こばやし たかゆき

小林 貴行弁護士

弁護士法人リーガルプラス 市川法律事務所

本八幡駅

千葉県市川市八幡2-16-1 はぐちビル4階

対応体制

  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 電話相談可
  • ビデオ面談可

注意補足

【土曜日も20時まで受付】初回相談は無料です(不貞の慰謝料、相続、交通事故・借金・労働・債権回収の場合)。相談するか迷ったら、一度お問い合わせください。丁寧な対応がモットーです。※お電話での法律相談は簡易的な回答のみとなります。

労働・雇用

【JR本八幡駅徒歩1分】【妥協しない未払い残業代請求】成功報酬制で費用倒れすることなく、未払い残業代を取り戻します!【労災による重症事故・後遺症に注力】ご依頼者に寄り添い、会社との交渉・訴訟をサポートします。

小林 貴行弁護士の労働・雇用分野での強み

◆未払い残業代請求の時効は2年です
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「長時間残業をしていたが、すでに退職しており、タイムカードを持っていない」
「毎月かなりの残業をしていたが、管理監督者だから残業代はつかないと言われた」

このような場合でも、未払い残業代を請求できる可能性はあります。
弁護士にご相談いただくことで、証拠や関係資料の収集についてアドバイスさせていただき、未払いになっている残業代を回収することができるか弁護士が丁寧にご説明いたします。
当事務所の弁護士は、会社との交渉において妥協せず、粘り強く交渉し、適正な残業代の回収を目指します。

【残業代請求を弁護士に依頼するメリット】

(1)会社との交渉は弁護士が行います
ご自身が勤務していた会社と残業代について争うことは、会社の上司や経営者と交渉することになり、ご本人が対応すると大きな精神的負担となります。
弁護士に依頼すると、会社との交渉から書類の手続きまで代行しますので、負担や面倒を大きく軽減できます。

(2)適切な未払い残業代を請求できる可能性が高まります
1日で労働時間が8時間を超えた場合や、休日労働の場合は、会社に対して割増賃金を請求できます。
残業代の正確な計算を弁護士にお任せすることで、ご自身がどの程度残業代が発生しているか、具体的な金額を確認することができます。

(3)証拠収集や書面作成も弁護士が対応
証拠がない場合のタイムカードや日報などの情報開示請求や、交渉や労働審判などで手続きを行う際に必要な書面作成は、弁護士が行います。

残業代請求の時効は現状2年となっておりますので、未払いになっている残業代を取り戻したいとお考えの場合は、早めに弁護士へご相談されることをおすすめします。


◆残業代請求は費用倒れなしの成功報酬制
━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1)初回相談無料
未払い残業代請求に関するご相談は無料です。
実際に請求するかわからない場合でも、まずはご相談ください。

(2)着手金無料
残業代請求に関する問題は、基本的に着手金無料でお受けしています。
ご依頼の際に持ち出しの負担がないので、安心してご依頼いただけます。

※証拠保全手続きや労働時間に関する有力な証拠がないまま訴訟に移行する場合、着手金が必要になることもあります。この場合の費用については、事前に弁護士よりご説明いたします。

(3)成功報酬制
当事務所では、未払い残業代を回収できなかった場合、弁護士報酬をいただいておりません。成功報酬は回収した方法と残業代の金額に応じて3種類あります。
解決後のお支払いも、わかりやすい料金体系で安心です。


◆残業代請求の解決事例
━━━━━━━━━━━━━━━━━
依頼者:40代男性/製造業

「残業は会社の指示ではないから残業代は支払わない」という会社の主張に対して違法性を指摘し、和解しました。
証拠はタイムカードで、回収金額は300万円でした。

※詳しく内容は解決事例ページへ


◆労災:労災事故による重症事故や後遺症に注力
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「仕事上の事故で大ケガをしたのに会社がきちんと対応しない」
「ケガが重く、労災保険の給付だけでは今後の生活が不安」
「労災事故で後遺障害を負ったので、しっかり補償を受けたい」

労災事故で大ケガを負い、労災認定されても、労災保険ではすべての補償を受けることはできません。
特に後遺障害等級認定を受けるような大ケガの場合、会社の安全配慮義務に問題がなかったかを精査することで、慰謝料や損害賠償請求できる可能性があります。
弁護士が労災保険でカバーされない慰謝料の算定や、後遺障害を負った場合の収入補償についてご説明し、納得のいく解決にむけて尽力いたします。


◆労災事故発生から解決までの流れ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
<1>事故発生
業務中に事故に遭われたら、まず治療を最優先してください。
事故内容によっては警察による捜査が行われますので、その場合は状況を詳しく正確に伝えるようにしてください。

<2>労災保険給付申請
労災保険の給付を受けるには、労働基準監督署に申請の手続きをする必要があります。
重症事故で大ケガを負ったり後遺症があるにもかかわらず、会社が労災申請に非協力的な場合、まず労働基準監督署へ相談し、今後の見通しも踏まえて早めに弁護士へご相談されることをおすすめします。

<3>会社との交渉
労災支給決定を踏まえて、会社側と賠償金について交渉します。
ただし、会社が提示した示談賠償額が低く、事故の責任を否定するような場合、安全配慮義務違反がないか精査し、訴訟を含めた解決方法を探ります。

