こんの ゆういちろう

今野 佑一郎弁護士

ユナイテッド・コモンズ法律事務所

北海道札幌市中央区南1条西10丁目4 南大通ビルアネックス
対応体制
  • 法テラス利用可
  • カード利用可
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
  • ビデオ面談可
注意補足

お電話での相談は5〜10分程度の簡単な内容に限らせていただきます。その後、弁護士が必要と判断した場合には来所のご案内をさせていただきますのでご了承ください。

【初回相談無料】【西11丁目駅1分】【電話相談可】離婚・不倫の慰謝料・刑事事件・借金・労務・不動産などの身近な法律トラブル、弁護士に依頼すれば解決できるかもしれません。まずはお話にいらっしゃいませんか?親しみ安い弁護士がご相談をお受けします。

どんな弁護士ですか?

◆ 弁護士に相談することが解決の第一歩です
━━━━━━━━━━━━
離婚や不倫、刑事事件、借金問題、労使トラブル・・・法律トラブルは身近に存在します。
「法律を使えば必ず解決できる」というわけではありません。しかし、少なくとも弁護士に相談することで、その問題が法律的に解決できるのかどうか、答えを知ることができます。
法律問題の解決への一歩は、弁護士に相談することから始まります。信頼関係を大切に、親身になってお話を伺います。まずはお問い合わせください。

◆ ご相談いただきやすい体制を整えています
━━━━━━━━━━━━
(1)電話相談可能
弁護士に依頼すべき案件かどうか判断するためのご相談は、お電話でも承っています。
簡単なヒアリングをさせていただいた上で、弁護士が関与すべき問題かどうか、お話させていただきます。
※お電話での相談は5〜10分程度の簡単な内容に限らせていただきます。弁護士が必要と判断した場合には来所のご案内をさせていただきますのでご了承ください。

(2)土日祝日・夜間も対応できます
お忙しい方のために、ご予定が合う場合は夜間対応、土日祝日の対応もさせて頂いております。まずはお電話ください。

(3)初回相談は無料です(30分)
来所による初回のご相談は30分無料です。
ご相談頂いたからと言って、必ずしも依頼する必要はありません。法律相談のみで解決することもあると思いますので、ご相談いただいた後、実際に依頼するかどうかをご判断ください。

◆ 弁護士略歴
━━━━━━━━━━━━
福島県いわき市出身
北海道大学法学部、同法科大学院卒
山中法律事務所を経て、ユナイテッド・コモンズ法律事務所入所

どんな事務所ですか?

ユナイテッド・コモンズ法律事務所は、札幌市中心部に位置する法律事務所です。
アットホームな雰囲気の事務所にて、身近な法律トラブルに幅広く対応しています。

◆ ユナイテッド・コモンズ法律事務所の3つの柱
━━━━━━━━━━━━
(1)専門性
事務所にはベテランから若手まで複数の弁護士が在籍。それぞれの弁護士が異なる専門性を追求しています。情報交換も積極的に行っており、弁護士同士で知見を共有しつつ、案件のより良い解決に活かせるよう努めています。

(2)ネットワーク
札幌市を拠点に、道内各所、そして本州まで連携するよう、地理的ネットワークを重視しています。
また、弁護士業界だけでなく、大学等の研究機関、他士業とのネットワークも大切にしており、幅広い専門的な知識を集結したワンストップサービスを目指しています。

(3)親しみやすさ
相談者の方に敷居の高さを感じさせないよう、弁護士・事務員が一丸となって、親しみやすい雰囲気作りを意識しています。依頼者の方にリラックスしてお話いただくことで、状況を正確に把握し、最良の解決へと導けるよう尽力します。

◆ アクセス
━━━━━━━━━━━━
最寄り駅:地下鉄東西線 西11丁目駅(徒歩1分)
<電車の場合>
地下鉄東西線西11丁目駅3番出口を出て、国道230号線(石山通り)を南へ約1分。
※吉野家の角を曲がり2軒目のビルです。

<お車の場合>
大通と国道230号線(石山通り)の交差点の南側にある中通り(一方通行ではありません)に面しています。
※駐車場は事務所周辺にある有料駐車場のご利用をお願いいたします。

