えんどう だいすけ

遠藤 大介弁護士

弁護士法人LEON

馬喰町駅

東京都中央区日本橋小伝馬町21-1 THE PORTAL Nihombashi East 7階

対応体制

  • カード利用可
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • メール相談可
  • ビデオ面談可

注意補足

お電話やLINEでのご相談も受け付けております。

被害者と加害者を深く理解し、民事事件から刑事事件まで相談者を力強くサポートします

弁護士法人LEONの遠藤 大介(えんどう だいすけ)弁護士。
学生時代に心理学を学んだ経験を活かして、相談者の不安を解きほぐし、心情に寄り添った法務サポートに取り組んできました。
そんな遠藤先生に、弁護士としての実績や、弁護士を志したきっかけ、悩みをもつ人に伝えたいメッセージなどを伺いました。

01 弁護士としての実績

離婚や刑事事件、インターネットトラブルなどさまざまな案件に対応


――遠藤先生はこれまでどんな案件に対応してきましたか?

弁護士キャリアのなかで、離婚や男女トラブルなどの一般民事から、暴行・傷害、盗撮等の刑事事件まで、さまざまな分野の案件に対応してきました。
また、事務所が注力する分野のひとつであるインターネットトラブルに関するご相談についても、多くお受けしております。


――インターネットトラブルについては具体的にどのようなご相談がありますか?

掲示板やTwitterなどで誹謗中傷や個人情報などを書き込まれてしまったといったトラブルです。
ご相談者のなかには、水商売や風俗店で働く方やユーチューバーの方など、知名度があり、評判が仕事を左右するような、いわゆる人気商売をされている方も少なくありません。


――インターネットトラブルは解決に向けてどのように進めるのでしょうか?

まず、コンテンツプロバイダ(Twitter、5ちゃんねる等)に対して発信者情報開示の仮処分を行い、その後通信会社に対して情報開示訴訟を行います。
これにより、書き込んだ個人を特定したうえで、民事上・刑事上の責任を追及していきます。
発信者情報開示の手続きが遅くなると、IPアドレスの情報が削除されてしまい、発信者の特定が難しくなるため、迅速な対応が必要です。
またプロバイダごとに手続きの流れや窓口が異なるため、LEONのようにインターネットトラブルを多く扱っている事務所でないと、発信者を特定して責任追及できる可能性は低くなってしまうでしょう。
また、当事務所には、書き込まれた被害者だけなく、書き込んでしまった加害者側の方からのご相談も多く寄せられています。
軽い気持ちで書き込んでしまった後で、加害者自身が問題に気づいたり、被害者側の弁護士から問い合わせがあったりしたタイミングでご相談に来られるケースが多いです

02 弁護士としての強み

深い人間理解で最善の解決を目指します


――遠藤先生の弁護士としての強みを教えてください。

私は大学時代に心理学を専攻しており、人間の心の動きや認知機能について学んでいました。
この経験は、弁護士として依頼者様の問題解決を進めるうえでお役に立てられるのではないかと思います。
多くの人が納得できる最善の解決を実現するためには、依頼者様と相手方、双方の立場から心理状態を理解することが大切です。


――依頼者から相談を受けるときに意識していることはありますか?

依頼者様の多くは、初回相談の段階では大きな不安を抱えていたり、極度の緊張を感じていたりします。
特に、刑事事件で被疑者側の弁護を担当する際、接見室のアクリル板越しにお会いする被疑者の方々は、不安や孤独感で意気消沈していることがほとんどです。
依頼者の気持ちに寄り添いながらも、一緒に暗い雰囲気になるのではなく、しっかり前を向いてもらえるように、現状を整理してお伝えしながら、今後の見通しをわかりやすく説明することを心がけています。

03 弁護士を志したきっかけ

被害者救済や加害者の更生サポートまで関わっていきたい


――遠藤先生が弁護士を志したきっかけについて教えていただけますか?

学生の頃から刑事事件や犯罪心理に興味があり、大学では心理学を学んでいました。
そのうちに、被害者の救済や加害者の更生サポートまで深く関わる仕事がしたいと思い、弁護士を志すようになりました。


――仕事のやりがいを感じるのはどんなときですか?

刑事事件であれば、迅速に裁判所に異議申し立てをして被疑者が釈放されたときは手応えを感じます。
それによって事件が終わるわけではありませんが、被疑者にとっては大きな一歩だと思います。
もちろん、刑事・民事問わず、裁判や示談交渉で依頼者様の守るべき利益が認められ、トラブルが解決したときも大きなやりがいを感じます。

04 悩みをもつ人に伝えたいメッセージ

どんなご相談でも、一つひとつ丁寧かつ迅速に対応いたします


――話は外れますが、趣味はありますか?

昔から映画を観るのが大好きです。
特に好きなのはサスペンスやホラーの洋画です。また、海外ドラマもよく観ています。
あとは、最近はバイクにも興味があって、大型二輪の免許を取りました。バイクについても色々と勉強中です。


――ありがとうございました。最後に悩みを抱える方に向けてメッセージをお願いします。

深刻なトラブルを解決するためには、専門家の力が必要不可欠です。
また、小さなトラブルでも、放置しておくと問題が大きくなり、対応策の選択肢が限られてしまうことになります。
私は大小関わらず、どんなご相談でも一つひとつ丁寧かつ迅速に対応し、トラブルを抱えるすべての方のために尽力します。
まずはぜひお気軽にご相談ください。
電話でお問い合わせ
050-7586-6326
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。