企業法務

企業法務においては、特定の弁護士あるいは法律事務所に顧問として継続的にサポートを依頼する方法もあります。またそれ以外に、会社が倒産した場合、買収をしたい場合、あるいは買収などに付随する交渉・渉外など、自社の知的財産の適切な保護など弁護士によるサポートでビジネスを円滑に進められる場合があります。フリーランスや個人事業主であってもビジネスには契約など法的知識が必要となるケースがあり、弁護士に適切なタイミングで依頼することで、ビジネス上のリスクを防ぐことができる場合もあります。

企業法務の相談例

企業法務の相談を投稿する際には、以下のポイントを明記すると、弁護士が回答しやすくなります。

  • 関係者とその概要
  • いつ、どこで、誰が何をしたか
  • 現在の状況
  • 今後どうしていきたいか

相談例

  • Avatar woman 4b47954549 女性

    兄が経営する工場の倒産について

    兄が両親から継いだ工場を経営しています。2年ほど前から赤字の状況が続いており、借入金の返済にも苦しんでいるようで、援助の依頼がありました。ただ援助をしても今後黒字化できる見込みがあるかというと正直厳しいと感じており、工場を畳んだほうがよいのではないかと思っています。兄は両親から継いだ自宅があるのですが、工場を倒産させる場合、自宅も手放さなければならくなってしまうのでしょうか?

  • Avatar man a661401af0 男性

    新規サービスの利用規約作成について

    新たにスマートフォンアプリで提供するサービスの立ち上げを予定しています。提供予定のサービスではアプリ内課金を利用してアプリ内で使用できるアイテムを販売することを考えており、利用規約を用意したいと考えています。サービス提供時にトラブルになりそうな点を考慮して未然に防げる利用規約を作りたいと考えているのですが、利用規約作成を依頼するのは弁護士がよいのでしょうか?行政書士さんがよいのでしょうか?

  • Avatar woman 4b47954549 女性

    自分のイラストが勝手に商用サイトで利用されているのを発見した

    イラスト投稿サイトに投稿した自分のイラストがオンラインショッピングサービスの商品紹介のページで利用されているのを発見しました。利用をやめてもらいたいと考えているのですが、勝手に利用したことに対しての慰謝料あるいはこれまで利用していたことに対する利用料を請求することはできますか?こういった場合には弁護士さんに依頼したほうがいいのでしょうか?

企業法務に関する事例紹介

企業法務に注力する弁護士