相続・遺言

相続問題というものは、親族がお亡くなりになり、問題が表面化してから弁護士に相談されるケースが多く、緊急度が高くなりやすい相談です。現状は特に問題はないという場合であっても、土地などの不動産資産などを保有している場合など相続に関しての懸念があるのであれば、いざというときのために遺言書の作成などを検討してみる、といったことも考えられます。また借金などの相続については放棄といった手続も考えられます。また相続人が複数いる場合の遺産を分割するまでのプロセスについてのアドバイスであったり、オプションの提示、税金の対応など、弁護士だからこそ、相談者にとって、最大の利益になるよう適切なアドバイスをすることができます。いざ問題が起こってからというときにも、備えとしてしての相談でもココナラ法律相談であれば、相続問題に精通した弁護士から無料で回答をもらうことができます。信頼・安心して相談できる弁護士選びの第一歩としてご利用いただけます。

相続・遺言の相談例

相続・遺言の相談を投稿する際には、以下のポイントを明記すると、弁護士が回答しやすくなります。

  • 関係者とその概要
  • いつ、どこで、誰が何をしたか
  • 現在の状況
  • 今後どうしていきたいか

相談例

  • Avatar woman 4b47954549 女性

    母の面倒をまったく見ていない兄弟との間での遺産分割について

    母が亡くなりました。父はすでに他界しており、実家の家は母の名義になっています。相続財産としては、この家と母の預貯金になります。私は母と同居しこれまで10年ほどの間介護をしてきました。弟が二人いますが、東京に住んでおり、介護はまったく手伝っていませんし、金銭的な支援もありませんでした。弟たちは実家を売り、預貯金含めて均等に分割するつもりのようですが、私は実家に住んでおり、売りたくありませんし、均等分割も納得できません。どのように遺産分割を進めたら良いのでしょうか?

  • Avatar man a661401af0 男性

    父の財産と借金の相続について

    母はすでに他界しており、父が先日亡くなりました。父の財産として、実家の家と土地、畑の土地がありますが、借金もあります。借金は相続放棄して、土地などの財産だけを相続することはできますか?

  • Avatar woman 4b47954549 女性

    複数の遺言書がある場合の有効性について

    父が亡くなりました。兄が遺言書を預かっていたのですが、初七日の際に、父の遺品の整理をしていたら、もう1通遺言書が出てきました。兄の持っている遺言書のほうが日付が新しく、内容も兄に有利な内容が書かれているのですが、2通の遺言書で筆跡なども異なり、本当に父が書いたものなのかという疑問も残ります。私が見つけた遺言書のほうが正式なものであると主張するにはどうしたらよいのでしょうか?

相続・遺言に関する事例紹介

相続・遺言に注力する弁護士