おかもと まさと

岡本 真人弁護士

弁護士法人泉総合法律事務所成田支店

千葉県成田市花崎町816-2 タムラビル5階
対応体制
  • ◎初回相談無料
  • ◎休日相談可能
  • ◎夜間相談可能

借金・債務整理

取扱事例1

  • 過払い金請求

完済後に過払い金調査をしたところ、400万円以上の過払い金が回収できたケース

依頼者:40代女性

【相談前】
夫の個人事業の運転資金のために、奥様名義で数社から借入れをしたのち、やっとの思いで完済したという専業主婦の方からご相談いただきました。

【相談後】
ご依頼いただいた後、各債権者に受任通知を送り、まずは債権調査票を出してもらい、引き直し計算をした結果、かなりの過払い金があるという事実が判明しました。それから、各債権者へ返還請求をしましたが、簡単には返還に応じてくれませんでした。しかし、その後も粘り強く交渉を重ねた結果、400万円近くの過払い金返還となりました。

【コメント】
相談者の方には「コツコツと頑張って返済を継続してきたことが報われた」と泣きながら喜んでいただけました。
その後、旦那様名義の完済分についても過払い金調査のご相談をいただきました。
この方のように、過払い金の返還を受けられれば、長期に渡って返済してきた苦労が一気に報われます。
長期に渡って返済を続けて来られた方は、是非とも一度、ご相談いただければと思います。

取扱事例2

  • 個人再生

債権調査の結果、あまり減額できなかったが、債権者との交渉により、経過利息と将来利息カットで月々の返済負担を軽減したケース

依頼者:30代男性

【相談前】
借入理由は生活費不足や車検代です。借金総額は100万円ほどでしたが、収入が不安定だったため毎月の支払いを少しでも軽減させたいという要望でご相談いただきました。

【相談後】
ご相談いただいた際、まずは毎月返済してもなかなか元本が減らないのは、その大半が利息に充当されているからだという点をご理解いただきました。借入先や借入期間を考えても、過払い金が見込めず減額できそうもありませんでしたが、任意整理をすれば返済時の利息をカットすることができるため、毎月の返済負担が軽減できることをご説明したところ、「それは助かります」ということで任意整理を進めることになりました。
通常、利息カットに快く応じてくれる債権者はいないため、粘り強く何度も交渉を重ねた結果、経過利息・将来利息ともにカットで和解契約を締結することができました。(経過利息とは:和解契約が締結するまでに発生する利息/将来利息:和解契約締結後、毎月返済をしていく中で発生する利息)

【コメント】
借入期間が短い場合、過払い金が発生しておらず借金が減額できないケースもあります。しかし、毎月の返済時に発生する利息をカットすることができるのは任意整理の大きなメリットです。
ただ、最近では利息カットに応じないという業者も出てきており、任意整理を進めるにあたってデメリットもございますので、当事務所では手続きを進めるかは慎重にご検討されることをお勧めしております。もし手続きを進めるか迷われている方は、是非とも一度ご相談いただければと思います。

取扱事例3

  • 自己破産

夫と別居した後、生活費不足に悩み借金を重ねてしまったケース

依頼者:40代女性

【相談前】
この方は夫との不仲が原因で別居することになり、子供を連れて母子家庭として生活していくことを選択されました。
別居するにあたって、夫から月15万円の生活費を貰う約束でしたが、次第にその金額は徐々に減っていき、別居から数年後には0円となりました。
そのため、深刻な生活費不足となり、食料や生活雑貨を購入する際にクレジットカード払いを頻繁に利用するようになりました。
その結果、借金総額は300万円以上に膨れ上がり、このままでは生活を続けていくことに不安を覚え、当事務所へご相談にいらっしゃいました。

【相談後】
ご相談の際、まずは借金をしてしまったご事情をじっくり時間を掛けて伺いました。その後、お気持ちが落ち着いてから資産や借入状況についても確認していきました。
ヒアリングの結果、母子家庭のため月手取り15万円しか得られないという事情を考えると、今後の支払継続は相当難しいとの判断に至り、ゼロからの再スタートをすべく自己破産手続きを進めることになりました。
その後、裁判所へ自己破産の申立てを行い、無事に免責決定を得て、借金が「0円」となりました

