ふくだ しょう

福田 翔弁護士

弁護士法人勝浦総合法律事務所 横浜オフィス

神奈川県横浜市中区不老町1-2-1 中央第6関内ビル7階
対応体制
  • 分割払い利用可
  • 後払い利用可
  • 初回面談無料
  • 電話相談可
注意補足

お電話では受任の必要があるか判断するため、簡単に概要のみお伺い致します(残業代・不当解雇・債務整理・交通事故分野のみ電話受付)。労働問題は残業代請求、不当解雇、労災のみに注力し、パワハラ・セクハラ、アルバイト等のご相談はお受けしておりません。ご了承ください。

相続・遺言

【相談無料】依頼者様のご意向を充分に汲んだ上で、依頼者様の権利を実現するためにベストな解決策を追求します。遺産分割協議、遺留分減殺請求、遺言書作成など、相続に不安を感じた時はお気軽にご相談ください。

福田 翔弁護士の相続・遺言分野での強み

◆ 感情的な対立をなるべく避け、解決の道を探ります
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
それまで中の良かった親族同士が、相続を機に争いになってしまうということは、珍しくはありません。
いったん争いが始まると、相続人同士の直接交渉では冷静な話合いが難しく、感情的な対立だけが深まる場合があります。そのような場合は、合理的な解決に向けて弁護士にご依頼いただくことをおすすめします。
一方、親族間の争いが生じていない段階で、弁護士が介入すると、無用な心理的対立を引き起こす可能性もあります。そのような場合、弁護士が前面に立たず、状況に応じたアドバイスを行うことで、依頼者様の権利を確保することが可能となります。相続に不安を感じたら、まずはご相談ください。

◆ 遺留分減殺請求を扱っています
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
仮に故人の遺言書で自分の取り分がゼロになるよう書かれていたとしても、非相続人の子や配偶者などには遺産の一部を受け取る権利「遺留分」が定められています。
遺留分の難しいところは、実際の請求額の問題です。
遺産の取り分、つまり遺留分については法律で定められています。しかし、では実際の請求金額は、というのが難しいところです。不動産等の相続財産の価格評価は案外複雑であり、双方の意見が食い違うことが多くあるからです。この場合、まずは裁判所に調停を申し立て、それでも話し合いが進まなければ裁判となります。
当事務所では、遺留分減殺請求における一連の流れをトータルに支援致します。

◆ 遺言書の作成をサポートします
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
自分の没後、家族にもめてほしくない。その場合、公正証書による遺言書の作成をおすすめします。
依頼者様のお気持ちを大切に、手続きをサポートいたします。お気軽にご相談ください。

◆ ご負担の少ない弁護士費用設定です
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ご相談料は無料です。
また、正式に仕事のご依頼をいただかない限り、費用は発生しません。安心してご相談にいらしてください。

◆ このようなお悩みはありませんか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・遺産分割をめぐり家族・親族ともめている
・なるべく感情的なしこりを残さないよう遺産分割を行いたい
・相続財産の中に不動産があり、価格をめぐって折り合いがつかない
・相続人の一部が故人と同居しており、自宅の扱いをどうするか
・相続人の一部が相続財産を使い込んでいた
・自分の没後もめないように遺言書を作成したい
など

◆ 取扱分野
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・遺産分割協議
・遺留分減殺請求
・遺言書作成

相続・遺言分野での相談内容

  • 遺言
  • 遺産分割
  • 相続放棄・限定承認
  • 遺留分侵害額請求
  • 代襲相続
  • 遺留分の放棄
  • 遺産分割協議
  • 遺産分割調停
  • 寄与分
  • 遺言の書き直し・やり直し
  • 遺言の偽造・遺言無効
  • 自筆証書遺言の作成
  • 公正証書遺言の作成
  • 遺言執行者
  • 遺贈
  • 生前贈与
  • 負担付贈与
  • 後見人
  • 保佐人
  • 補助人
  • 不動産・土地の相続
  • 会社の相続・事業承継
  • 債務・消極財産の相続・承継
  • 相続人の調査・確定
  • 相続財産の調査・鑑定
  • 相続順位
  • 相続人
  • 相続分
  • 相続財産
  • 故人の銀行口座の凍結・解除
  • 相続手続き
  • 家族信託
  • 相続税

どんな事務所ですか?

◆ 勝浦総合法律事務所の目指すもの
━━━━━━━━━━━━
勝浦総合法律事務所は、「身近で、頼りになる弁護士」であり続けることを目指しています。
借金問題・労使問題・交通事故をはじめ、身の回りの法的トラブルについて、依頼者様にとってベストな解決策は何なのか、所員一丸となって追求し続けます。

◆ 切磋琢磨しつつ、チームワークを活かします
━━━━━━━━━━━━
勝浦総合法律事務所には、3拠点13名の弁護士が在籍しています。
それぞれの弁護士が多様な案件に携わり、常に新しい知識や知見を獲得するよう努めています。
また、所内の勉強会等を通じて、それぞれの知見を共有し、より依頼者様のお役に立てるよう一丸となって取り組んでいます。

◆ 3拠点にて手厚くサポートします
━━━━━━━━━━━━
当法律事務所は、東京(青山)・大阪(本町)・横浜(関内)の3大都市にオフィスを構えております。いずれのオフィスも駅から1〜4分の駅近に位置し、個人事件から企業法務まで幅広く対応しております。
案件によっては、複数の地域にまたがるものもあります。例えば依頼者様は東京にいらっしゃるが、問題は大阪で発生したものであるといった場合、東京・大阪双方の弁護士が協力して解決に当たります。安心しておまかせください。

◆ アクセス
━━━━━━━━━━━━
東京オフィス 「青山一丁目」駅徒歩4分
大阪オフィス 「本町」駅徒歩2分
横浜オフィス 「関内」駅徒歩1分

事務所の特徴

  • 完全個室で相談
  • 近隣駐車場あり
電話でお問い合わせ
050-7586-4000
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。