くさき よしふみ

草木 良文弁護士

小野瀬有法律事務所

麹町駅

東京都千代田区麹町3-1-8 メイゾン麹町203

対応体制

  • 初回面談無料
  • メール相談可
  • ビデオ面談可

注意補足

【メール問い合わせ24時間受付】初回相談無料です。お困りでしたらまずはお問い合わせください。丁寧に真摯に対応いたします。

離婚・男女問題

取扱事例1

  • 離婚すること自体

自分から実家に帰ったのに離婚を拒否する夫に対して、裁判外で離婚を認めさせた

依頼者:40代女性

【相談前】
離婚について話し合っている途中で夫が家を出て実家に行きました。
夫は、自分から出て行ったのに離婚を拒否するばかりか、モラハラがあったと言って慰謝料をもらわないと離婚しないと言っていました。
相談者側にモラハラの心当たりはありませんでしたが、強く言われてしまうと裁判では夫の主張が認められてしまうのかと不安だったとのことです。その後、夫が連絡を無視するようになり、話が進まなくなってしまったので、相談にいらっしゃいました。

【相談後】
①内容証明郵便
内容証明郵便をすぐに送り、夫は弁護士には連絡をするようになりました。
②離婚の説得
調停や裁判になったら夫の方が不利になることを丁寧にし、裁判所に行くまでもなく夫に離婚を認めさせることができました。
③公正証書の作成
離婚の際には、公正証書を作成し、年金の分割などの記載もしました。

【弁護士からのコメント】
離婚の話し合いは当事者同士だと感情的になり、話し合いができなくなることがあります。また、感情的に責められると自分の考えが正しいのか不安になることがあります。
弁護士は、冷静に法律的な見通しをご説明することができるだけでなく、当事者の心情を理解して、無用な不安を取り除くことができます。
「離婚はしたいけど配偶者が怖い」といった場合には十分に弁護士に依頼するメリットはありますので、まずはご相談ください。

取扱事例2

  • 浮気・不倫

不倫相手への①所在調査、②慰謝料請求

依頼者:50代男性

【相談前】
不倫相手のニックネームと電話番号はわかっていたものの、本名や住所などが分からず、話し合いも自信がないということでご相談にいらっしゃいました。

【相談後】
①所在調査
弁護士会を通じて、電話番号から電話会社に相手の契約者情報提供をしてもらい(弁護士会照会)、相手の本名、現住所などを特定しました。

②慰謝料請求
内容証明郵便をすぐに送り、裁判になったら相手の方が不利で、最終的には給料の差押えなどになることを丁寧に説明し、裁判所に行くまでもなく相手に支払いをさせることができました。


【弁護士からのコメント】
不倫相手の情報が一部しかわからないことはよくあります。
「弁護士会照会」では、電話番号、自動車のナンバーなどから相手の現住所などを特定することができます。

弁護士が内容証明郵便を送り、今後の流れを説明するだけで解決することも多くあります。
「お金を返してほしいけど相手と話したくない」といった状態でも、弁護士が相手との対応を全て行いますので安心して話し合いを進められます。
まずはご相談ください。
電話でお問い合わせ
050-7587-2480
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。