さいとう まさひろ

齋藤 真宏弁護士

ミカン法律事務所

草津駅

滋賀県草津市大路1-8-25 エムビル3階

対応体制

  • カード利用可
  • 分割払い利用可
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • ビデオ面談可

注意補足

*休日・夜間面談は要予約*メールでのご相談は対応しておりませんので、事務所までまずはお電話をお願い致します。

交通事故

【草津駅徒歩2分】損害賠償金の増額や後遺障害の適切な等級認定など、納得できる解決へ。重大事故も対応可能。スピード感のある解決を目指します。【事前の予約で夜間・休日対応可】

齋藤 真宏弁護士の交通事故分野での強み

◆損害賠償金、過失割合、評価損について
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇保険会社から提示された損害賠償金の増額

「保険会社から提示された金額が妥当かわからない」といったご相談を多くいただきます。
保険会社が提示する賠償金の算定基準は、低額であることがほとんどです。
弁護士に交渉を依頼することで、算定基準が変わり、増額できる見込みがあります。
また、保険会社と事故被害者が直接やりとりをする場合、知識不足で不利な和解内容となってしまうこともままあります。
疑問を感じたらまずはご相談ください。


◇相手方保険会社が言う過失割合が絶対ではありません。

交通事故の責任が、加害者側・被害者側どちらにどれくらいあるかを示すのが過失割合です。
相手方保険会社が主張する過失割合が誤っていれば、損害賠償額を増額することも可能です。
適正に過失割合を算定するためには、当時の事故状況を示すドライブレコーダーや監視カメラ、警察の実況見分調書等の証拠を吟味し、過去の判例等を調査・分析する必要があり、また、「法的な相場観」とでもいうべき感覚も重要となりますので、法的知識を有しない一般の方には困難であることが通常です。


◇新車や高級車が事故車になった時、損をしないために

新車や高級車が事故によって損傷した場合に、事故車扱いになることで価値が下がってしまうことを「評価損」と言います。
実際に車を売るまで損失の有無がわからないうえ、基準が決まっておらず、どの程度の金額が補償として認められるかも事故によりさまざまです。
補償を得るためには証拠をしっかりと揃え、交渉に挑むことが不可欠となります。
評価損の見通しや証拠収集、交渉まで幅広くお手伝いいたします。


◆後遺障害に悩まされていませんか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「適切な後遺障害等級を認定してほしい」
「事故以前の状態に戻らず苦しんでいる」
「まだ通院したいのに、治療費が打ち切られた」
など、事故後も長期的に悩まれるケースも少なくありません。
保険会社から治療を打ち切られた場合に自由診療で通院を続けたり、整骨院等に通院したりしますと、自己負担となってしまう場合もあるため、治療を継続するか否かは重要なポイントとなります。
治療継続の可能性や後遺障害等級の有無の見通しについてのご相談はお任せください。


◆実は交通事故の経験あり。依頼者目線で解決へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
私は数年前、同乗していた車の助手席で交通事故に遭いました。
弁護士として交通事故の案件を担当していても、痛みを伴った経験は初めてでした。

恥ずかしながら、弁護士であるにもかかわらず、交通事故対応のセオリーとは異なる対応をしてしまったこともあり、交通事故の辛さというものが身に染みました。

初動対応で適切に対処しないと、
●後遺障害等級がもらえない
●治療費が短期間で打ち切られる
●長期的な後遺障害に悩まされる一方で後遺障害認定を受けられない
といったことにもなりかねません。

身をもって学んだからこそわかる、事故後対応の重要性。
保険会社との交渉や必要な手続なども、自身の体験も活かし、スピーディーに取り組んでまいります。
弁護士が交渉に入ることで、経済的にも、精神的にも負担を軽減し、少しでも不安の解消に繋げられればと思います。

なお、ご加入の自動車保険に「弁護士特約」がついていれば、法律相談や弁護士への依頼の費用等の自己負担額がゼロになることもありますので、ご加入の保険会社に弁護士特約の有無を事前にお問い合わせの上ご連絡ください。


◆解決事例①
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ADRの利用により主婦の休業損害の支払を受けた事例】
カーブした山道において、相手方がセンターラインをはみ出してきたため、正面衝突。
過失割合は当方:相手方=0:10で争いなし。
事故による傷害により、主婦業が大幅に制限されていたが、相手方保険会社は主婦の休業損害を認めようとしなかったため、交渉決裂。弁護士会のあっせんを利用。
ADRでの交渉を重ね、相手方保険会社が主婦の休業損害相当額の一部を支払うとの内容で和解した。


◆解決事例②
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【後遺障害等級11級が認められた事例】
見通しの良い交差点を単車で直進していた依頼者に同じ交差点の反対車線を右折してきた相手方が接触。
依頼者は数か月間入院するなど重傷を負う。
事前認定において後遺障害等級11級が認められるものの、過失割合について争いが生じた。
交渉の結果、過失割合は相手方の主張である3:7→2:8となり、大幅増額となる。

交通事故分野での相談内容

事故の特徴

  • 死亡事故
  • 人身事故
  • 自転車事故
  • バイク事故
  • 自動車事故
  • 単独事故

相談・依頼したい内容

  • 過失割合の交渉
  • 慰謝料請求
  • 損害賠償請求
  • 早期解決に向けた示談
  • 休業損害請求
  • 逸失利益請求
  • 後遺障害認定
  • 後遺障害等級の異議申立
  • 保険会社との交渉
  • 通院頻度・治療費の基準
  • 弁護士費用特約の使い方
  • 業務中事故の使用者責任追求

あなたの特徴

  • 被害者
  • 加害者
  • 子ども
  • 配達員・業務中の従業員

人身被害状況

  • むち打ち被害
  • 骨折被害
  • 後遺症被害

どんな事務所ですか?

大小二つの相談室設けております。どちらも完全個室です。
◆事務所の方針
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「弁護士を、インフラに」

ミカン法律事務所では下記の三箇条を大切にしております。

【1】悩みを解決して、元気になっていただきます。
【2】成長とチャレンジをし続けます。
【3】私たちも元気で居続けます。

常に成長とチャレンジ、所員一同は元気で居続け、依頼者様の悩みを解決できるよう尽力いたします。


◆事務所の対応体制
━━━━━━━━━━━━━━━━━
カード利用可
分割払い利用可
休日・夜間面談は要予約可
ビデオ面談可
完全個室で対応
バリアフリー
子連れ相談可


◆アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇住所
滋賀県草津市大路1-8-25
エムビル3階

◇最寄り駅
琵琶湖線「草津」駅
Lty932正面 徒歩2分

◇駐車場
車でお越しの際は事務所の駐車場か、草津市立草津駅前地下駐車場をご利用下さい。
※地下駐車場を利用するご相談者様には、駐車券をお出ししております。

◇事務所WEBサイト
https://mikanlaw.jp/

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
  • 駐車場あり
  • 近隣駐車場あり
  • 子連れ相談可
電話で面談予約
050-7587-1234
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。