相続・遺言に強い弁護士

家族・親戚関係に突如ふりかかる問題として相続に関するトラブルがあります。いざご親族が他界されてから、問題が表面化することも多く、問題が表面化するまでのさまざまな感情なども相まって、遺産分割といった側面だけでなく、感情的な問題が解決を阻むことも多くあるようです。また相続される財産は、お金といった分割可能なものだけでなく、不動産など、すでにその場に住み生活をしている親族がいるケースなど、当事者の生活がおびやかされる場合もあります。こうしたことから問題解決のために弁護士が必要となります。こうしたケースでは緊急度が高くなり、明日にでも弁護士が必要といった状況の場合も出てきます。高齢化社会が進む中、自身の親が元気なうちから、介護などの問題と合わせて、相続という問題まで見通しておくことができると、あとあとに残される子供、孫たちの家族間での信頼関係を守り、よりよい未来を実現できるのではないでしょうか。不動産などについてはあらかじめ合意形成をしておくことも重要になってきます。こうした場合も弁護士を依頼することで、スムーズに遺言書の作成などの準備を整えることができます。

347人の弁護士が見つかりました

1~10人を表示