もりや じゆう

守谷 自由弁護士

自由西宮法律事務所

西宮北口駅

兵庫県西宮市南昭和町9-10 南昭和町タムラビル101

対応体制

  • カード利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可

注意補足

メール・電話相談には対応しておりませんのでご了承ください。

相続・遺言

取扱事例1

  • 遺産分割

遺産分割において、遺産に預貯金がほとんどなく、不動産が多かった事例

依頼者:50代 男性

遺産分割において、遺産に賃貸物件の不動産が多く、現金・預貯金が不動産の価値と比較して少なかったため、遺産をどのように分割するかについてもめていました。
調停において、それぞれの相続人が不動産の価値を主張したため、不動産の価値が定まらなかったため、調停成立後に、不動産を全て売却し現金に換えて、法定相続分で分割するという調停を成立させました。
不動産売却についてもその他の不動産業者とも連携し、不動産を売却し、現金に換えるところまで全て行いました。
遺産が現金に比較して不動産の方が多い場合、遺産分割が簡単にはいかないことがあります。
しかし、その場合でも、粘り強く他の相続人らと交渉したことによって、最終的に他の相続人らにも納得のいく結論になることがあります。
また、不動産を売却して現金に換える場合には、調停で終了ではなく、遺産分割が完了するまで、任せていただき、円満に解決いたしました。
電話でお問い合わせ
050-7586-8617
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。