かわはら あきのぶ

河原 彬伸弁護士

湖都経営法律事務所

滋賀県大津市本堅田5-15-2 SOSUビル2階
対応体制
  • 法テラス利用可能
  • 分割払い相談可能
  • 後払い相談可能
  • 夜間相談可能
注意補足

借金・債務整理の初回相談は無料で承ります。

借金・債務整理

取扱事例1

  • 連帯保証人

金融機関から借金について連絡がきた事例

依頼者:20代 男性

【ご相談内容】
借金の連帯保証人になっていた相談者の方に、金融機関から「主債務者(借金をした本人)の返済が滞っている」との連絡がきて、どのように対応すればよいかとのご相談でした。お話しを伺ったところ、金融機関からの連絡が支払いを求めているのではなく、主債務者の状況を聞いているだけと見ることができる事例であったため、まずは相談者の方から主債務者に対して返済を促すようアドバイスさせていただきました。

【結果】
その後、主債務者が金融機関に対して借金の返済を再開したため、相談者の方にはそれ以上の請求や問い合わせは来ませんでした。連帯保証人になっていたことから、金融機関からの問い合わせに驚いてすぐに支払わなければならないのかと焦ってしまったということでしたが、お話を整理し、必要十分な対応をアドバイスさせていただいた事例です。

【コメント】
債務整理や過払い金請求などの事案では、実際に代理人として対応させていただくことで、金融機関からの督促をストップさせたり、自己破産の手続きを裁判所に申し立てたりすることになりますが、そうではないライトなご相談であっても、お話しを伺って整理させていただくことで、より迅速・適切に問題を解決することができます。金融機関からの督促に悩んでいる方や、将来の見通しが立たなくて困っておられるかたはもちろん、ちょっとしたご相談でもお気軽にお問合せいただければと思います。

取扱事例2

  • 自己破産

督促が来たことから自己破産を申立てた事例

依頼者:30代 男性

【ご相談内容】
借金の合計金額は100万円程度で、カード会社から一括での返済を求める督促が届き、返済するために必要な現金や財産もないので、どうしたらいいかわからないということで相談に来られました。

【結果】
ご相談者様は、100万円程度の借金では自己破産はできないと思っておられましたが、収入や財産の状況を考えると自己破産手続きを申し立てた方が良いと判断できる事例であったため、そのようにアドバイスし、自己破産手続の申し立てをご依頼いただきました。

【コメント】
借金の金額がそれほど大きくなくても、自己破産を行うべきケースはあります。また、そこまで至らないケースであっても任意整理によって、借金の金額を圧縮したり、返済期間を引き延ばしたりすることが可能なこともありますので、借金でお困りの際は是非一度ご相談にお越しください。
電話でお問い合わせ
050-7586-6073
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。