【コメント】
女手一つで子育てをするだけでも大変だと思いますが、多額の借金を背負っていた中、夫からの生活費援助が全く途絶えてしまった時はさぞかし不安で辛いご状況だったと思います。
ご相談いただいた当初は、「自己破産は避けたい。借金を少しでも返したい」というお気持ちが強かったのですが、当時の家計状況では返済を続けていくことが非常に難しいことを説明した上で、少しでも早く生活を軌道修正させるべく自己破産をお勧めしました。
実際、「自己破産をすることにとても負い目を感じる」というご相談者の方は少なくありません。しかし、今後の安定した収入が見込めず、一日でも早く生活を立て直したいという方は、借金解決の手段として自己破産はとても有効な手続きですので、是非とも一度、お気軽に無料相談へお越しいただければと思います。

取扱事例4

  • 自己破産

借金解決のためにFX取引を始めたが運用失敗で借金が増え、更には体調不良による退職で返済の目処がつかなくなった方

依頼者:20代男性

【相談前】
この方は帰省先が遠方であるため、その渡航費を借入れで賄うことが度々ありました。借金額が200万円以上となり、「ここで何とかしないと膨れ上がる一方だ」と不安になり、FX取引をすべく数百万円を借入れました。しかし、残念ながら運用に失敗してしまい、借金を増やしただけでした。
その後、何とか毎月の返済を継続していましたが、体調不良が原因で会社を退職することになってしまい、今後の返済の目処がつかず、困り果てたところ、当事務所へご相談にいらっしゃいました。

【相談後】
ご相談の際、「自己破産をしても、FX取引のせいで免責されないのでは?」と非常に不安そうでした。
しかし、その点は申立書の中できちんと説明していくことで免責を得られることが大半であるという話をしたところ、とても安心されていたのを覚えています。
その後、自己破産手続きをしたことで生じるデメリットを細かく説明し、ご納得いただいた上で、同手続きを進めていきました。
結果的に、管財人が就く少額管財で申立てをして、無事に免責決定が下り、600万円あった借金が「0円」になりました。

【コメント】
免責不許可事由は幾つかありますが、その中でも浪費(例えば投資、ギャンブル、飲食代)が原因で多額の債務を抱えてしまった方は多いです。そういった方の多くは、「自分は果たして免責決定を貰えるのか?」という点を非常に気にされています。
しかし、実際のところ、免責決定が得られるケースは多いです。
ですので、お一人で悩まず、まずはお気軽に無料相談をご利用ください。当事務所では、免責不許可事由があるケースでも無事に免責決定を得られた解決事例が豊富にありますので、的確なアドバイスを差し上げられるかと思います。

取扱事例5

  • 個人再生

取引先の倒産で資金繰りが苦しくなり、住宅を維持したまま多額の借金を個人再生で圧縮したケース

依頼者:40代男性

【相談前】
住宅ローンを組んだ当初、返済は全く問題ありませんでした。しかし、会社を退職して個人事業を始めたところ、しばらくして取引先が倒産したため、一気に資金繰りが苦しくなりました。そのため事業開始時に借入れた多額の借金が重くのしかかり、次第に返済の目処がつかない状態になっていきました。

【相談後】
ご相談にいらっしゃった際、「妻や子供のためにも、何とか自宅だけは残したい」との強いご希望がありました。
そこで収入状況をヒアリングしたところ、任意整理での解決は難しいと判断して住宅資金特別条項付個人再生をお勧めしました。結果的に、1700万円以上あった借金(住宅ローンを除く)が300万円ほどに圧縮され、月額5万円ほどを60回分割、つまり5年間支払い続ければ完済できることになりました。

【コメント】
当初、債権者の不同意廃止のリスクが高かったため、給与所得者等再生を検討しました。しかし、可処分所得が非常に高く今後の返済が心配であったため、相談者の方とじっくり話し合い小規模個人再生で申立てしたところ、無事に認可決定が下り、解決できた事例です。
給与所得者等再生と小規模個人再生では、月々の返済額が全く異なるので注意が必要です。この点にご不安があるようであれば、是非とも当事務所に一度ご相談ください。

電話でお問い合わせ
050-7586-2526
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。