すずき しょうた

鈴木 翔太弁護士

弁護士法人鈴木総合法律事務所

東京都渋谷区恵比寿1-8-6 共同ビル4階・5階・7階(受付)
対応体制
  • カード利用可
  • 分割払い利用可
  • 初回面談無料
  • 休日面談可
  • 夜間面談可
  • 電話相談可
注意補足

お電話での法律相談はご相談概要のみを伺うものとしており、具体的な法的助言をしておりません。ご相談をご希望の方はお電話で面談予約をいただいてご来所ください。

借金・債務整理

取扱事例1

  • 任意整理

【50万円→30万円の減額】返済中の借金について、総額と月々の支払額が減った。

ーーーーーーーーーーー
◆ ご相談内容
ーーーーーーーーーーー
依頼者のAさんは、金融業者のY社から借入れを行い、その後返済と借入れを続けてきましたが、当事務所への法律相談の時点でまだ約50万円の債務が残っていて、毎月約2万円を返済していました。

ーーーーーーーーーーー
◆ 解決の方針・結果
ーーーーーーーーーーー
当事務所が任意整理のご依頼をお受けした結果、利息制限法に基づく再計算を行って債務額が約30万円に減り、さらに、将来の利息なしで月額8000円の38回払いとすることができました。

取扱事例2

  • 個人再生

【100万円減額】住宅を維持し、債務額と月々の返済額が減少した。

ーーーーーーーーーーー
◆ ご相談内容
ーーーーーーーーーーー
Bさんは、住宅を新築して住宅ローンを月々返済していたところ、住宅ローン以外に消費者金融などから借り入れた債務の総額が約380万円となり、住宅ローン以外の月々の返済額が約15万円となって、月々の返済が困難な状況になってしまいました。

ーーーーーーーーーーー
◆ 解決の方針・結果
ーーーーーーーーーーー
当事務所が個人再生のご依頼をお受けした結果、住宅ローン以外の債務について、その総額が100万円に減少し、月々の支払額も約3万円に減少しました。

その結果、住宅を残しながら、住宅ローン以外の債務を無理なく返済していけるようになりました。

取扱事例3

  • 自己破産

【職場に影響なく】【1300万円の免除】債務の免除を受け、手元に一定の財産も残せた

ーーーーーーーーーーー
◆ ご相談内容
ーーーーーーーーーーー
Cさんは、生活費にあてるために借入れを行い、また他人の保証をしたことによって、債務額が合計で約1300万円という大きな金額となってしまいました。

Cさんには定職がありましたが、月々の収入ではとても返済できない債務額でした。

ーーーーーーーーーーー
◆ 解決の方針・結果
ーーーーーーーーーーー
当事務所が個人破産のご依頼をお受けした結果、Cさんは、保有していた財産のうち約70万円を配当原資として破産管財人に交付し、その他の現金、預金、軽自動車等の財産合計99万円分を手元に残した上で、残りの債務を全て免除してもらうことができました。

Cさんは仕事にも悪影響がなく、従来の勤務先に勤めたままで、上記のとおり債務のない状態になることができました。
電話でお問い合わせ
050-7586-2818
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。