交通事故

交通事故分野では自動車による事故だけでなく、昨今では自転車による衝突事故なども増えており、身近に起こりうる問題となっています。交通事故の被害者になってしまった場合、軽微な事故で、後遺症などものなく、相手とのコミュニケーションも円滑であればご自身での解決も可能です。一方、重大事故でご自身も自由に動けない状況であったり、後遺症を患ってしまったり、事実関係の争いが発生した場合など、証拠集めが必要になったり、保険会社とのやりとり、加害者との交渉など、弁護士に相談することでご自身の負担を減らしたり、損害賠償や慰謝料など実際に争った場合にどのような見込みが考えられるかなどを明らかにすることができます。

交通事故の相談例

交通事故の相談を投稿する際には、以下のポイントを明記すると、弁護士が回答しやすくなります。

  • 関係者とその概要
  • いつ、どこで、誰が何をしたか
  • 現在の状況
  • 今後どうしていきたいか

相談例

  • Avatar man a661401af0 男性

    自転車と自動車の事故の過失割合について

    当方が自転車で走行していたところ、十字路で右方向から来た自動車が一旦停止を守らずに直進し、ぶつけられました。しかし、自動車の運転手が「一旦停止はした」と主張しています。自動車の運転手の主張が認められた場合、私にも過失があると見なされるのでしょうか?

  • Avatar woman 4b47954549 女性

    物損事故における弁護士特約の利用について

    自動車同士で、出会い頭の衝突事故を起こしてしまいました。不幸中の幸いで双方怪我はなく、物損事故でした。過失割合は私のほうが1(相手が9)とのことなのですが、乗用車を運転していた方が任意保険に加入しておらず、修理費の支払いをお願いしても支払ってくれる気配がありません。当方の保険契約で弁護士特約があり、弁護士を依頼したほうがいいと言われたのですが、本当にそのほうがいいのでしょうか?

  • Avatar man a661401af0 男性

    任意保険未加入で事故を起こしてしまった場合の今後の対応

    任意保険未加入で事故を起こしてしまいました。携帯電話を操作していたところ、前方不注意になり、前の車に追突してしまいました。前の車は運転手と同乗者の方がおり、同乗者の方が背中の痛みを訴えて病院に行きました。警察には連絡しています。慰謝料や治療費など今後の対応はどのように進めたらよいのでしょうか?

交通事故に関する事例紹介

交通事故に注力する弁護士