和解書の内容が守られていない場合どうしたらいいですか??

今年ある法人と和解書を書きました。
その和解書には毎月末日に一定額返金すると書かれていますがその返金はまだ一度しかされていません。
二度目の返金が遅れたさいにメールしたところ
私のように返金しなければならない人が多く
資金調達ができてないと伝えられました。
一応今月の半ばに二度目の返金はできると
言われました。
もしこのままこの法人が倒産などしてしまったら
返金は全くされないのでしょうか??
何のための和解書だったのでしょうか??

つたない文章で申し訳ありませんが
ご解答よろしくお願い致します。

和解後の不履行は、実際、よくあります。
裁判所で和解すると、遅滞したときには、強制執行が
できるのですが、任意で作成した時は、改めて、訴訟を
しなければなりません。
相手が倒産した時は、回収できないこともよくあります。
油断できない状況かもしれません。

和解書は,裁判上で作成されたもの,あるいは公証役場で公正証書として作成されたものではないですか?
上記のいずれかであれば,強制的に相手方の財産を差し押さえる等して,金銭回収することができます。
しかし,それ以外の方法で作成した和解書であれば,強制的な手段はとれません。
もっとも,相手方が倒産してしまうと回収することができないという点は
原則裁判をしても公正証書を作成しても同じです。

倒産の事態は回避できませんが,それ以外の場合には,強制的に金銭回収をすることができるようにするため,裁判あるいは公正証書で和解契約を結んでおくことをおすすめいたします。

和解書は裁判所等を通しておりません。
今から訴訟の準備をした方がいいでしょうか?
それとも公正証書で和解契約を結ぶ
ということをした方がいいのでしょうか?

何個も質問してしまって申し訳ありません。
ご解答よろしくお願い致します。

うらがわ様

強制的に財産を差し押さえることができるという点では,裁判でも公正証書でも同様です。
相手方と任意にお話合いをすることが可能な状態であれば,裁判をせずとも(時間がかかってしまうためです),お話合いのうえで,その合意内容を公正証書にしておくことをおすすめいたします。

任意に話すというのは私とその法人の代表者との話し合いということでしょうか??
断られてしまうかもしれません……

合意内容を公正証書にする、というのは
弁護士の方に依頼するのでしょうか??

お話し合いが難しいときには裁判をするしかありません。
公正証書自体は弁護士がいなくても作成することが可能ですが
合意内容に抜け穴がないように細心の注意を払うという側面からみれば
弁護士等専門家にご相談なさることをおすすめいたします。

裁判になってしまうかも
しれないのですね……。

もし公正証書作成を専門家の方にお任せして、
あちらから断られて裁判になってしまった
場合はどれくらい費用がかかっしまうもの
なのでしょうか?
ピンきりなのは承知なのですが
家計が苦しいのでおおよその金額を
教えてくださると助かります。
よろしくお願いします

裁判になる際の弁護士費用ということであれば、弁護士によってまちまちなので
なんともいえません。
一度無料相談等をご利用になって弁護士に確認してみた方がいいと思います。
なお、裁判をする際に裁判所におさめる印紙代は請求する金額によってかわってきます。
「訴状 印紙代」等で検索をすれば、算定表が出てくると思いますので
ご確認いただければと思います。

わかりました。
とりあえず色々調べて相談してみます!
ありがとうございました