者情報は、書き込みから時間が経つと削除されることがあるからです。

発信者の特定は、難しいケースや裁判手続きを経なければ開示されない場合もありますが、このケースでは発信者の特定に至ることができました。相談いただいてからすぐに着手したのが奏功したのでしょう。


ーーとにかく素早く動く。これが堀さんの持ち味の1つだと。

ただ、それはあくまでケースバイケースです。事案の内容や状況に応じた柔軟な判断が求められます。

ネットの中傷被害ではスピードがカギを握りますが、同時に私はすべての事案に対して慎重さ、冷静であることも心がけるようにしています。


ーーどういうことでしょうか?

ご相談を受けた際はまず、あらゆる選択肢、可能性を考え、私たちが受任するのがベストな解決策になるのか、当然ですが相談者のことを最優先に慎重に判断するようにしています。

最近も、ある小売店の法人破産を担当したのですが、受任するまでに何度も打ち合わせをして、十分納得していただいたうえで契約した例がありました。毎回数時間の打ち合わせを5回以上、時間はトータル十数時間に及びました。

事務所の経営を考えれば積極的にどんどん受任するのがいいのかもしれませんが、相談者の利益になるかどうか。どんなときも、そのことを決して忘れてはいけません。何度も話し合い、とことん相談を重ね、そのうえで依頼していただけるなら全力を尽くす。これが私が大事にしているスタンスです。

03 今後の事務所、そして私

これからも地域第一、アットホームな事務所として


ーー今後の長崎事務所、そして堀さんご本人はどんな弁護士を目指されるのでしょうか?

長崎は少数精鋭の事務所ですから、1人で幅広い分野をカバーしながら、一つひとつの案件をスピーディーに、かつ丁寧に処理する力が求められます。

「どんなこともやる」「どんな悩みも解決する」。私は弁護士を目指して勉強していた頃から、ずっとこんな理想の弁護士像を思い描いてきました。この事務所は、それを叶えるためにも最適な場所です。

長崎事務所の先輩、他の拠点で働く先輩たちに追いつき、さらに追い越せるように。これからも日々勉強、そして幅広い分野の案件解決を経験し、どんな案件でも最大限期待に応えられるような弁護士になりたいですね。

長崎事務所はこれまでもこれからも、やはり地域第一がモットーです。ここに暮らす方々に、気軽に相談に来ていただけるアットホームな事務所として、地域に根を張ってこれからも活動していきます。
電話でお問い合わせ
050-7586-9237
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。