おかだ じゅん

岡田 潤弁護士

弁護士法人あしや岡田法律事務所東京事務所

東京都港区赤坂二丁目2‐21 永田町法曹ビル803
対応体制
  • ◎初回相談無料
  • ◎休日相談可能
  • ◎夜間相談可能
  • ◎電話相談可能
注意補足

お電話でのご相談も承っております。

【初回相談無料】【電話相談可】離婚・相続・借金・債権回収・企業法務など、お困りの際はぜひご相談ください。依頼者様の真の解決は何かを考え、全力を尽くします。

どんな弁護士ですか?

弁護士になって早10年以上が経ちました。
時が経っても、以下の4つが私の使命であることに揺らぎはありません。

1.依頼人の利益のために必要な努力を怠らないこと。
2.依頼人に対してわかりやすく丁寧に説明すること。
3.小さな事件でも手を抜かないこと。
4.示談や裁判において安易に妥協しないこと。

これからも初心を忘れず、依頼人にとって真の利益は何か、追及してまいります。お困りの際はぜひご相談ください。

どんな事務所ですか?

◆ 事務所の体制について
━━━━━━━━━━━━
(1)土日祝・夜間も受付
ご予約いただければ、土・日・祝・夜間のご相談も承っております。
ご希望の日時をお伝え下さい。

(2)芦屋オフィスと連携
関東・関西を問わず対応できるよう、芦屋オフィスと密な連携体制を取っております。
詳細は以下をご覧ください。

◆ 芦屋オフィスとの連携について
━━━━━━━━━━━━
当事務所は、東京・赤坂のオフィスのほか、兵庫県芦屋市にも拠点がございます。
東京・芦屋のいずれの案件についても情報を共有しておりますので、「自分は東京近郊に住んでいるが、交渉の相手方が関西にいる」あるいはその逆といった場合にも、芦屋オフィスの弁護士が案件をフォローすることが可能です。
各拠点の弁護士が協業することにより、交渉力が強化されると共に、依頼者様がお支払いになる諸費用(日当及び交通費実費)の削減も期待できます。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
  • 近隣駐車場あり

こんな相談ならお任せください

◆離婚・男女問題
━━━━━━━━━━━━
離婚・男女問題は、法律的な問題のみならず、感情を伴う問題だけに、当事者同士では冷静な話し合いをすることが難しい場合が多々あります。
離婚問題のみならず、夫/妻の不倫相手への慰謝料請求も同様です。
場合によっては「相手の顔も見たくない」という場合もあるかもしれません。
そんな時でもご安心下さい。弁護士にご依頼頂いた場合は、交渉は弁護士が代わって引き受けますので、相手方と顔を合わせるストレスからも解消されます。お一人で悩まず、まずはご相談下さい。

◆ 相続・遺言
━━━━━━━━━━━━
仲の良い家族・親戚同士でも、相続が発生した際、遺産分割で大ゲンカ・・・というのはよくある話です。
相続それ自体については法律により一定の基準が示唆されているのですが、一方でご相談者様の人生は続きますし、ご家族やご親戚の方も同様です。
ご相談者様が相続問題を終えた後、他の相続人の方々とどんな関係性を築きたいか、あるいは関係を築くことよりも目の前の問題解決に注力したいか、ご意向をよく伺った上で最良の解決策を探ります。お気軽にご相談ください。

◆ 借金・債務整理
━━━━━━━━━━━━
気がついたら借金が膨れ上がり、どうしたらよいかわからない。
そんな状況でも、人生をやり直すことはいくらでもできます。まずはご相談ください。
まずは借金を重ねた背景について、詳しくお話をうかがいます。その上で、弁護士の目から問題を整理し、あなたにあった解決策を考えて実行します。お一人で悩まず、まずはご相談ください。

◆ 債権回収
━━━━━━━━━━━━
債権回収の問題に直面した際、「この債権が」回収できない、という話に終始していませんか?
実は、債権回収への近道は、「どういうスキームであれば未払いが起きないか」を考え直すことにあります。単発の案件として認識するのではなく、支払いをめぐる最終スキームを考え直すことで、回収漏れ・未払い債権の発生を防ぐことができます。

例えば、ある会社に商品を卸していて、現在の支払いスキームは、月末締め・翌月末払いになっているとします。
しかし、取引先に信用不安が出てきたとします。その場合、

・今卸しているものの所有権は誰にある?
・所有権の移転時期・地点は?
・月末締め翌月末払いの支払いスキームを変える余地は?
・代理店を介したスキームにできるか?
・そもそもの商流に検討の余地は?
などと言った、根本的な部分を含む事柄を一つ一つ考えることで、債権の未収を防ぎつつ、いざというときに備えることができます。
債権回収にお悩みの方、支払いの観点からビジネスモデル自体を一緒に見直してみませんか。まずはお気軽にご相談ください。

◆企業法務
━━━━━━━━━━━━
これまで、企業規模・業種によらず、様々な企業様の法律顧問・ご相談をお受けしてきました。
特に契約書の作成・チェックについては力を入れています。
当事務所には1部上場企業の法務部で長く契約書審査業務やコンプライアンス,人事労務,M&A等の企業法務に従事してきた弁護士がおりますので、交渉の方針から手厚くサポートをすることが可能です。

電話でお問い合わせ
050-7586-2029
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。