<4>裁判手続き
会社側との交渉が不調に終わった場合、民事訴訟もしくは労働審判によって最終的な解決を目指します。


◆労災の解決事例
━━━━━━━━━━━━━━━━━
依頼者:40代/会社役員
『元請会社の工場で作業中、他社従業員の重機の操作ミスによる衝突事故で大ケガを負い、会社に損害賠償を請求、約8,900万円で和解した事例』

他従業員が操作を誤って重機を衝突させたことにより、下肢不全断裂等の傷害を負い、義足となったため、会社に対して損害賠償を請求しました。
後遺障害等級は障害等級5級の3で認定されました。
休業損害、逸失利益、自宅改造費等が争いとなり、裁判によって約8,900万円で和解が成立しました。

※詳しく内容は解決事例ページへ

労働・雇用分野での相談内容

相談・依頼したい内容

  • 未払い残業代請求

あなたの特徴

  • 公務員
  • 派遣社員
  • 正社員・契約社員

どんな事務所ですか?

市川法律事務所は、JR本八幡駅北口より徒歩1分
◆ 事務所からのメッセージ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「リーガルプラス」という法人名には、法律サービスを通じて社会にプラスの価値を提供したい、困っているご依頼者を助け、力になれる存在でありたいという思いを込めています。

「安心の法律サービスで、あなたを守る」
私たちリーガルプラスのメンバーは、この理念のもと、ご依頼者の問題解決のために尽力することをお約束します。


◆ 基本方針
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<1>オーダーメイドの解決方法をご提案
画一的で型にはめたような対応ではなく、ご依頼者の希望や意向を尊重し、法的なアドバイスや活動方針をご提案します。
依頼者様の同意なく、勝手に活動を進めることはいたしません。

<2>丁寧な事前説明
弁護士に依頼するメリット・デメリットについて、解決までの費用などを丁寧にご説明しますので、安心してご依頼いただけます。
当事務所では、相談内容や弁護士の相性を踏まえてご自身で十分にご検討いただいてからご依頼を受けております。

<3>常に法知識をアップデート
所内で定期的に勉強会を行い、多種多様な情報や解決事例を弁護士全員で共有しています。
依頼者様の利益に繋がるよう、分野問わず知識を研鑽しております。


◆ 完全個室で初回相談無料
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当事務所は予約制の完全個室なので、安心してご相談いただけます。
個人のご相談者からの初回相談は基本無料(一部相談は有料)で、解決方法までアドバイスいたします。
将来再びトラブルにならないよう、法律の専門家としてしっかりと対応させていただきます。


◆ 明確な費用体系
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
弁護士費用でご相談者が不安にならないよう、料金表はもとより事前のお見積りで、どの程度費用がかかるのかを明確に提示しています。
もし後から追加費用が発生する場合は、丁寧にご説明いたします。


◆ アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
JR本八幡駅北口より徒歩1分
都営新宿線本八幡駅A1出口より徒歩2分
京成八幡駅出口3より徒歩5分

<住所>
千葉県市川市八幡2-16-1 はぐちビル4階

◯リーガルプラスは千葉・東京・鹿嶋を中心に、7つの事務所(市川、船橋、津田沼、千葉、成田、東京日本橋、鹿嶋市)を構えています。
どの事務所も主要駅の近くであったり、車でアクセスしやすい場所に事務所があります。


◆ご相談の流れ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1]電話・メールでのお問い合わせ
当事務所では、初回相談を一律無料※としております。
相談費用の心配をすることなく、弁護士に相談ができます。
※個人のご相談者様限定とし、離婚については法律相談料として1時間1万3,200円(税込)を申し受けます。

[2]弁護士とのご相談予約
ご相談の内容を確認させていただき、弁護士と直接ご相談を行う日程や場所について調整いたします。
相談日時の設定後、ご都合が悪くなった場合は、事前に法律事務所までご連絡をお願いいたします。
ご都合をお伺いし、改めて相談日時を調整いたします。
ご連絡のないままご相談を無断キャンセルされた場合、今後の法律相談をお受けできないことがありますのでご留意ください。

[3]指定事務所で弁護士と直接ご相談
ご相談の予約をされた日時に、指定の事務所にお越しください。
最初にご相談に関する内容について、申込用紙にご記入いただきます。
その後、弁護士が相談内容の詳細をお伺いしていきます。
ご相談内容や資料を把握の上で、アドバイスや対処方法をお伝えいたします。
また弁護士には守秘義務がありますので、相談内容を外部に漏らすことは決してありません。
安心してお話ください。

[4]ご相談後の契約について
弁護士と直接お話をし、ご依頼する場合は、方針・手続き・費用をお伝えし、契約書をお渡しいたします。
弁護士にご依頼するか、その場での判断がむずかしいと感じる場合、無理にご依頼することはありません。
リーガルプラスでは、相談時の弁護士のアドバイスや、弁護士との相性をご検討いただいた上、ご相談者様が「この弁護士に自分の問題解決の依頼をしたい」と判断されたタイミングでご依頼をお受けしています。

[5]ご契約後
ご契約後は、担当弁護士がご依頼者の意向をふまえ、ご依頼者の方に代わって、調査・交渉・裁判などを進めます。
ご依頼者様ができるだけご納得できる結果を引き出せるよう、万全を尽くします。

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • 近隣駐車場あり
  • 子連れ相談可
電話で面談予約
050-7586-1645
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。