ふくだ しょう

福田 翔弁護士

弁護士法人勝浦総合法律事務所 横浜オフィス

神奈川県横浜市中区不老町1-2-1 中央第6関内ビル7階
対応体制
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 電話相談可
注意補足

お電話では受任の必要があるか判断するため、簡単に概要のみお伺い致します(残業代・不当解雇・債務整理・交通事故分野のみ電話受付)。労働問題は残業代請求、不当解雇、労災のみに注力し、パワハラ・セクハラ、アルバイト等のご相談はお受けしておりません。ご了承ください。

借金・債務整理

取扱事例1

  • 過払い金請求

【過払い回収】過払い金の掘り起こし&回収により,住宅の競売を免れた事例

依頼者:40代 男性

【ご相談内容】
リストラによって給料が減額されたため,地方銀行からの住宅ローン返済が長期間滞り,債権者からは自宅の競売を求められていました。その他にも数社の消費者金融からの借入れがあり,返済に窮していらっしゃる状況でした。

【結果】
過去の借入れについてまでお話を伺った結果,これまでに完済している消費者金融からも過払い金の回収が可能であることが判明しました。住宅ローンについては弁護士から事情を話して競売を保留してもらい,その間に消費者金融からの過払い金回収を進めたところ,6社合計で約1000万円の過払い金を回収することができました。回収した過払い金で,住宅ローンの一括弁済も行い,自宅を守ることができました。

【コメント】
自宅の競売を覚悟し,重い表情でいらっしゃったご依頼者に,過去の埋もれた過払い金も含めて回収すれば自宅を守れる可能性があるとお話したときの安心されたご様子が印象深く残っております。債務整理,過払い回収は弁護士業務としては一般的なものですが,当たり前のことをするだけで,ご依頼者の人生を大きく改善できるやりがいのある業務だと思っております。

取扱事例2

  • 自己破産

【自己破産】学生時代の奨学金等の負担が重く,自己破産で再出発を果たした事例

依頼者:20代 女性

【ご相談内容】
20代の女性でしたが,6社の債権者に,合計250万円ほどの債務を負っていました。一部は浪費と思われる支出もありましたが,主には学生時代の奨学金や進学のための借入れによる負債でした。
ご本人は,当初,任意整理を希望していましたが,引き直し計算をしても債務額が減る見込みがなく,今後の生活を考えると,自己破産で1から再出発した方がよいのではないかとアドバイスしました。

【結果】
資料の取得などもスムーズに行ってくれたため,受任後3か月程度で自己破産の申立てを行い,5か月後にはすべての手続が完了して,再出発を果たすことができました。

【コメント】
任意整理を行うか,自己破産を行うかは難しい判断となるかと思います。ただ,自己破産は,言葉のイメージは恐ろしいですが,借金を抱えた方が経済的に再生するためには非常によい制度です。任意整理,自己破産,民事再生のメリットデメリットを丁寧にお伝えし,ご依頼者にとって最適な手続きを一緒に考えたいと思っております。

取扱事例3

  • 任意整理

【任意整理】引き直し計算と任意整理により,月の返済額が5万円→1万円に

依頼者:40代 男性

【ご相談内容】
事業資金や生活費の借入れのため,消費者金融への借金が合計300万円,月の返済額が5万円まで膨らんでしまっていました。お子さんの高校進学が控え,月々の負担を軽減したいとのご相談でした。

【結果】
消費者金融との取引期間が長く,引き直し計算をしたところ,債務総額が60万円ほどまで軽減することができました。月々の返済額をできるだけ減らすため,5年分割(無利子)での和解することができました。

【コメント】
債務整理により,生活が大幅に改善する場合があります。月々の返済に悩むよりも,一度ご相談にお越しいただき,どういう手続が可能で,どういうメリットデメリットがあるかを知るだけでも,もやもやした悩みが軽くなるかと思います。
電話でお問い合わせ
050-7586-4000
受付中

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。