医療過誤

医療過誤あるいは医療ミスの被害に遭ったと考えられる場合、どのような法的手段をとることができるかなど、医療過誤に注力している弁護士に相談することが望ましいと考えられます。医療過誤に関連する民事訴訟においての患者側の勝率は2割程度と言われており、これは訴訟前和解(示談)となる場合も多いためと言われています。一方で、医療過誤に関する訴訟においては、高い専門性が求められることから過失の立証が難しいといった問題もあります。

医療過誤の相談例

医療過誤の相談を投稿する際には、以下のポイントを明記すると、弁護士が回答しやすくなります。

  • 関係者とその概要
  • いつ、どこで、誰が何をしたか
  • 現在の状況
  • 今後どうしていきたいか

相談例

  • Avatar woman 4b47954549 女性

    腰の手術後、症状悪化。医療ミスが疑われるがどのように対応したらいいのか?

    腰の持病があり、整形外科病院で手術を受けました。しかし、手術後、これまでとは違った痛みが腰に出るようになり、今では杖がないと歩行も辛い状況です。同病院では先日同様の腰の手術で手術ミスがあったとの報道があり、自分も手術ミスがあったのではないかと思っています。どのように医療ミスの有無について調査すればいいのでしょうか?

医療過誤に関する事例紹介

医療過誤に注力する弁護士