孫養子と遺言状作成により孫が相続すると、相続税の違いがありますか?

父の相続に関してご相談します。
父はアパート経営者です。孫に相続させたく、孫を養子にするつもりです。
養子にしても相続税は2割増しなので、このまま養子縁組結ばず、遺言状作成して相続すると相続税の違いはございますか?相続は子供2人、孫1人です。

相続人としてご記載いただいていう「子供2人」のうち,お一人がお孫さんの親に当たる方のでしょうか。
それとも,相続人が「子供2人,孫1人」という表現どおりで,そのお孫さんは代襲相続として相続人の一人になっていらっしゃるのでしょうか(今回でいうお父様のお子さん,お孫さんの親に当たるかたが既にお亡くなりになっている等)。
そうすると代襲相続の場合には,2割加算の対象になりませんが,養子にすると2割加算の対象になります。
仮に代襲相続として相続人になっていない場合,遺言状でアパートを相続するならば,2割加算の対象になります。

少々わかりにくいですが,
要するに,法定相続人にお孫さんが入っていれば(代襲相続の場合),2割加算はされませんが
入っていなければ,養子であっても遺言状であっても2割加算の対象にはなります。

ありがとうございました
相続人は私、姉の子供2人と、私の息子の3人なんですが、私の息子を父の養子にしておくのと、遺言状作成して孫が相続するのも相続税は変わらないのでしたら、孫を養子にする必要は無いでしょうか?むしろ、戸籍が変わりデメリットの方が多いでしょうか?

相続税だけのことを考えると養子縁組をする必要はないと思います。
メリットデメリットは主観的なお話なので,なんとも申し上げにくいのですが養子において,戸籍が変わることをデメリットとするならば,おっしゃるとおりです。