こばやし たけひこ

小林 健彦弁護士

三宅・小林総合法律事務所

福岡県久留米市中央町37-20 久留米中央町ビル(第28上野ビル)5階

相続・遺言

【西鉄・JR久留米駅から徒歩圏内】【出張相談可能/地元密着型】遺産分割/遺留分/遺言書作成のお悩みはお任せください!税理士・司法書士など他士業とも提携して対応。大切なご家族に遺恨を残さないために、弁護士へ早めのご相談を。

小林 健彦弁護士の相続・遺言分野での強み

◆「争族」では無く、円満解決を目指します
━━━━━━━━━━━━━━━━━
相続は「争族」とも言われ、長年の感情的対立から、当事者間の話し合いだけでは合意に至ることが難しい場面が多いです。
会うことすら拒否されたり、連絡がつかなかったり、なかなか話し合いの見通しが立たずに長期化する傾向があります。
私は基本的には、相続人のかたがたと根気よくお話をして、円満に解決できるように心がけています。
また、弁護士として冷静な視点で法律的な問題を整理し、「やはり納得できない」「実は他にも相続人がいる」などの事後のトラブルが起こることも防ぎます。
すべて私が代理で対応いたしますので、依頼者さまは精神的な負担や労力を軽減することができます。

終わらない事件はありません。
今一人で悩まれている方も、ぜひ早めに弁護士にご相談ください。


◆【解決事例】自宅含む全ての財産を相続できた
━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご両親が亡くなられた後に、一緒に住んでいた実家とその補修費として数百万円の預金を全て取得したいという希望が通った事例です。
弁護士が遠方の方々に連絡をとり、事情を説明し、一切の相続財産を依頼者が取得することに納得して頂きました。
また、事前に司法書士の先生とも打ち合わせをし、遺産分割協議書が完成した後は速やかに不動産登記を変更しました。
遺産分割については仲が比較的良好な親族関係でも、遠慮し手続がわからないということが理由で、いつまでも先送りにするということがよくあります。
弁護士に依頼すれば、具体的な手続や手順がわかりますし、直接は言いにくいことでも伝えやすくなると思います。


◆【解決事例】多数の相続人の遺産分割調停を成立
━━━━━━━━━━━━━━━━━
親族関係が非常に複雑で、通帳など遺産の情報を独占していた相続人は、開示も拒否しており、話し合いができる状況ではありませんでした。
私が依頼を受けて調査し、遺産分割調停を申し立てることにしました。
結果的に、当初判明していたもの以上の遺産は発見できませんでしたが、依頼者様に協力的な相続人全員から依頼を受け、遺産分割調停を速やかに成立させることができました。


◆ 遺留分を取り戻したい方はお急ぎください!
━━━━━━━━━━━━━━━━━
遺留分というのは、ご家族の方が最低限相続できる権利です。
「遺言書には私に相続させる事項が全く書かれていない」
「すべて愛人に相続させる」
など法的に不当な遺言書が出てきた場合には、遺留分の権利を主張することが出来ます。
遺留分侵害額請求の期限は、遺留分の侵害を知ってから原則1年間です。
弁護士にご相談いただくことで、まずは遺留分がどれくらいあるかをお調べすることが可能です。
また、適切な遺留分の割合を主張しやすくなります。
ぜひお早めにご連絡ください。


◆大切なご家族が争わないための遺言書作成
━━━━━━━━━━━━━━━━━
どのように遺産分割をするかというのは、法律で明確に決まっているわけではありません、
したがって、相続人同士で感情的になってしまうと落とし所がつけにくいのです。
すでに住んでいる人がいる家をどうするか、住宅ローンはどうするのかなど、複雑な遺産分割というのは身近な問題です。
事前に弁護士に相談することで、効力のある遺言書を作成し、争いを防ぐことができます。
大切なご家族が争わなくて済むように、お元気なうちにしっかりとした遺言書を作成して円満な相続を実現しませんか。
ぜひ一度ご相談ください。


