おくだ かずゆき

奥田 和之弁護士

名古屋けやき法律事務所

久屋大通駅

愛知県名古屋市中区丸の内3-6-11 レインボー丸の内901

対応体制

  • 法テラス利用可
  • 分割払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可

相続・遺言

【初回相談無料】弁護士への依頼で納得の解決へと導きます。不動産など、複雑な遺産分割もお任せください【迅速な対応でスピード解決】遺留分侵害額請求には時効があります。お困りの方はすぐにご相談ください【久屋大通駅徒歩4分】

奥田 和之弁護士の相続・遺言分野での強み

◆ 相続にまつわるあらゆる相談に対応
━━━━━━━━━━━━━━━━━
●遺産分割をめぐって兄弟間で揉めている
●不動産の分割方法で揉めている
●揉めないために、遺言書を作成してほしい
●相続人の一人に遺産を使い込まれている可能性がある
●遺留分侵害額請求をしたい

これまでに親が亡くなった後の遺産分割で、兄弟間で揉めてしまったというご相談を数多く受けてきました。
まずは相続人の間で遺産分割協議を行いますが、協議がまとまらなかった場合には、家庭裁判所に調停を申し立て、調停での決着を目指すことになります。調停以外にも不動産が絡む相続や遺留分侵害額請求、遺言書作成などにも豊富な経験がございます。
上記のようなお悩みをお抱えの方は、是非ご相談ください。

◆ 遺産分割調停
━━━━━━━━━━━━━━━━━
遺産分割調停とは、遺産分割協議が成立しない場合に、第三者である裁判所・調停委員の仲介のもとで合意による解決を目指す手続のことです。
第三者の立場である調停委員が互いの主張を聞き、両者が納得できる解決策を提示してもらうことが可能です。遺産分割調停を利用することで相手側と直接話をする必要がなくなるため、そのストレスから解放されることも大きなメリットの一つです。
もっとも、調停委員に対して短時間でご自身の主張を的確に伝えることは難しいと思いますので、弁護士に依頼することをおすすめします。

◇ 遺産分割調停の流れ
━━━━━━━━━━━━
①調停の申し立て
調停申立書と必要書類を準備し、家庭裁判所に提出します。
その後、弁護士に依頼している場合には裁判所と弁護士が日程などを調整した上、裁判所から相手方に通知書が送付されます。

②調停期日
調停は概ね1〜2ヶ月に1回程度のペースで非公開の手続として行われます。
争点が少ない事案であれば3〜5回程度で終了することもありますが、複雑な事案では何年もの時間がかかることもあります。
調停委員との話し合いを交互に行うため、当事者同士が顔を合わせる必要はありません。

③調停の成立
調停での話し合いによって合意に至った場合には、裁判所によって調停調書が作成され、正式に調停が成立することになります。


◆ 自宅に住み続けたい場合でもお任せください
━━━━━━━━━━━━━━━━━
均等に分割することができる預金とは異なり、不動産を平等に分けることは簡単ではありません。そのため、遺産に不動産が含まれている場合には、分割方法をめぐって揉めてしまうことも少なくありません。
そのような場合で、不動産を自宅として使用し続けたいというケースでも、相続人の一人が不動産の所有権を取得する代わりに、他の相続人に相応の現金を支払うといった方法で解決を図ることができます。
また、不動産は築年数や売却時期などの条件によって、大きく評価額が変わってきます。正しく相続財産を算定するためにも、まずは弁護士にご相談ください。


◆ 後で揉めないための遺言書作成をサポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「遺言書に書いてさえいればすべて意思通りにできる」と思われている方も多いのではないでしょうか?
すべての遺産を特定の一人に相続させるといった遺言は、遺留分を侵害している可能性があり、かえって相続人同士の紛争の種となってしまうこともございます。
弁護士と相談しながら遺言書を作成することで、依頼者のご要望を反映しつつ法的に問題のない遺言書を作成することが可能です。また、「公正証書遺言」として残しておくことで、後日相続人間で揉めるリスクを減らすことができます。


◆ 遺留分侵害額請求は時効に注意!
━━━━━━━━━━━━━━━━━
相続人には遺留分として最低限の相続分が保障されているため、不平等な遺言に対しては遺留分侵害額の返還を求めることができます。
この遺留分侵害額請求には1年以内という時効が設けられているため、すぐに弁護士に相談し、早急に手続を進めることが大切です。「そもそも遺留分侵害になるのかわからない」というような場合でも、まずはご相談ください。弁護士に依頼することで複雑な遺留分の計算も代わりに任せることができ、速やかに手続を進めることができます。


◆ 主な取り扱い案件
━━━━━━━━━━━━━━━━━
・遺産分割協議
・遺産分割調停・審判
・相続放棄・限定承認
・遺言書の作成
・遺留分侵害額請求
・遺言無効確認

相続・遺言分野での相談内容

問題・争点の種類

  • 遺言
  • 遺産分割
  • 相続放棄
  • 成年後見(生前の財産管理)
  • 遺留分の請求・放棄
  • 特別寄与料制度
  • 生前贈与の問題
  • 兄弟・親族間トラブル
  • 配偶者居住権
  • 認知症・意思疎通不能

相談・依頼したい内容(全般・その他)

  • 遺留分侵害額請求
  • 後見人
  • 相続人の調査・確定
  • 相続財産の調査・鑑定
  • 故人の銀行口座の凍結・解除
  • 相続や放棄の手続き
  • 家族信託
  • 相続の揉め事の対応・代理交渉
  • 相続税等を考慮した問題解決・アドバイス

相談・依頼したい内容(遺産分割)

  • 協議
  • 調停
  • 遺産分割協議書の作成
  • 遺産分割調停の申立・代理

相談・依頼したい内容(遺言)

  • 遺言の書き直し・やり直し
  • 遺言の真偽鑑定・遺言無効
  • 自筆証書遺言の作成
  • 公正証書遺言の作成
  • 遺言執行者の選任

遺産の種類

  • 不動産・土地の相続
  • 会社の相続・事業承継
  • 借金・負債の相続
  • 株式・売掛金等の債権の相続
  • 著作権・特許権の相続

どんな事務所ですか?

◆ 地元に密着した法律事務所
━━━━━━━━━━━━━━━━━
地下鉄久屋大通駅から徒歩4分の久屋大通沿いのビルにございます。
皆さまにお気軽にお越しいただけるように、アクセスのいい場所を選びました。
事務所名の由来は、久屋大通公園のけやき並木と大学時代の4年間を過ごした杜の都・仙台のけやき並木をイメージして命名しました。
「困ったときに相談すれば、すぐに助けてくれる。」
そんな地元に愛される事務所を目指して、今後も弁護活動に励みたいと思っています。
悩みを抱え誰にも相談できずにいる方は、経験豊富な弁護士にお気軽にご相談ください。


◆ アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━
地下鉄「久屋大通駅」から徒歩4分

〈住所〉
〒460-0002
名古屋市中区丸の内3丁目6番11号 レインボー丸の内 901号

事務所の特徴

  • 近隣駐車場あり
  • 子連れ相談可
電話でお問い合わせ
050-7586-4459
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。