事務所の特徴

  • 近隣駐車場あり

こんな相談ならお任せください

以下は取扱分野の一例です。
この他にも様々な案件についてご相談をお受けしております。お困りの際は、どうぞご相談ください。

◆ 離婚・男女問題
━━━━━━━━━━━━
離婚を決心すること、離婚までの道のりを歩むことは、それだけでも心身のストレスを伴うものです。
しかし、忘れてはならないことがあります。離婚は、離婚して終わりではありません。離婚後の生活をより良いものにするには、何を重視して条件を決めるべきか。それが大事です。
例えば、離婚後の人間関係について。お子さんがいらっしゃる場合は、お子さんの将来に充分配慮する必要があります。その場合、養育費や親権、面会交流といった項目が重点事項となります。ご近所やご友人との間柄を重視すべき場合は、住む場所をどうするかといったことも焦点となるでしょう。
離婚を一時点の問題と捉えず、その後の生活において経済的に困窮することなく、精神的にもより穏やかに過ごせるようにするためにはどうしたら良いか、弁護士を交えて考えてみませんか。まずはご相談ください。

◆ 刑事事件
━━━━━━━━━━━━
弁護士となって以来、刑事事件についてはかなりの数を扱ってきました。
その経験を元に言えることは、「より良い解決にするためには、周りの協力が不可欠である」ということです。
被疑者が犯罪を犯してしまった過去は変えられません。大切なことは、その過去にどう向き合うか、です。
とはいえ、目をそむけたくなるような過去と真正面から向き合えるほど、人は強くありません。そんなときこそ、家族や友人といった、周りの協力が不可欠です。
周囲の助けを借りることで、更生が見込まれる、という状況は、量刑にも大きく影響します。それだけに、弁護士自ら被疑者の方のご家族等と密に連絡を取り合い、状況をコーディネートすることで、最善の解決を目指します。

◆ 借金・債務整理
━━━━━━━━━━━━
借金をする理由は人さまざまです。
生活苦や病気、リストラ、介護退職など、止むを得ない事情で借金を始めるケースもあれば、ギャンブルや浪費など、いわゆる免責不許可事由にかかる可能性がある理由による場合もあるでしょう。
中には借金を重ねた理由について、人に話しにくい、目をそむけたい、ということもあるでしょう。しかし、より良い未来のためには、過去としっかり向き合う必要があります。
そして弁護士は、そのお手伝いをするという役割もあります。「怒られそうだから相談するのはちょっと・・・」と思わずに、一緒に過去に向き合いましょう。きっと新しい道が拓けるはずです。

◆ 労働・雇用
━━━━━━━━━━━━
「低賃金・長時間労働に耐えかねて退職したが、残業代が払われず、釈然としない」
「退職勧奨を受け、居づらくなってやめたが、本当に良かったのだろうか」
「高圧的な上司の下でうつ病を発症して休職。黙って退職するしかないのか」
何らかの事情で会社をやめたけれども、残業代は支払われず、退職金も満足に受け取れない。そんなときはご相談ください。
労働に対して適切な報酬を受け取ることは、当然のことです。もちろん、法律でもきちんと定められています。
しかし、その権利が軽んじられていることが多いのも事実です。
在職中はもちろん、退職した後であっても、本来支払われるべきであった給与、報酬について請求できる場合も多々あります。報酬についてどうも納得がいかない、という方、是非一度ご相談にいらしてください。

◆ 不動産・住まい
━━━━━━━━━━━━
「借主が家賃を数ヶ月滞納。明渡し請求できないか」
「借主が荷物を置いて失踪、賃料も入らないまま。どうしたらよいか」
「滞納されている家賃の支払いを求めたいが、借主が怖い」
など、不動産オーナー様からのご相談を承っております。
不動産賃貸をめぐる問題は個別性が高く複雑です。契約によっても変わります。
例えば、「家賃の滞納を理由に立ち退きを要求したい」という一件についても、法律的に見て正当化できる場合もあれば、そうでない場合があります。
このように、不動産に関わる問題を解決するためには慎重を期さなければいけません。賃貸不動産をめぐる問題でお困りの不動産オーナー様、大家さん、お困りの場合は一度ご相談にいらして下さい。不動産に関する豊富な経験をもとに、できることは何か、見通しをお示し致します。
電話でお問い合わせ
050-7586-4993
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。