こぼり ひでゆき

小堀 秀行弁護士

弁護士法人兼六法律事務所

石川県金沢市小将町3-8
対応体制
  • ◎クレジットカード利用可能

医療問題

医療過誤でお困りの方、お早めにご相談ください。ご相談者様の安心と納得のために、尽力いたします。

小堀 秀行弁護士の医療問題分野での強み

医療過誤事件の流れは以下のとおりです。
【カルテ開示】
カルテを入手するには、カルテ開示という制度がある病院ではカルテのコピーをもらうことができますし、そのような制度がない病院でもカルテのコピーを提供してくれることがあります。
【証拠保全】
しかし、カルテに改ざんのおそれがあるとか、電子カルテの修正履歴も調べたい場合には、証拠保全の申立を行います。これは、裁判官とともに相手の病院に赴いて、カルテやレントゲン写真などを出してもらい、その場でコピーを取るものです。レントゲン写真は専門の業者に依頼して複製したり、最近は電子データおなっていますので、CDに焼いたりして確保します。
【協力医】
その後、コピーしたカルテやレントゲン画像を分析することとなりますが、患者側に立って協力してくれる石がありますから、カルテのコピーを見てもらい、病院側に過失があるかどうかを判断してもらいます。
【損害賠償】
過失があると判断される場合は、損害賠償を請求することができます。治療費、休業損害、慰謝料などの支払を請求することが可能です。
【示談交渉】
弁護士が代理人となって交渉しますが、最近は病院が過失を認めて示談に応ずるケースも増えています。
【訴訟提起】
病院側が示談に応じない場合には、訴訟になります。訴訟の場合は解決まで1年以上かかることがほとんどです。
最初は不審におもったことでも、カルテなどをしらべてもらったところ問題ないことがわかってスッキリする場合もありますので、早めにご相談されることをお勧めします。

私たちは、気軽に何でも相談できる弁護士を目指しています。
皆さんの安心と納得のために、お役に立ちたいと思っていますので、医療過誤について、困られたこと、悩んでおられることがありましたら、お早めにご相談ください。

医療問題分野での相談内容

  • 誤診・診断ミス
  • B型肝炎訴訟
  • 薬物投与ミス
  • 説明義務違反
  • 医療事故の慰謝料
  • 医療事故の示談
  • 手術中の医療事故
  • 検査中の医療事故
  • 出産・産科の医療事故
  • 歯科・歯医者の医療事故
  • 美容整形・整形外科の医療事故
  • 院内事故

どんな事務所ですか?

当事務所「弁護士法人兼六法律事務所」は『法的サービスの提供を通じて社会を幸福にします』を事務所理念としています。
私たちは、気軽になんでも相談できる弁護士、法律事務所を目指しています。
皆さんの安心と納得んために、お役に立ちたいと思っていますので、困られたこと、悩んでおられることがありましたら、早めにご相談ください。

【アクセス】
《バスを利用される方》
金沢駅東口から金沢大学行きのバスに乗り、小将町バス停下車すぐ。

《車を利用される方》
●小松市・加賀市・白山市・能美市から
加賀産業道路から山側環状道路に入り、鈴見交差点を左折、兼六園方向へ

●七尾市、羽咋市、かほく市・輪島市から
のと里山街道 白尾ICを下り、8号線から山側環状道路に入る。
鈴見交差点を右折し、兼六園方向へ。

●富山県・福井県から
北陸自動車道の金沢森本ICを下り、山側環状道路を金沢市内方面へ。
鈴見交差点を右折し、兼六園方向へ。

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • 駐車場あり
電話でお問い合わせ
050-7302-5903
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。