すとう やすひろ

須藤 泰宏弁護士

須藤パートナーズ法律事務所

東池袋駅

東京都豊島区東池袋1-25-3第2はやかわビル3階

対応体制

  • カード利用可
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • メール相談可
  • ビデオ面談可

注意補足

【電話相談可】(初回無料)▼コロナ対策実施中 【オンライン相談対応可能】24時間メール受付中 ※事前予約により、時間外での相談可 電話相談でまずご相談概要を伺わせていただきます。

労働・雇用

取扱事例1

  • 未払い残業代請求

元従業員からの残業代請求を断念させる形で解決した事例

依頼者:顧問先企業様

[相談内容]
元従業員から突然文書が届き,残業代を請求されているとのことでした。
詳しくお話を伺ったところ,残業の事実はないとのことでしたが,会社としても,労働時間管理に至らない点があったため,証拠を提示しての強い反論が難しい状況でした。
会社から委任を受け,会社を代理し事件解決にあたることとなりました。

[解決に向けた取組・解決結果]
途中,元従業員が労働基準監督署に相談したため,労基からの会社への問い合わせも受けました。
会社としては非常に心配されていましたが,会社と協議した上で,労基に対しては,労働時間管理に不十分な点があったことを素直に認めた上で,以後労働時間管理の徹底のための改善策を提示することといたしました。
また,元従業員に対しては,上記の通り,労働時間管理についての会社の落ち度があったため,その点は認めた上で,しかし,事実として残業の事実はなかったため,1つ1つの根拠としては弱い証拠でしたが,複数の証拠を重ね合わせた上で,残業の事実はない旨反論する方向で交渉を行いました。
最終的に,元従業員が請求を断念したため,解決することができました。

[その後]
この元従業員からの請求については,無事に解決することができましたが,会社の労働時間管理に至らない点があったため,将来的に,他の元従業員からも同様の請求を受ける危険がありました。
そこで,会社に対し,労働時間管理の徹底をするようアドバイスをし,
また,会社と協議の上で,会社の給与体系,営業時間の見直し,業務効率化に向けた業務改善なども行いました。
電話でお問い合わせ
050-7586-4174
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。