刑事事件に強い弁護士

刑事事件を起こしてしまった、あるいは何かの間違いで逮捕されてしまった、家族が急に逮捕されてしまった、など刑事事件では突然弁護士が必要になるケースが出てきます。勾留されてしまった場合、弁護士を依頼することで、今後の手続きに準備をもって対応できるといった点や、必要な着替えなどを弁護士に持ってきてもらうことなどもできます。被疑者になってしまった場合には、私選または国選で弁護人をつけることになります。犯罪の内容によっては弁護活動により刑罰に差が出てくる場合もあり、保釈についても弁護士をつけることで、資料を提出するといった手をうち、勾留の必要性がないといったアピールをすることもできます。

228人の弁護士が見つかりました

1~10人を表示