◆相続放棄は弁護士にお任せください
━━━━━━━━━━━━━━━━━
相続には借金などのマイナスの財産もあります。
その場合には相続放棄の手続きをすれば負担を免れることができますが、注意点もあります。

◇手続きの期限は3ヶ月
限られた期間内に必要書類を揃え、裁判所に申述する必要があります。

◇一度放棄したら原則撤回不可
撤回を認めてしまうとその都度相続人の間で仕切り直さなくてはいけないため、原則撤回は不可です。

◇相続人同士のトラブルのもとに
他の相続人にマイナスの財産を背負わせることになりますので、残された相続人の間でよくコミュニケーションをしておくことが大切です。

弁護士に相談することで、相続放棄すべきかどうか、どのように手続きを進めれば良いかのアドバイスを得ることができます。
また、煩雑な手続きを弁護士が代理しますので、依頼者さまの負担を減らすことができます。


◆ 特に力を入れている案件
━━━━━━━━━━━━
・遺産分割協議・調停
・遺言書作成
・遺留分侵害額請求

◇ よくあるご相談例
「遺産分割の話し合いに応じてもらえない」
「他の相続人が親の財産を取り込んでいる」
「遺産がどれくらいあるのか把握出来ていない」
「遺言で本来あるはずの相続分が削られたので取り返したい」
「自身が死んだあとに家族親族間で争いになってはいけないので遺言を作成したい」

相続・遺言分野での相談内容

問題・争点の種類

  • 遺言
  • 遺産分割
  • 相続放棄
  • 成年後見(生前の財産管理)
  • 遺留分の請求・放棄
  • 特別寄与料制度
  • 生前贈与の問題
  • 兄弟・親族間トラブル
  • 配偶者居住権
  • 認知症・意思疎通不能

相談・依頼したい内容(全般・その他)

  • 遺留分侵害額請求
  • 後見人
  • 相続人の調査・確定
  • 相続財産の調査・鑑定
  • 故人の銀行口座の凍結・解除
  • 相続や放棄の手続き
  • 家族信託
  • 相続の揉め事の対応・代理交渉
  • 相続税等を考慮した問題解決・アドバイス

相談・依頼したい内容(遺産分割)

  • 協議
  • 調停
  • 遺産分割協議書の作成
  • 遺産分割調停の申立・代理

相談・依頼したい内容(遺言)

  • 遺言の書き直し・やり直し
  • 遺言の真偽鑑定・遺言無効
  • 自筆証書遺言の作成
  • 公正証書遺言の作成
  • 遺言執行者の選任

遺産の種類

  • 不動産・土地の相続
  • 会社の相続・事業承継
  • 借金・負債の相続
  • 株式・売掛金等の債権の相続
  • 著作権・特許権の相続

どんな事務所ですか?

◆地域密着型の敷居の低い事務所です
━━━━━━━━━━
地元・久留米の皆さんにとって身近に感じていただける、敷居の低い弁護士事務所を目指しして日々業務に取り組んでいます。
日々のお困りごと、法的トラブルに対して総合的なサポートができる体制を整えておりますので、お気軽にご相談ください。
難しい専門用語は使わず、分かりやすく説明することを徹底しております。


◆どんなご相談にも幅広く対応
━━━━━━━━━━
基本的にはどの分野の問題も、取り扱うことができます。
交渉ごとや訴訟案件についても、多数解決してきました。
地域の皆さんの悩みごとを、スピーディーに解決できるよう二人の弁護士で活動中です。
法的トラブルは、時間経過とともに状況がどんどん悪化していきます。
個人・法人に関わらず、どんな些細なお悩みにも耳を傾けて参りますので、お早めにご相談いただけたらと思います。


◆ アクセス
━━━━━━━━━━━━
西鉄久留米駅から西鉄バス:本町バス停から徒歩2分
JR久留米駅から徒歩12分

〒830-0023
福岡県久留米市中央町37-20 久留米中央町ビル(第28上野ビル) 5階

事務所の特徴

  • 駐車場あり
  • 近隣駐車場あり
電話でお問い合わせ
050-7586-4293
時間外

※お電話の際は「ココナラ法律相談を見た」とお伝えいただくとスムーズです。