はま ゆうご

濱 悠吾弁護士

北千住いわき法律事務所

北千住駅

東京都足立区千住1-23-12 梅田ビル3階

注力分野

対応体制

  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • メール相談可

交通事故

取扱事例1

  • 損害賠償請求

むち打ち(頸椎捻挫、腰椎捻挫)で事故直後からご依頼いただいたケース

依頼者: 40代 男性

赤信号停車中に後方車両に後ろから追突された交通事故で、事故直後からご相談・ご依頼いただきました。
通院病院のご提案、医師への症状の申告方法と通院ペースへのアドバイス、医師への面談を行い、症状の酷さを担当医に理解してもらうことができました。
症状固定時のタイミング、後遺障害診断書作成の際の検査内容についてもアドバイスを行い、後遺障害12級13号を獲得し、総額1000万円を超える損害賠償を獲得することができました。


【コメント】
頸椎捻挫、腰椎捻挫(いわゆるむち打ち)については、事故時からの治療内容が損害賠償の金額に大きく影響します。
今回のケースでは事故直後からご相談にいらっしゃったので、後遺障害獲得のための効果的な計画を立てることができました。

取扱事例2

  • 後遺障害等級の異議申立

後遺障害で非該当と認定された異議申立により後遺障害を獲得したケース

依頼者: 30代 女性

交通事故により足の痺れが残存していましたが、後遺障害非該当と認定され、80万円の損害賠償を提示されていた状況で、ご相談にいらっしゃいました。
非該当と認定された後遺障害診断書を確認したところ、後遺障害審査で重要視される検査がなされていませんでした。
通院していた担当医と面談をし、事故直後からの症状についての診療録を取寄せ、改めて現在の症状の診断書を作成してもらい異議申立を行いました。
結果、後遺障害14級が認定され、従前提示を受けていた損害賠償額よりも250万円程増額した内容で示談をすることができました。

【コメント】
整形外科の先生は、怪我を治す専門家ですが、残存した症状で後遺障害を獲得する専門家ではないため、どのような検査を行えば後遺障害獲得の可能性が高まるかを必ずしもご存知とは限りません。
後遺障害の結果にご納得がいかない場合は、弁護士にご相談されることをお勧めします。
電話でお問い合わせ
050-7586-8565
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。